おしゃれな玄関って何?一戸建て住宅におすすめの玄関の作り方を紹介!

家の中に入って最初に見るのが玄関であるため、「玄関は住宅の顔」と言われることがあります。

「玄関なんてどこの家でも変わらない」このような考えを持っている方もいるかも知れませんが、ひと手間加えるだけで個性溢れた玄関に見せることができるのです。

今回は一戸建て住宅を持つ方に向けて、おしゃれな玄関の作り方から玄関を広く見せるテクニックまで詳しく紹介します。

この記事を最後まで読めば、個性あふれる居心地のいい玄関を作ることができるようになるはずです。

 

目次

おしゃれな玄関とは?
おしゃれな玄関を作る部分
おしゃれな玄関に見せるテクニック
おしゃれな玄関を作る手順
まとめ
「住む人にとって最高の家を」注文住宅はブルーハウスにお任せください

 

 おしゃれな玄関とは?

どのような玄関がおしゃれと言われるのでしょうか?

人それぞれ感じ方は違うため明確な定義はありませんが、整理整頓がきちんされていて、なおかつ開放感があって居心地がいい玄関は、おしゃれな玄関と言えます。

そしておしゃれな玄関は、誰から見ても気持ちがよく真似したくなります。

カタログなどに載っている玄関を真似するのも1つの方法ですが、自分の個性を出しつつ玄関を作ることが大切です。

 

おしゃれな玄関を作る部分

おしゃれな玄関を作るときの重要な部分は以下の4つになります。

これから一戸建て住宅を建てるのであれば、玄関に窓を設置することをおすすめします。なぜなら玄関は臭いや湿気がこもりやすい場所であるため、窓を設置することで空気の入れ替えができるからです。また窓から太陽の光が入ることで、開放的な空間になり、玄関を広く見せるることができます。

このように玄関に1つ窓があるだけで、機能性やデザイン性がワンランクアップします。可能であれば玄関に窓を設置するようにしましょう。

照明

玄関にデザイン性の高い照明器具を1つ設置するだけで、玄関の雰囲気がガラリと変わります。また天井から照らす照明だけでなく、足元の間接照明なども加えると、おしゃれな雰囲気を演出することができます。

LED照明であれば、自分好みの明るさや色合いに調整できるため、季節や気分によって玄関の雰囲気を変えるのも良いでしょう。

ドア

ドアは玄関の中でも1番最初に目に入る部分です。壁の色合いや全体のバランスを考えながら、ドアのデザインを考えましょう。またドアノブ部分までデザイン性にこだわることで、外から見てもおしゃれな玄関に見せることができます。

そしてドアはデザイン性だけでなく、機能性にもこだわる必要があります。高齢者の住む家であればスライド式のドア、寒い地域であれば気密性の高いドアといったように、自分の住む環境にあった機能性を取り入れてください。当たり前ですが、ドアの防犯対策も忘れないようにしましょう。

玄関は家族以外にも、友人や宅配業者などさまざまな人が訪れます。そのため玄関の壁は派手な色ではなく、落ち着いた色を使うのがおすすめです。また狭い玄関であれば、膨張効果のある白色を取り入れた壁にすることで、玄関を広く見せることができます。さらにアクセントウォールといったようなひと工夫を取り入れると、適度に個性を出すことが可能です。

そして最近は壁のデザイン性だけでなく、機能性を取り入れた壁材が人気となっています。具体的には、臭いを吸収する壁材や湿度を調整する壁材といったようなものです。壁を選ぶときはデザイン性、機能性の両方を考慮して選ぶようにしてください。

 

おしゃれな玄関に見せるテクニック

おしゃれな玄関を作るためのテクニックを4つほど解説します。

壁とインテリアの配色を考える

玄関の雰囲気は、壁とインテリアの配色によって決まります。そして色には相性があり、色の組み合わせを考えなければ、おしゃれな玄関にはなりません。

例えばグレーの壁であれば、周囲の色に馴染みやすく、インテリアとの相性も抜群です。白い壁であれば、緑の植物との相性がよく、清潔感を出すことができます。

このように壁とインテリアを選ぶときは、必ず色の相性を考えてください。

玄関マットを使用

そもそも玄関マットは、靴を脱がない欧米の文化で、外の土や泥を家の中に入らないするために使われ始めたものです。そのため靴を脱ぐ日本の文化では、玄関マットは本来必要のないものなのです。

しかし玄関マットは敷くだけで、外からのホコリや砂を防いだり、玄関を明るく見せるというメリットがあります。そして床と同じ色の玄関マットを使うと空間の広がりを感じるため、玄関を広く見せることができます。

収納を考える

玄関の収納スペースは、あらかじめ余裕をもって広めにしておきましょう。最初は隙間が多くても、生活していくうちに収納スペースは狭くなっていくからです。

また玄関の収納スペースは、傘やゴルフバッグ、ベビーカーなど靴以外のものも収納することがあります。将来を見据えた収納スペースを考えておくことが、物が増えてもきれいな玄関を維持するコツです。

開放感をつくる

物がたくさんあって開放感を感じられないと、おしゃれな玄関には見えません。物は整理整頓して収納スペースにしまい、玄関をできるだけ広く開放的に見せるようにしてください。

玄関を広く見せるコツとして以下の3つの方法があります。

窓や大きな鏡を設置する

玄関に窓や大きな鏡を設置すると空間に奥行きがでます。とくに大きな鏡は身支度を確認することもできるため、玄関に置いておくと非常に役に立ちます。

視覚効果を利用する

大きな観葉植物やフォトフレームを置いて視線を1点に集めることで、狭さを感じさせないというテクニックがあります。物が多い玄関に効果的です。

壁を白色にする

前述しましたが、壁を膨張色の白色にすることで、玄関を開放的に見せることができます。また白色の壁は主張が激しくないため、インテリアを変えるだけで玄関の雰囲気が変わります。壁の色に悩んだときは、臨機応変に対応できる白色の壁にしておくとよいでしょう。

扉のない棚を設置して見せる収納をする

扉のない棚を設置することで、玄関が広く見えるようになります。収納スペースが目に見えることで整理整頓の意識も高まるため、玄関の散らかり防止にも繋がります。

 

おしゃれな玄関を作る手順

「玄関を作ったら思っていた感じと違った」なんてことは少なからずあります。このようなリスクを減らすために、正しい手順を踏んで玄関を作っていきましょう。

1、玄関のテイストを決める

ナチュラルスタイル、モダンスタイル、インダストリアルスタイルなど、あらかじめ玄関のテイストを決めておきましょう。

壁とインテリアのテイストが違うと、統一感のない玄関になってしまうからです。

おしゃれな玄関を作るためには、テイストを揃えることが大切なのです。

2、玄関に置くものを決める

玄関を作る前に、置くものをあらかじめ決めておきましょう。靴はもちろんのこと、外でしか使わない傘なども玄関に置いておくと非常に便利です。

置くものが決まれば収納スペースの大きさも決まるため、玄関がごちゃごちゃになるのを防ぐことができます。

3、装飾をする

玄関のテイストと置くものが決まったら、最後に装飾になります。壁やドアのテイストに合わせたインテリアを設置しましょう。

また収納が足りなかった場合は、インテリアとしておしゃれな棚を置くのもおすすめです。そしてインテリアを揃えるときも、玄関のどこに置くのかをあらかじめ決めてから購入するようにしてください。

 

まとめ

玄関は壁の色やインテリア1つで雰囲気が大きく変わります。リビングや寝室などをおしゃれに作る人がいますが、やはり1番大切なのは玄関です。

冒頭でも説明しましたが、玄関は家の顔であり、来客する人に印象を残しやすい場所だからです。

こだわりをもって玄関をおしゃれにすることで、自分だけでなく家に来る人全員に心地よい空間を提供することができます。

 

<住宅に関するコラム・実例>

吹き抜けのある家を快適にする4つの秘訣!人気のリビング階段の間取りと事例

新築するなら平屋と2階建てどっちがいい?相場や費用を徹底比較!建築家とつくるデザイン注文住宅の魅力【建築実例:愛知編】

おしゃれな注文住宅 どんな家がある?写真と実例紹介

 

「住む人にとって最高の家を」注文住宅はブルーハウスにお任せください

快適な家を作ること。

家族が笑顔で過ごせる家を作ること。

同じように見える建物であっても、建物に込められている想いは、ひとつひとつ違います。

形のないものを表現することは、とても難しいことです。

「こうなったらいいな」などの、大まかなイメージでも大丈夫です。

ブルーハウスでは、どんな「小さな声も住宅という形にする」お手伝いをしています。

お客様の要望に合わせたアドバイスやご提案もさせていただいておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

耐震・断熱・気密・素材・耐久など住宅性能も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。

オンライン相談やファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も実施中です。

家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスの家づくりセミナーにぜひご参加ください。