新築するならどれくらいの広さがいい?注文住宅の平均坪数と費用は?

建築家とつくる憧れの暮らし

家を新築しようと考えたとき、どれくらいの広さの家にするかは、予算との兼ね合いで悩む方も多いでしょう。日本の場合、家の広さは「坪」単位で比較されます。坪単価を算出すれば、予算の目安がわかりますので、だいたい何坪の家にするかでおおよその予算が見えてきます。家族構成や間取りによっても最適な坪数は変わりますが、全国やお住いの地域の平均的な坪数がわかればプランニングの参考になります。そこで今回は、新築する際の目安となる平均坪数や間取りについて解説します。ぜひ理想の住まいづくりの参考にしてみてください。

 

目次

 

住宅を新築する際の平均坪数と建築費用は?

注文住宅の外観住宅を新築する際に、どのくらいの広さで、いくらの予算で家を建てたらいいか、悩むことも多いでしょう。家族構成、間取り、敷地面積、地域によっても、適切な家の広さや相場は変わってきますので、これくらいの家族構成であればこの程度の坪数がいいというのは一概には言えません。参考指標として、2018年度に新築された注文住宅の平均坪数と平均建築費の調査結果がありますのでご紹介します。

 

愛知県の新築住宅の平均坪数と建築費

独立行政法人住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2018年度)」の調査結果によると、2018年度に新築された注文住宅の平均床面積と平均建築費は以下のようになっています。

注文住宅の平均床面積と平均建築費

 

平均床面積㎡(坪数)

平均建築費※

全国

126.8㎡(約38坪)

3,390万円

東海圏

128.1㎡(約39坪)

3,454万円

愛知県

129.1㎡(約39坪)

3,538万円

出典:独立行政法人住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2018年度)」に基づき弊社で作成

※)建築費は住宅建築費用のみで土地取得代等は含まれない

以上のように、2018年度に新築された注文住宅の平均坪数と平均建築費は、全国平均で126.8㎡(約38坪)の広さの家を平均3,390万円の建築費用で建てていることがわかります。同様に、東海圏では128.1㎡(約39坪)の広さの家を平均3,454万円で、愛知県では129.1㎡(約39坪)の広さの家を平均3,538万円で建てている計算になります。実感よりもちょっと高めの数字になっていると思いますが、大手ハウスメーカーの事例も多く含まれていることが要因と想定されます。

ちなみに、愛知県で新築された注文住宅でもっとも多かったのは115~120㎡(約35~36坪)。なお、実際には、30坪程度で2,000万円台の建築も多いのが実際ですので、先ほどの数字はあくまでも統計上の計算になりますので留意が必要です。

 

35~40坪で快適に住める世帯人数は?

では、愛知県の平均的な新築注文住宅の坪数は35~40坪の場合の最適な間取りついて考えてみましょう。

まず、35坪~40坪の戸建ての住宅の場合、最適な世帯人数は何人くらいなのでしょうか?

国土交通省「住生活基本計画における居住面積水準」によれば、世帯人数に応じて戸建て住宅の広さにする目標となる面積は以下のようにされています。

住生活基本計画における「居住面積水準」

 

単身

2人

3人

4人

郊外や都市部以外での戸建て住宅の場合

55㎡

75㎡
(約23坪)

※75㎡
(約23坪)

100㎡
(約30坪)

※87.5㎡
(約26坪)

125㎡
(約38坪)

※112.5㎡
(約34坪)

出典:国土交通省「住生活基本計画における居住面積水準」を基に弊社で作成

※印は、3~5歳児が1名いる場合の面積

つまり、35坪~40坪程度の戸建て住宅の場合、3~4人程度が余裕をもって快適に暮らせる水準の広さが確保されていることがわかります。また、将来のことも考えて2~3人家族で暮らすことを考えれば、あえて30坪以下程度のコンパクトな平屋を建てるという選択肢もあります。

いずれにしても愛知県で新築される一戸建ては、国が目標とする戸建てに確保したい広さがほぼ確保されているます。

 

35坪の家と40坪の家の間取りの違いは?

では、愛知県で平均的な35坪~40坪の戸建てで3~4人で暮らす場合、どのような間取りが可能になるのでしょうか?

多くの場合、35坪程度の場合は3人家族で3LDK、40坪程度の場合は4人家族で4LDKが基本となります。

しかし、設計の工夫次第で、35坪でも4LDK(リビング・ダイニング・キッチン+4部屋)の間取りの確保が可能です。部屋数を多く確保する場合は、マンションのようにコンパクトな居住空間にすれば小さくてもプライベート空間を確保することもできます。

家族構成が多く、できるだけ開放感のあるゆったりめの空間づくりをしたい場合は、無理をせず40坪程度の居住空間を確保したほうがよいかもしれません。家族構成の変化を想定して、将来的にはリフォームで間取りを変えられるようにあらかじめ設計しておく方法もあります。

注文住宅を建てる機会は一生のうちに何度もあるわけではありませんので、理想の住まいを建てるには、新築時に将来の暮らし方もイメージして、最適な間取りは建築家や工務店スタッフに相談しながら検討したほうがよいでしょう。

 

 

将来を見据えた理想の住まいの広さを考えよう

理想の住まいづくりを考えるとき、皆さんは、どんな想像をされるでしょうか?

注文住宅は一生のうちに何度も建てられるわけではありません。つい、あれもこれも盛り込んで予算オーバーになってしまったり、できるだけローコストに建てたいと考えて狭い家になってしまったりと、注文住宅であるが故の悩ましさもあり、理想と予算のバランスをとるのがとても難しいのが実際です。

とくに、実際に住んでみると、意外と理想的だと思っていた間取りが不便なことがわかったり、近年の空き家の増加傾向からもわかるように、昭和の時代に新築した家が老朽化し、家族構成も変わって広さを持て余してしまい維持をするだけでも一苦労といったケースが多くなってきています。

最適な広さは、予算との兼ね合いもありますが、長年住み続けることを前提に慎重に検討する必要があります。

 

まとめ

家族構成やライフスタイルによって、最適な広さ、間取りは大きく変わってきます。将来のことも考えて生活動線をシンプルにしたいのであれば30坪の平屋でも快適に暮らすことができます。二世帯住宅にしたい、といったプランもあるなら40坪以上の注文住宅が最適になる場合もあります。

愛知は名古屋などの大都市近郊でも一戸建てを新築しやすく、また、田園風景の中にゆったりとした空間を確保することも可能です。まずは、どこで、誰と、いつまで、どんな暮らしをしたいのか?そのための家の広さと予算はどれくらいか?といった家族のライフスタイルやライフプランにあった家づくりが重要です。

長年愛着をもって住み続けられる、理想の住まいづくりは、信頼できる建築士や工務店スタッフに相談しながら具体的に検討していくことをお勧めします。

 

愛知で注文住宅を新築するならブルーハウスにご相談ください

お客様にとって最高の家づくりを。ブルーハウスは、お客様の想い×理想の暮らしを実現する最高の注文住宅の家づくりをお手伝いします。耐震・断熱・気密・素材・耐久など機能性も業界最強クラス最長60年保証【BLUE HOUSEあんしん保証】、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。もちろん、お客様に満足していただけるように、資金計画や家づくりのご相談はファイナンシャルプランナー(FP)による資金計画の個人相談(60分無料)オンライン相談も実施しています。

今なら、最大200万円分のプレゼント付き!「モデルハウスオーナー」を募集中です。1次募集は期間限定2020年5月1日~9月30日まで。この機会をお見逃しなく!

ブルーハウスのすべてがわかる家づくりカタログを無料でプレゼント!資料請求はこちらから!