名古屋でおしゃれな注文住宅が得意なのは?建築家・ハウスメーカー・工務店の違い

建築家とつくる憧れの暮らし

 

住宅は一生の買い物であり、その人の生活や人生に大きな影響を与えるものです。建て主にとって、自分の希望が細部まで叶えられた「自分だけの家」は大きな喜びと満足が得られ、豊かな人生を送ることができるでしょう。

そして、家を建てることを考えるとき、「土地を探して新しく建てる」場合でも、建て方にはいくつかのパターンがあります。「注文住宅」は、その名の通り注文して建てる家のことです。建て主が建築家や工務店、ハウスメーカーなどと打ち合わせを重ねて家づくりをします。

今回は注文住宅の特徴やその魅力、また建築家、ハウスメーカー、工務店それぞれとつくる注文住宅の特徴について解説したいと思います。

目次

 

注文住宅の魅力とは

 

 

フルオーダータイプの注文住宅

使用する部材の素材や外観デザイン、間取り、窓などの開口部の大きさ、門扉や庭などのエクステリアに始まり、あらゆる家の仕様を自分で決めることができるのがフルオーダーの注文住宅です。建築家や設計士に直接依頼するほか、ハウスメーカーや地元の工務店と1から打ち合わせをしながら行う家づくりなどがフルオーダータイプにあたります。

自由度の高い「100%理想を反映した家」ができる

自身の将来のライフプランを見越した間取りや、家族のメンバー全員の希望を盛り込むなど自由度の高い設計ができます。

自分の思い描く生活スタイルに沿った設計をしてもらえるので、自分だけの居心地の良い居住空間を作ることができます。

家のテイストも平屋、和モダン風、カフェスタイル、ナチュラル、北欧風の輸入住宅など様々です。自分の望むテイストが得意な建築家やハウスメーカーを選択すると良いでしょう。

さらに、内装材やキッチンなどの設備からカーテン、ソファ、テーブルなどのインテリア家具にいたるまで決めることができます。自分の「好き」「こだわり」が詰まったモノに囲まれた暮らしは、想像するだけでワクワクしますね。

予算に合わせた幅広いパターンに対応できる

注文住宅というと、なんとなく「お高い」というイメージがあるかもしれませんが、100%オーダーメイドということは、例え予算を抑えたい場合であってもその中で最大限に希望に応じた提案を受けることができるということでもあります。

明らかに予算と合わない希望は確かに難しいですが、最近人気のあるシンプルでコンパクトな家のように、少ない予算でも希望を叶える可能性があるのもまた、注文住宅の魅力でしょう。

自然素材で快適・環境性能も追求できる

漆喰の壁のナチュラルフレンチの家

居心地の良い家の条件として、動線を意識した設計や設備・収納の使いやすさといった観点の他に、「身体への優しさ」も重要なポイントになります。

例えば、無垢フローリングや天然木のサイディング(外壁)、天然素材の漆喰壁など、子どもにも安心な優しい素材を選ぶことで、家の呼吸を感じられるような気持ちの良い住環境を作ることができます。

シックハウス症候群が気になる場合は特に、建材や家具の素材にはこだわりたいところです。通常の建売住宅では、内装材や断熱材は、コストダウンや施工のしやすさの面などからあらかじめ仕様やメーカーが指定されていることがほとんどです。住む地域の気候や土地条件を考慮する必要はありますが、断熱材など見えないところの仕様までこだわることができるのも、注文住宅ならではです。

狭小・変形敷地などの厳しい条件にも

敷地の条件によっては、ハウスメーカーが販売する決まったパターンの住宅が建てられない場合もあります。そんな時にも、条件に合わせた柔軟な設計ができるフルオーダーの注文住宅が適しています。

セミオーダータイプの注文住宅

また、こうした100%オーダーメイドの注文住宅を「フルオーダータイプ」とすれば、

ある程度決められたデザイン・コンセプトの中で、予算や希望に応じて間取りやお風呂・キッチンなど水回り設備のグレード、外壁などを選択していくという「セミオーダータイプ」のパターンもあります。大手のハウスメーカーの注文住宅はこのパターンが多いです。

この場合は住宅の基本構造や基本性能などの点は決定されているため基本的にはメーカーの提案を変更することはできません。

ですが、セミオーダーの場合でも、あらかじめ間取りや使用建材などの面で自分の希望を伝えて、様々なパターンを組み合わせてオーダーに近い建築家やハウスメーカーに住宅の性能、仕様、建材などを提案してもらうという点は変わりません。

建築費「2000万円台」など、予算に応じた注文住宅のプランをいくつか用意しているハウスメーカーも多く、人気が高まっています。希望予算に収まるグレードを組み合わせるセミオーダータイプの注文住宅は、こだわりたい部分はあるけれど、全て自分で決めるには予算や時間に余裕がない、という場合に最適です。

 

注文住宅を建てたいときはどこに頼めばいい?

建築家(建築設計事務所)

以前は、建築家に注文住宅を依頼するには、建て主が直接建築設計事務所に依頼する方法が主流でした。そして、インターネットが普及していない頃は建築家の選択肢も、地元の評判や知人からの紹介など、ツテも限られていたのが実情でした。

今は、ホームページを持つ建築家がほとんどですし、インターネットで建て主と建築家をマッチングさせるサービスなども充実してきており、「建築家住宅」の認知度も高まりました。今は個人が建築家に注文住宅を依頼しやすい環境が整っている時代と言えるでしょう。

建築家はデザイン力が魅力

建築家に注文住宅を依頼する最大のメリットは、設計士ならではの柔軟で高いデザイン力です。

細部までこだわりたい場合はもちろん、狭小変形敷地への対応、通常のハウスメーカーでは扱っていない構法や素材を使った家など、特殊で独自性の高い家を望む場合に最適なパートナーとなります。

家づくりへの考えやデザインテイストに共感するかがポイント

ステンドグラスやタイルがかわいいナチュラルフレンチデザイン

建築家を選ぶ基準として、家づくりに対する考え方やポリシーが自分に合うかということが最も重要だと思います。

考え方や価値観は、それぞれの建築家によって大きく異なります。あなたの望みや悩みをともに考え、理想を叶え問題を解決する方法としての設計を提案してくれる建築家が最適です。間取りの希望だけではなく、「予算や工期」の希望も建て主にはもちろんありますから、予算や工期にできるだけ沿った構法や材料を前提としているかということも設計では重要な要素です。

家づくりにかける予算への考え方も、知っておきたいところです。単純に希望を全部詰め込んだら、予算オーバーになってしまいます。

建築家住宅のコストに対する考え方

また、建築家との家づくりでは、建築家は設計分野を担当し、実際の建築工事は工務店と別途契約をして行うことになります。つまり支払う料金も、建築家側と工事会社側でそれぞれ発生します。建築家には「設計監理料」工事会社側には「工事費」を支払います。設計監理料は工事費の8~15%が相場です。

つまり、工事費以外に設計監理料の予算が必要になるわけですが、だからといって、ハウスメーカーや工務店で建てるより必ずしも高額になるという訳ではありません。

例えば、ハウスメーカーが参考価格として掲示している「坪単価」は、家の「本体工事費」を指します。

家づくりのコスト

  • 建築工事費本体工事費+別途工事費+設計料
  • 諸費用=確認申請関係、登記関係、ローン関係、建替え時に発生する費用など

本体工事費に、設計料が含まれているかどうかはメーカーによって異なります。「設計料無料」というのは、本体工事費に設計料を含めているという意味で捉えたほうがよいでしょう。

車と同じで、カタログの事例やモデルハウスで使われているものよりも高いグレードの設備を選べば、その分の金額は当然増えますし、その逆もあります。

設計料込みを想定した本体工事費の概算方法

本体工事費=住宅の面積(㎡)×工事単価(坪単価に設計料(工事費の10%)を見込んだ単価)(万円/㎡)

建築家は、工事費に自身の設計料を含めた予算計画をします。コストの問題解決を含めた設計をしてくれるかどうかが、建築家の腕の見せどころでもあるのです。

もちろん、低予算だからといってコストカットのために安全性に問題のある設計をする建築家はいません。建物の肝心な基礎や構造の部分でコストカットはせず、後から変更・アップグレードできる部分(クロスや各種設備など)で金額を調整していくのです。

こうしたコストに対する考え方を知るためには、やはり直接建築家とお話することが一番の近道です。気になる部分を不透明にせず話せるかどうかも、建築家との相性の一つです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーで建てる注文住宅は、前述のセミオーダータイプが多く、ハウスメーカーが提案するいくつかのデザインや仕様の中から好きなものを選択しながらつくるイメージになります。

ハウスメーカーの提案する住宅の仕様は大きく分けて3つの要素があります。

  • 「2階建て」「平屋」「3、4階建て」など基本的な構造のパターン
  • 「リビング広め」「二世帯住宅」など家族構成や暮らし方に合わせた間取りのパターン
  • 「北欧風」「ナチュラル」「和モダン」などの外観や内装デザイン、インテリアのパターン

これらを1つ1つ、1から決めるのではなく、希望に最も適したそれぞれのパターンを組み合わせて住宅の仕様を決定します。

また、それぞれの住宅商品によって、設備の基本グレードやメーカーが決まっているので、決定はスピーディな傾向になります。必要な設備を足してグレードアップしたり、逆に不要な要素を除いてコストダウンしたりすることができます。

デメリットとしては、土地の条件等によって、希望の仕様が選択できない可能性があります。

工場生産された部材やパーツを多用し、規格化された組み合わせでつくられるため、どのパターンで建てても仕上がりにばらつきが少なく安定した品質になります。また、現場での作業が少ないため工期が短いのも特徴です。

ハウスメーカーで満足のいく注文住宅を建てるには、ハウスメーカーの営業マンの力量によるところが大きくなります。提案のはじめのラフプランは、設計担当者ではなく営業マンが作ることが多いようです。そこで、営業マンのヒアリング力や提案力、知識量などの能力や相性が重要になってくるのです。

工務店

工務店に家づくりを依頼する方法では、基本的には設計から施工まで一貫して依頼することができ、間に入る人や工程がないので機動性が高く細やかな対応ができるのが長所です。

プランや設備の仕様が決まっているハウスメーカーと比べると、設計の自由度は比較的高いといえます。

営業、設計、工事の担当が同じ会社なので連携が取りやすく、工事は工務店の職人が直接行うため(工事の受注者と施工者が同一)、施工責任の所在もはっきりしています。不明点や不安なことが出てきた時に相談する先が1つなので分かりやすく、また確実に伝えやすいのも特徴です。

地域に昔からある工務店はそれぞれに創業した際の得意な業種がある場合があります。

木材問屋から始まった工務店なら、木材に関する高い知識を有しており、また横のつながりもあるので質の高い木造建築が得意でしょう。

逆に言えば、何も言わなければ工務店側の得意な構法や施工のしやすさが優先されてしまう可能性があります。希望するデザインや構法、素材などがある場合は事前に写真を見せるなど資料を用意して可能かどうかを確認してから依頼しましょう。

工務店によって力量には差があるため、選ぶ際は技術力や、多くの工程で関わる職人たちを統率する力などで判断します。実績が多いか、過去に建てた家を見せてもらえるかなども判断材料になります。

 

まとめ

家族みんなが居心地の良い空間を提供する注文住宅

注文住宅を建てるとき、建築家、ハウスメーカー、工務店とそれぞれにメリットとデメリットがあります。一概にどこが安い、と言えるものではなく、建築家やそれぞれの会社の営業マンの姿勢や考え方によって家づくりのプランは千差万別です。

大切なのは自分にあった家づくりのパートナーを選ぶことです。自分が重視する要素や価値観を明確にして、適切なパートナーを選択しましょう。

注文住宅が得意な建築家との家づくりならブルーハウス

「自分だけの100%オリジナルの家をつくりたい」

「ハウスメーカーのプランに該当しない家を建てたい」

「希望する家が土地条件に合っているか分からない」

そんな場合は、建築家との家づくりが向いていると言えます。

ブルーハウスのお届けする建築家との家づくり「design casa」

ブルーハウスでは名古屋、豊橋を中心に愛知県全域と岐阜県、静岡県、三重県の一部を対応エリアとして、こだわりの注文住宅、デザイナーズ住宅をご提供しています。漠然としたお家のイメージの段階でも構いません。お気軽にショールームへ遊びに来てください。家づくりに対するどんなことでもご相談に乗らせていただきます。

ブルーハウスの名古屋デザインラウンジ・豊橋ショールーム

ブルーハウス名古屋デザインラウンジの外観