新築のおしゃれなトイレ収納と内装画像特集【豊橋で建築家と建てる注文住宅実例】

新築のおしゃれなトイレ収納と内装実例画像

トイレを見れば住む人の価値観が分かると言う人もいます。それだけ家の印象に大きく関わるトイレですが、実は住み始めてからトイレの内装や収納の使い勝手で後悔したという人も多いんです。

そんなトイレの使い勝手に大きく影響する収納。トイレの使い勝手が悪いと、掃除も億劫になってしまいますよね。

今回は、豊橋市をはじめとする愛知で、建築家の設計デザインによる新築のおしゃれなトイレ内装の実例と、使い勝手の良いトイレ収納にするために考えるべきポイントを画像付きでたくさんご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

・おしゃれで実用的な新築トイレ収納&内装の実例画像
・使い勝手のよいトイレ収納のポイント
・造作でオリジナルのトイレ収納をつくる方法
・まとめ

 

おしゃれで実用的な新築トイレ収納&内装の実例画像

使いやすい位置に収納棚を設置したコンクリート壁のトイレ

コンクリート壁がおしゃれなトイレ

コンクリートの壁がクールでおしゃれなトイレです。スペース的には最小限のトイレですが、手の届きやすい位置に棚板を設置したことで足元がスッキリ、清潔感のあるトイレに仕上がっています。

和モダンに統一された高級感のあるトイレ

和モダンな内装のトイレ

和モダンで統一された内装が素敵なトイレです。床は黒の光沢のあるタイルで高級感があります。腰壁部分はタイル、上部は塗り壁と壁を組み合わせることでおしゃれかつ清掃性や消臭機能も期待できる優れた壁になっています。

洗面カウンターと吊り戸棚の素材を合わせたのも造作ならではのおしゃれポイントです。

トイレと洗面台、脱衣所をコンパクトにまとめた機能的な間取り

トイレと洗面台、脱衣室をコンパクトにまとめた間取り事例

洗面台、脱衣室、トイレをコンパクトにまとめた施工例です。白を基調とし、タイルや壁紙で全体をコーディネートしました。トイレ収納はシンプルなオープン棚に内装に合わせたデザインのファイルボックスを組み合わせています。毎日お部屋を使うたび、気持ちもすっきりしそうなサニタリー空間です。

ブルーが印象的なマリン調のトイレ

マリン調のかわいいトイレ

ブルーの腰壁が爽やかなかわいいトイレです。洗面カウンター下に様々なものを収納できる造作戸棚をつけています。使うたびに気持ちも楽しくなるトイレに仕上がりました。

地窓効果で掃除しやすく明るいトイレ

足元の窓でいつでも明るく爽やかなトイレに

トイレには珍しい足元の窓(地窓)を採用した事例です。

窓は型板ガラスという凸凹したガラスのため、ふわっとした間接光がトイレ内に広がります。暗いトイレのイメージを一新して、爽やかに使い続けられます。

ポップで温かみのある内装のトイレ

ポップな内装のトイレ

木の板をペンキで塗装したような加工の壁材と、温かみのあるテラコッタ調床タイルを組み合わせた南欧風のトイレ。手洗器のカラーやカーテンの柄がアクセントになるようトータルコーディネートをしています。

隠す収納で生活感ゼロ!

トイレ収納内にゴミ箱、ティッシュを隠して収納できる工夫

洗面ボウル下のキャビネット、よく見ると扉に1ヶ所穴があいています。

実は、中にゴミ箱を入れることができるんです!生活感を出したくないというときに有効なユニークアイデアです。

ワインセラーのようなおしゃれなトイレ

ワインセラーのようなおしゃれな内装のトイレ

まるでワインセラーのようなデザインのトイレです。床もコルクタイルというこだわり。コルクタイルは踏み心地がやわらかく冬でも冷たくないので水回りにも向いています。また、水にも強いので拭き掃除もしやすい素材です。

便座背面のデッドスペースを有効活用したトイレ収納

便座の背面のデッドスペースを活用したトイレ収納

タンクレストイレは、便座の背面をフルに活用できるのも大きなメリットです。取り出しやすい高さに十分な量の収納を確保しました。扉を閉めれば見た目もスッキリ。

シンプルを極めた建築家デザインのスタイリッシュなトイレ

シンプルでスタイリッシュな建築家デザインのトイレ

建築家ならではのデザインセンスが凝縮したシンプルを極めたスタイリッシュなトイレの実例です。手洗器下の収納は埋め込み式で、見た目は薄型でも収納力があります。

 

使い勝手のよいトイレ収納のポイント

サニタリー、掃除用具をどう収納するか決める

新築のトイレはまだ何もない状態なのでとてもすっきり綺麗です。でも、使い出すとトイレットペーパーや生理用品、ウエットシートやクリーナー、トイレブラシ、三角コーナーなど実にいろいろなアイテムを置くことになりますよね。

つまり、トイレは実際にトイレの中に置くものを具体的に配置した時のイメージまで考えて内装や収納を決めるべきです。

配置をイメージするには、今お使いのトイレをチェックします。その中で、新築時にトイレに引き続き置くものと、別の場所に移動したいものに分類します。すると、トイレに必要な収納スペースの量がはっきりします。

また、同時に今のトイレの坪数もチェックしましょう。一般的な戸建てのトイレの面積は0.5坪(78cm×169cm)が一般的です。分譲マンションや戸建ての2階用トイレになると平均0.4坪と少し狭目になります。バリアフリー化をしたい場合は0.75坪程度が良いでしょう。トイレの中に手洗器を設置したい場合は0.5坪以上を見ておきましょう。

ドア上の棚は使いやすい工夫をしよう

狭いトイレのデッドスペースを活用したドア上の棚。トイレ収納の定番ですが、人によっては手が届かなくて使いにくい場合も。高い位置なので使っていないとすぐにホコリもたまって掃除しにくいのも難点ですよね。

高い位置の棚には、取り出しやすくホコリがつかない取っ手&ふた付きのボックスがおすすめです。ドア上の棚は自分の身長や動き、使用頻度を加味して検討しましょう。

見せない収納に既製のかごやファイルボックスを活用

かごを活用した見えないトイレ収納

室内でトイレットペーパーや洗剤、消臭剤などが見えるとどうしても生活感が出てしまいます。トイレアイテムはかごやファイルボックスなどを活用してなるべく見せないようにするのがおすすめです。

清潔感を出すには高級感のある素材を

清潔感のあるトイレの内装には、ホテルライクなタイルなど光沢のある素材がおすすめです。タイルは水や汚れが染み込みにくいためお掃除も楽になりますよ。

LIXILのエコカラットに代表される調湿機能のある壁材もおすすめ。ニオイや湿気を吸収してくれる機能面だけでなく、装飾パネルのようにおしゃれなデザインが作れるのも人気の理由です。

 

造作でオリジナルのトイレ収納をつくる方法

家具の造作が得意、実績の多い注文住宅の建築会社に依頼すると、トイレの空間を圧迫しない埋め込み式の収納棚や、手洗器カウンターと一体化した収納キャビネットなどを造作でつくることができます。

トイレ収納だけでなく、様々な場所にたくさん造作を使いたい場合は、各工務店や住宅メーカーのHPの施工例などをチェックして、造作の実績やデザインの傾向を確認して施工会社を選びましょう。

 

まとめ

新築のトイレは、住んでから後悔することがないよう、清潔感を保ちやすい内装デザインや収納にこだわりたいですね。

自由度の高いフルオーダーの注文住宅なら、トイレでも自分の好きな内装や使い勝手のよい収納をつくることができます。今回ご紹介したブルーハウスのトイレは、トイレの定番や決まりきった内装にこだわらず、全てそれぞれの家全体のテイストに合わせたデザインや一人ひとりに合った使いやすい収納をオリジナルで設計しています。

家の隠れた顔とも言えるトイレをおしゃれに仕上げて、毎日気持ちよく過ごせるおうちを実現してくださいね。

 


<「収納」「造作家具」に関する関連コラム>

新築で使いやすいキッチン収納実例集|パントリー・背面収納の間取りアイデア

豊橋で工務店だからできるこだわりの「造作キッチン」実例

おしゃれで機能的「造作洗面台」のメリット・デメリット【名古屋市の注文住宅実例紹介】


豊橋で建築家と建てるおしゃれな注文住宅はブルーハウスにお任せください

ブルーハウスは豊橋市を中心として愛知県内で自由な間取りを実現する注文住宅を設計・施工しています。

愛知エリアに密着した工務店であることを活かして、土地選びや資金計画などから家づくりのあらゆる工程に関わることで、住む場所や予算、その後の人生にとって最適な、世界にひとつのお客様一人ひとりにベストな家を提供することを最も大切にしています。

また、家のデザイン、プランニングには暮らし方への高い提案力を持ち、地域風土や敷地の条件に合わせた柔軟な設計ができる建築家による意匠設計を提供しています。

デザインと性能、そして暮らしやすい間取りを両立した家を求めやすい価格で提供することで、地域の皆様の幸せに貢献します。

家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスの家づくりセミナーにぜひご参加ください。