シューズクロークのある玄関実例|ウォークスルータイプの間取り・広さ・扉のアイデア

明るく動線の良いウォークスルータイプのシューズクロークの実例写真

最近新築で人気のウォークスルータイプのシューズクロークのある間取り。収納力があるのはもちろん、家族用と来客用で玄関の動線を分けられて、玄関をすっきり綺麗に保ちやすいのもメリットです。

シューズクロークは、事前に使い方や動線をしっかり計算してつくるのが成功のポイントです。

今回は、ブルーハウスでつくったウォークスルータイプのシューズクロークの間取り実例をたくさんご紹介します。

ウォークスルーのシューズクロークをつくりたいけど、実際活用できるか不安という方、どれくらいの広さや間取りが適切か知りたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

■シューズクロークとは?
■シューズクロークのタイプとメリット・デメリット
 ・ウォークインタイプのシューズクロークのメリット・デメリット
 ・ウォークスルータイプのシューズクロークのメリット・デメリット
■ウォークスルータイプのシューズクローク・失敗を防ぐ間取りのポイント
 ・広さはどれくらい必要?
 ・理想的な通路の幅(間口)
 ・扉の有無と種類
 ・ウォークスルーは内部の床仕上げも大切
 ・内玄関の動線が遠回りにならないようにする
■ウォークスルータイプのシューズクローク・間取り実例
■まとめ

 

シューズクロークとは?

シューズクロークは、玄関に靴を収納するための専用スペースです。玄関に設置するシューズボックス(靴箱)とは異なり、1つの部屋、空間として独立したスペースを指します。

床は玄関と同じ土間仕上げが多く、靴の他にも傘、雨具、コート、ベビーカー、自転車、アウトドア用品など様々なものを収納できる便利なスペースです。

資源ゴミやネット通販用宅配ボックスなどの一時置き場所としても使えます。

家の中になるべく入れたくない物は意外にたくさんあるので、専用のスペースがあるとリビングなどが散らかりにくく重宝します。

 

シューズクロークのタイプとメリット・デメリット

シューズクロークは、通り抜けしない「ウォークインタイプ」と、玄関から室内へ通り抜けできる「ウォークスルータイプ」の2種類があります。それぞれの特徴を簡単に解説します。

 

・ウォークインタイプのシューズクロークのメリット・デメリット

ウォークインタイプのシューズクロークの間取り実例

玄関土間からのみ入れるウォークインタイプのシューズクロークは、1畳程度からでもつくりやすく、収納力があるのが特徴です。屋外関係の物を1ヶ所にまとめて収納できるので玄関から見える部分を綺麗に保てるのもメリット。

アール壁とウエスタンドアのウォークインシューズクローク

玄関ホールから直接シューズクローク内に入れないので、クローク内にある靴を履くときは一度玄関土間からサンダルなどを履いて移動する手間があるのがデメリットです。普段使いの靴は小さめの靴箱を併用して収納している人も多いです。

 

・ウォークスルータイプのメリット・デメリット

ウォークスルータイプのシューズクロークは、玄関ホールまたはリビングなどの居室と玄関土間をつなぐように配置されます。そのため、室内→シューズクロークで靴を履く→玄関へと移動する動線がスムーズになります。

デメリットは、人が通り抜けられるような広さと通路の幅を確保しなければならないので、中途半端なサイズで作ってしまうと、使いづらくなることです。

限られた延べ床面積でウォークスルータイプのシューズクロークを実現するには、必要な部屋数、各部屋の広さなど優先順位をつけながら間取りを調整する必要があります。

 

ウォークスルータイプのシューズクローク・失敗を防ぐ間取りのポイント

次に、ウォークスルータイプのシューズクロークを採用する時にチェックしたい間取りのポイントを解説します。

 

・広さはどれくらい必要?

通り抜けしやすい動線のシューズクローク

ウォークスルータイプのシューズクロークは、人が通り抜けられる通路幅が必ず必要です。通り抜けのために最低1畳、収納スペースとして1~2畳確保するのが理想的です。

これ以上面積が小さいとクローク内で渋滞が起きたり、物が増えると通れなくなったりしやすくなるので注意しましょう。

30坪程度の延べ床面積の家なら、3~4人家族の3~4LDK(LDK16~20畳程)の間取りで3畳のシューズクロークを設置することは十分可能です。お部屋の数や広さ、その他の設備によってもシューズクロークに割ける面積は変わります。実現したい暮らし方に合わせて間取りを調整しましょう。

 

・理想的な通路の幅(間口)

クローク内の通路の幅は、一般的な開き戸の間口である700~800mm程度が通りやすいです。クロークに3畳取れるなら、通路の両側に奥行き350mmの収納棚を設置しても中で人が余裕を持って動けます。

 

・扉の有無と種類

ウォークスルータイプのシューズクロークは、玄関土間側と室内側に出入り口があり、それぞれに扉を付けるかを選択することになります。

扉を付けない場合はドアの開け閉めが不要なので生活動線がさらにスムーズになるメリットがあります。ただし、間取りによっては玄関や部屋からクローク内が丸見えになること、室内側の出入り口がリビングなどの居室と直接つながっている場合はニオイが流れ込みやすいことに注意が必要です。

クローク内の扉は開いたままでも動線を邪魔しない「引き戸がおすすめです。引き戸にする場合は開いた扉のための戸袋の壁幅とスペースのために間取りや収納棚のレイアウトが制限されることがあります。

ウエスタンドアのウォークスルーシューズクローク

適度な目隠しにおすすめなのがカフェ風のウエスタンドアロールスクリーンです。ロールスクリーンはお客様が来るときだけ下げるなど臨機応変に対応できるのがメリットです。

 

・ウォークスルーは内部の床仕上げも大切

上足エリアを使いやすく設計したウォークスルーシューズクローク

ウォークスルーのシューズクロークは、クローク内の床の下足、上足の範囲を使い方に応じて適切に仕上げることも重要です。

上足(靴を脱いで上がる)部分は室内側からシューズクローク側に40cm程出すのが一般的です。クローク内を全て上足エリアにするパターンもあります。

室内側にドアがある場合は、ドアを開けてすぐに土足部分への段差があると危険なので、できるだけクローク側に上足部分が出るようにしましょう。

靴を収納する棚の位置に合わせて、上足部分で靴を取り出す→土足部分に置いて靴を履くという流れがスムーズになるような床仕上げにするのがおすすめです。

 

・内玄関の動線が遠回りにならないようにする

間口の広い内玄関のあるシューズクローク

ウォークスルーのシューズクロークを作っても、結局家族がクローク(内玄関)を通らずに玄関を使うようになってしまったというのはよくある話です。

玄関をスッキリさせるためにクロークを作ったのに、結局玄関に靴が置きっぱなしになるのでは本末転倒ですよね。

この失敗を防ぐためには、家族がクローク内を通るメリットや合理的な理由がはっきりした間取り作りをする必要があります。

<こんなウォークスルーシューズクロークの間取りは注意>

・クローク内を通ると、外玄関を使うよりも各部屋やリビングまで遠回りになる

・クロークを通り抜けるまで扉が多く開け閉めが面倒

 

シューズクロークの家族用動線は、家族が帰宅してからの行動がスムーズになるように計算するのがポイント。

玄関ホールに手洗器のある間取り

例えば、玄関からシューズクロークを抜けた先に手洗い場があれば、家族は帰宅から手洗いをする流れを自然に作れます。また、パントリーとつなげて買い物後は自然にシューズクロークを通る流れにするというアイデアもあります。

生活スタイルに合わせてクロークからの動線を初めにしっかり決めて間取りを作れば、家族も迷うことなくクロークを使えますよ。

 

ウォークスルータイプのシューズクローク・間取り実例

・家族が使いやすい回遊できるシューズクローク

クローク内に3箇所出入り口のあるシューズクロークです。上部に窓を設置して明るさと風通しも確保しました。クローク内に姿見があるので、靴を履いてから身だしなみもチェックできます。家族が渋滞せずスムーズにお出かけ、帰宅ができる間取りです。

【施工事例|木の温かみがある家】

・おしゃれな目隠しアイデア2選

目隠しにカーテンを活用したシューズクロークの実例

シューズクローク内の棚を、カーテンで目隠しできるようにしたアイデア実例です。間口部分に扉やロールスクリーンを付けるよりも圧迫感がありません。カーテンのナチュラルな素材や色選びもポイントです。

【施工事例|淡い木材と漆喰の壁のナチュラルな家】

 

鏡張りの引き戸でおしゃれに目隠ししたシューズクローク

上の写真の左奥の姿見は、よく見ると引き戸になっています。扉を閉めれば目隠しにもなる一石二鳥のアイデアです。

【施工事例|2階リビングのガレージ】

 

・階段下スペースを有効活用

階段下のスペースをシューズクロークにした効率の良い間取り例です。クローク内では上足部分で上着着て、下足部分で靴を履くというスムーズな動線が実現。とても使いやすそうな玄関に仕上がっています。

【施工事例|カフェのような落ち着くお家】

 

まとめ

今回は、ウォークスルータイプのシューズクロークの間取りのポイントを解説しました。通り抜けしやすい広めの面積を確保し、スムーズでできるだけ短い動線を意識することが成功へのポイントです。

収納棚やポールの数、位置決めは、今持っている靴の数、傘やコート、アウトドア用品などの数をできるだけ正確に書き出すのがおすすめです。設計者に持ち物を伝えれば、それに見合った収納を提案してもらえます。

また、生活スタイルに合わせた広さや上足・下足の床仕上げ、扉の種類を選ぶのも重要なポイント。今回のコラムを参考に、ぜひ自分たちらしく使いやすいシューズクロークの間取りを実現してくださいね。

 


<「シューズクローク」「玄関」の関連コラム>

おしゃれな玄関って何?一戸建て住宅におすすめの玄関の作り方を紹介!

豊橋・田原でサーファーズハウスを建てたい!おしゃれな外観、玄関、間取りの事例

平屋の間取りは南玄関が最適?日差し溢れる玄関周りの暮らし


愛知・名古屋・豊橋で建築家と建てるおしゃれな注文住宅はブルーハウスにお任せください

ブルーハウスは名古屋市・豊橋市を中心として愛知県内で自由な間取りを実現する注文住宅を設計・施工しています。

愛知エリアに密着した工務店であることを活かして、土地選びや資金計画などから家づくりのあらゆる工程に関わることで、住む場所や予算、その後の人生にとって最適な、世界にひとつのお客様一人ひとりにベストな家を提供することを最も大切にしています。

また、家のデザイン、プランニングには暮らし方への高い提案力を持ち、地域風土や敷地の条件に合わせた柔軟な設計ができる建築家による意匠設計を提供しています。

デザインと性能、そして暮らしやすい間取りを両立した家を求めやすい価格で提供することで、地域の皆様の幸せに貢献します。

家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスの家づくりセミナーにぜひご参加ください。