SDGs ロゴ

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,
2015年9月の国連サミットで
加盟国の全会一致で採択されました。

「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、
2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標です。

17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない
(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル
(普遍的)なものであり、
日本としても積極的に取り組んでいます。

BLUEHOUSEのSDGsに対する考え

 家づくりは、より地域や人々に大きな影響を与える商品だと考えております。

 だからこそ事業活動の中でSDGsの目標に向かうことが大切だと考えており、
 BLUEHOUSEなりの貢献を実施していきます。

BLUEHOUSEの宣言

 

私たちBLUEHOUSEは

人生を、最高に、楽しむ。

をブランドメッセージに掲げて事業展開をしております。

より私たちが創り出す家がその家族の人生を豊かなものにすることができれば、
少しでも貢献できるのではないかと考えております。

また、日本の住宅は世界的に見ても全ての性能で遅れをとっており、
日用品のごとく消費をされていきます。

より長く愛すことができ、何世代にも渡って受け継がれる強く美しい家を建築していきます。

BLUEHOUSEの取り組み

エネルギーをみんなにそしてクリーンに
住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任

BLUEHOUSEでは構造計算を行い耐震等級3の家づくりを行います。

また、HEAT20を基準とした省エネルギーを実現した高気密・高断熱の仕様を標準仕様とします。
省エネルギーで災害に強く長く安心して住まうことができる住宅を提供することで住み続けることができるまちづくりに貢献します。

働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
住み続けられるまちづくりを

家づくりには多くの人の手と技が詰まっています。
私たちBLUEHOUSEのような工務店の家づくりは、多くの人が協力しあって創り上げております。

また、木造住宅や私たちが使用することの多い自然素材では、多くの技から作り出されるものが数多くあります。

家づくりの中心にある工務店という立場ということをしっかりの認識しより地域が活性化するように活動していきます。

質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
働きがいも経済成長も
パートナーシップで目標を達成しよう

BLUEHOUSEはインクルージョン&ダイバーシティ経営を目指します。

ダイバーシティとはビジネスに当てはめると多様な人材を活かすことであり、
インクルージョンとは個々の才能や経験が認められ活かされている状態を言います。

BLUEHOUSEのブランドメッセージ
『人生を、最高に、楽しむ。』は
お客様だけではなく、従業員や協力会社様の事も含めて考えております。

まずは提供する側である私たちが人生を、最高に、楽しんでいなければ、お客様に
そのような商品を提供できません。

BLUEHOUSEでは、インクルージョン&ダイバーシティ経営を目指し、
多種多様な人材が活躍できるステージを用意します。

そのためにも、一層のインタネットを活用したソフトやシステムの構築・
リモートワークの推進・明確化された人事評価・
資格取得支援、そして子育て支援
などに取り組んでいきます。

また、カーサプロジェクトやGCU(建設総合組合)・VS会
(BLUEHOUSE協力に加入並びに立ち上げ)を行っており、
様々の企業様と交流をし、
パートナーシップを深める活動を行っています。

SDGs関連リンク

JAPAN SDGs Action Platform | 外務省

BLUE HOUSEは、
豊橋市SDGs推進パートナー

BLUEHOUSEは、創業から豊橋市に本社を置く企業です。
社員の多くが豊橋市出身者であり、
この豊橋市からより地元に根付いた貢献企業を目指しています。