注文住宅で新築する3LDKの平屋の費用と間取りのポイントは?

夜の街並みに佇む平屋の外観

注文住宅で新築する平屋は20坪~30坪程度のコンパクトな3LDKが暮らしやすいと言われます。日本では2階建て住宅が主流ですので、2階建て住宅と同程度のスペースを平屋で確保しようとすると割高になりがちです。おしゃれでコンパクト過ぎず割高感が少ないちょうどいい暮らしやすさを追求するなら、工夫次第で比較的スペースも確保しやすい「30坪程度のシンプルな平屋」にするという選択肢があります。そこで、今回は注文住宅で3LDKの平屋を新築する際の費用の相場、部屋の広さや、平屋のメリット・デメリットを考慮した間取りを考える際のポイントなどをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

 

 

 

3LDKの平屋の新築費用相場と価格はいくら?

注文住宅で建てる標準的な30坪以下程度の3LDKの平屋の相場は、建築費で1,000~2,000万円程度が目安となります。坪単価にすると、大手ハウスメーカーが60~100万円程度、工務店が50~80万円程度が多いようです。

この坪単価で建築費の総費用を計算してみると、30坪の平屋住宅だとすると、坪単価60万円の場合は1,800万円程度、坪単価70万円の場合であれば2,100万円程度です。25坪の平屋住宅であれば坪単価60万円で1,500万円、坪単価70万円の場合、1,750万円が相場の目安となるでしょう。

平屋住宅は2階建て住宅と違い、一般的にはトイレなどは複数設置はしませんので、その分の追加の設備費はかかりません。平屋は階段や階段ホールなどの非居住空間も必要ありませんので、その分のコスト増は避けられます。30坪程度以下であれば2階建てよりも住みやすくお財布にも優しい住宅にしやすくなります。

なお、上記の費用は、間取り、部材、設備などによって変動しますので、実際に見積もりを取得して確認する必要がありますので、あくまでも目安として参考にしてください。

 

 

3LDKの部屋の広さはどれくらい?

施工実績写真

3LDKで30坪程度の平屋の場合、それぞれの間取りと部屋の広さはどれくらい確保できるのでしょうか?25坪の平屋と比較してみましょう。

<25坪の3LDK平屋の場合>

10畳以上のLDKの場合、6畳の居室が3室(寝室と子供部屋等)のイメージです。コンパクトなダイニングテーブル、2人用のソファ程度のイメージですので一般的なマンションサイズの間取りが確保できます。

LDKを12畳程度確保する場合は、リビングは多少余裕のあるレイアウトができます。この場合、子供部屋は4畳半程度になりますが、机、ベッドは置くことができますので、子供が独立した後のことを考えればリビングを広めに確保しておいたほうがよいという考え方もできます。

 

<30坪の3LDK平屋の場合>

30坪の平屋であれば、25坪の場合よりも間取りに余裕が生まれます。LDKが16畳ほど確保できますので、ダイニングテーブル、ソファ、ソファテーブルなどがゆったりと配置できます。家族4人でもゆったりとくつろげる空間づくりがしやすくなります。

居室は、寝室と子供部屋が2室のイメージです。この場合、8畳の部屋が1室、6畳が2室となります。8畳の洋室は、ツインベッド、ナイトテーブル、ドレッサーも置くことができそうです。ウォークインクローゼットなどを配置したいと考えた場合、30坪の平屋のほうが余裕のあるスペースが確保しやすくなります。

 

 

3LDKの平屋のメリットとデメリット

メリット①ちょうどよいサイズ感

平屋で3LDKの場合、夫婦と子供1~2人の家族であれば、LDK、寝室+2部屋の3LDKが基本的な間取りとなります。お子さんが2人の場合でも3LDKで十分な間取りが確保できます。

平屋で30坪ほどで4LDKになると、場合によってはそれぞれの部屋が狭くなったり、採光や通風がしにくくなるので、廊下を確保するなど、間取りに工夫が必要になります。

家を建てる敷地面積を広く確保する必要がありますし、床面積が広くなればなるほど、基礎と屋根の面積が増加するため建築コストが割高になります。暮らしやすさとのバランスでちょうどいい3LDK程度で30坪以下のサイズ感に全体のバランスを抑えておくと掃除や家事などもしやすくなります。

 

メリット②家事が楽になる

平屋の最大のメリットでもある家事が楽になるという点からいえば、30坪程度の広さの3LDKがちょうどよいサイズ感になりそうです。平屋はワンフロアですので洗濯物を干すために階段の昇り降りをする必要もなく、生活の中心となるLDKを中心に、洗面所などのランドリールーム、トイレ、お風呂など、家の中の移動がスムーズにできます。家事や生活動線がシンプルになり、掃除や洗濯などの家事が楽になります

 

メリット③高齢になっても暮らしやすい

平屋はワンフロアで動線もコンパクトにできますので、高齢になり足腰が弱ってきても、平屋であれば階段の昇り降りがありませんので、長く暮らせ住み続けられる家になります。玄関から居室までのバリアフリーのリフォームもしやすいので安心です。

 

メリット④トイレや洗面所などの設備を追加する必要がない

複数フロアがある住宅は、2階にもトイレや洗面所などを設置することも多くなりました。2階建てにしなければ、追加の設備費用もかからず、日々の掃除やメンテナンスの負担もなくなります。

 

メリット⑤コミュニケーションがとりやすくなる

平屋は生活動線が重なりやすくなるため、家族との距離が近くなります。別々の部屋にいても、お互いの存在を意識しながら生活することができます。

このように様々なメリットがありますが、一方でデメリットもあります。

デメリット①プライバシーの確保がしにくい

生活動線が重なりやすくなり、コミュニケーションがとりやすくなるということは、プライバシーの確保の仕方も配慮する必要があります。廊下や収納スペースを間に挟むといった間取りの工夫をするなどの工夫が必要です。

 

デメリット②十分な敷地面積の確保が必要

これは平屋に共通して言えることですが、建ぺい率との関係や、敷地の周囲を2階建て以上の建物で囲まれてしまうと日当たりや風通しが悪くなります。平屋を建てるには周囲の環境や敷地面積との兼ね合いが重要です。

 

 

注文住宅でおしゃれな3LDKの平屋を新築する際の間取りを考えるポイント

施工実績

周辺環境とのバランスを重視する

平屋の場合、周囲の環境とのバランスによって、大きく日当たりや通風などの影響を受けます。間取りを考える前に、まずは近隣、敷地における建物の位置などを考慮することが重要です。

庭との位置関係を複数のパターン検討してみる

一般的には、庭は南側がよいとされていますが南の庭である必要はありません。平屋は建物の高さが低いため、北側に庭を配置することも可能です。北側が道路の場合、北側を庭にすれば、駐車スペースからアプローチ、そして庭へとひとつながりのおしゃれな空間をデザインすることも可能です。

屋根の形は様々な工夫ができる

平屋は屋根の形状も自由度が高くなります。採光を重視するのであれば、段違いの屋根にしてハイサイド窓を設置することも可能です。天井に直接窓をつけるトップライトという方法もあります。こうした工夫によって自然光を取り入れることができます。ただし、窓が高い位置にあるため窓の掃除は大変になります。梯子をかければ届く高さですので、2階建ての屋根のメンテナンスほどは難しくはありません。

平屋ならではの間取りを考えよう

まず敷地と建物、採光や通風などとのの関係を考えたら、間取りについて考えてみましょう。平屋は階段や階段フロアがないため、意外と広めのスペースが確保できます。平屋は屋根や天井も自由度が高いため、じつは1.5階のスキップフロアやロフトなどを配置する立体的な空間デザインも可能なのです。

間取りの工夫①間取りは動線で考える

間取りを考えるうえでもっとも重要なのは動線です。動線にも、主動線と機能動線があります。主動線は、玄関、ホール、廊下、LDKの流れ。機能動線は、台所、ユーティリティ、勝手口、洗面所、ランドリールーム、デッキ、ホール、廊下といった洗濯動線やお勝手動線などがあります。

これらを人の動きにあわせて回遊できるようにすると動きやすい動線になります。

間取りの工夫②寝室・個室の間取りは工夫のしどころ

比較的コンパクトな平屋にする場合、特に寝室や個室は基本的にプライベート空間ですので、他の部屋との関係も考慮して、できるだけ安心できる場所としてプライバシーを確保したり、収納などの機能性も重要です。

寝室や子供部屋をロフトにすることで、平屋でも立体的な空間づくりをすれば開放感をもたせることもできます。

なお、ワンフロアですので部屋のレイアウトによっては風通しが悪くなる場合がありますので注意してください。

間取りの工夫③その他

平屋はリビングから掃き出し窓を通じてウッドデッキを併設することがあります。リビングから歩くようにそのままウッドデッキに出てくつろぐことができますので、室内と外が緩やかにつながる開放的な間取りになります。

このように、4LDKほどは必要なくシンプルな暮らしが理想的だと考える方にとって、3LDKの平屋は暮らしやすさの面からも「ちょうどよい」広さと言えるのかもしれません

 

 

愛知で注文住宅で家を建てるならブルーハウスにご相談ください

お客様にとって最高の家づくりを。私たちブルーハウスは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。
「愛知で自分たちらしい家を建てたい!」という方は、豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。あなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。

名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にご相談ください。