住みやすい3LDKの平屋の費用と間取りのポイントを解説

平屋は20坪~30坪程度のコンパクトな3LDKが暮らしやすいと言われます。戸建ては2階建て住宅が主流ですので、2階建てと同様に4LDK以上の居住スペースを平屋で確保しようとするとど割高になりがちです。コンパクトすぎず割高感がない暮らしやすさを追求するなら30坪程度の平屋という選択肢があります。そこで、今回は住みやすい3LDKの平屋を建てる際に留意したい間取り、費用の相場、間取りを考える際のポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

目次

 

 

3LDKの平屋のメリットとデメリット

メリット①ちょうどよいサイズ感

3LDKの暮らしは、夫婦と子供1~2人の家族の場合で、LDK、寝室+2部屋が基本的な間取りとなります。お子さんが2人の場合でも3LDKで十分な間取りが確保できます。

平屋で4LDKになると30坪を超えてきますので、家を建てる敷地面積を広く確保する必要があります。場合によってはそれぞれの部屋が狭くなったり、建物の中央部の採光や通風が確保しにくくなりますので、廊下を確保するなど、間取りに工夫が必要になります。

床面積が広くなればなるほど、基礎や屋根の面積も増えるため建築コストも割高になりがちです。暮らしやすさとのbランスでちょうどいいサイズ感に抑えておくと掃除や家事などもしやすくなります。

 

メリット②家事が楽になる

平屋はワンフロアですので階段の上り下りをする必要もなく、生活の中心となるLDKを中心に、洗面所、トイレ、お風呂など、家の中の移動がスムーズにできます。家事や生活動線がシンプルになり、掃除や洗濯などの家事が楽になります。

 

メリット③高齢になっても暮らしやすい

高齢になって、足腰が弱ってきても、平屋であれば2階との上り下りが必要ありませんので、長く暮らせ、住み続けられる家になります。バリアフリーのリフォームもしやすいので安心です。

 

メリット④トイレや洗面所などを追加する必要がない

複数フロアがある住宅は、2階にもトイレや洗面所などを設置することも多くなりました。2階建てにしなければ、追加の設備費用もかからず。日々の掃除やメンテナンスの負担もなくなります。

 

メリット⑤コミュニケーションがとりやすくなる

生活動線が重なりやすくなるため、家族との距離が近くなります。別々の部屋にいても、お互いの存在を意識しながら生活することができます。

 

デメリット①プライバシーの確保がしにくい

生活動線が重なりやすくなり、コミュニケーションがとりやすくなるということは、プライバシーの確保の仕方も配慮する必要があります。廊下や収納スペースを間に挟むといった間取りの工夫をするなどの工夫が必要です。

 

デメリット②十分な敷地面積の確保が必要

これは平屋に共通して言えることですが、敷地の周囲を2階建て以上の建物で囲まれてしまうと日当たりや風通しが悪くなります。平屋を建てるには周囲の環境との兼ね合いが重要です。

 

 

3LDKの平屋の費用相場

標準的な30坪程度の3LDKの平屋の相場は、建築費で1,000~2,000万円程度が目安となります。坪単価にすると、大手ハウスメーカー60~100万円程度、工務店50~70万円程度です。坪単価60万円で建築費の総費用を計算してみると、30坪で1,800万円程度が目安となるでしょう。

平屋は2階建てと違い、一般的にはトイレなどは複数設置はしませんので、追加の設備費はかかりません。階段や階段ホールなどの非居住空間も必要ありませんので、その分のコスト増は避けられます。30坪程度以下であれば2階建てよりも住みやすくお財布にも優しい住宅なることでしょう。

なお、上記の費用は、間取り、部材、設備などによって変動しますので、目安として参考にしてください。

 

 

3LDKの部屋の広さは?

施工実績写真

3LDKで30坪程度の平屋の場合、各部屋の広さはどれくらい確保できるのでしょうか?25坪の平屋と比較してみましょう。

<25坪の平屋の場合>

10畳以上のLDKであれば、6畳の居室が3室(寝室、子供部屋等)が確保できます。コンパクトなダイニングテーブル、2人用のソファ程度のイメージですので一般的なマンションサイズの間取りが確保できます。

LDKが12畳程度確保するとすれば、多少余裕をもったレイアウトが可能です。この場合、子供部屋を4畳半程度になりますが、机、ベッドは置くことができます。

 

<30坪の平屋の場合>

30坪の平屋であれば、間取りに余裕が生まれます。LDKで16畳程度確保できますので、ダイニングテーブル、ソファ、ソファテーブルなどが配置できます。家族4人でもゆったりとした空間づくりが可能です。

居室は、夫婦の寝室と子供部屋2室の場合、8畳1室、6畳2室程度が確保できます。8畳の洋室は、ツインベッド、ナイトテーブル、ドレッサーも置くことができそうです。

 

 

3LDKの平屋の間取りを考えるポイント

施工実績

周囲の環境とのバランスを考える

平屋の場合、周囲の環境とのバランスによって、大きく日当たりや通風などの影響を受けます。間取りを考える前に、まずは近隣、敷地における建物の位置などを考慮することが重要です。

庭との関係を重視する

一般的には、庭は南側がよいとされていますが、必ずしも南の庭である必要はありません。平屋は建物の高さが低いため、北側に庭を配置することも可能です。北側が道路の場合、北側を庭にすれば、駐車スペースからアプローチ、そして庭へとひとつながりの空間をデザインすることも可能です。

屋根の形を工夫する

平屋は屋根の形状も自由度が高くなります。採光を重視するのであれば、段違いの屋根にすればハイサイド窓が設置できます。天井に直接窓をつけるトップライトという方法もあります。こうした工夫をすれば北側であっても自然光を取り入れることができます。ただし、窓が高い位置にあるため窓の掃除は大変になります。梯子をかければ届く高さですので、2階建ての屋根のメンテナンスほどは難しくはありません。

平屋の間取りを考える

まず敷地と建物、採光や通風などとのの関係を考えたら、間取りについて考えてみましょう。30坪の平屋は、階段スペースがないため、意外と広めのスペースが確保できます。平屋は屋根や天井も自由度が高いため、じつは1.5階のスキップフロアやロフトなどを配置する立体的な空間デザインも可能なのです。

【間取りは動線で考える】

間取りを考えるうえでもっとも重要なのは動線です。動線にも、主動線と機能動線があります。主動線は、玄関、ホール、廊下、LDKの流れ。機能動線は、台所、ユーティリティ、勝手口、洗面所、ホール、廊下といった洗濯動線やお勝手動線などがあります。

これらを人の動きにあわせて回遊できるようにすると動きやすい動線になります。

【寝室・個室の間取り】

寝室や個室は基本的にプライベート空間ですので、安心できる場所であることや、収納などの機能性も重要です。

平屋でも寝室や子供部屋を1.5階のスキップフロアやロフト的に配置することで、平屋でありながら、立体的な空間が生まれますので、スペース以上に開放感を感じることもできます。

部屋のレイアウトによっては風通しが悪くなる場合がありますので注意してください。

【その他】

3LDKの平屋には、リビングから掃き出し窓を通じてウッドデッキを併設することがあります。リビングからそのままウッドデッキに出ることができますので、室内と外がつながる開放的な間取りになります。

4LDKほどの広さは必要なく、3LDKでのシンプルな暮らしがちょうどいいと考える方には、予算的にも、暮らしやすさという意味でも、3LDKの平屋はちょうどよい広さといえるのかもしれません。

 

 

愛知で平屋を新築するならブルーハウスにご相談ください

お客様にとって最高の家づくりを。私たちブルーハウスは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。
「愛知でおしゃれな平屋を建てたい!」という方は、豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。

ぜひお気軽に名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にお越しください。