平屋でスキップフロアをつくる間取りアイディア|後悔しないための注意点

平屋でスキップフロアをつくる間取りアイディア

平屋を建てる際に、床面積を広げる方法として「スキップフロアをつくる」という選択肢があります。

実は、横に空間が広がる特徴をもつ平屋と、縦に立体感を出してくれるスキップフロアは、とても相性が良いと言われています。

そこで今回は、平屋にスキップフロアを取り入れたいと考えている方に向けて、スキップフロアを取り入れることのメリット・デメリット、間取りのアイディアをご紹介します。

<コラムのポイント>

・スキップフロアのメリット・デメリットを知って、後悔のない家づくりを目指しましょう。
・間取りのアイディアから、自分にぴったりの活用方法を見つけてみましょう。

 

スキップフロアとは?ロフトとの違い

リビングのスキップフロア

「スキップフロア」とは、同じ空間の中に段差や数段の階段をつけることで、中2階や中3階を設けることを言います。

床面積を有効活用し、縦に開放感をつくり出すことができるため、狭小地や平屋住宅でよく活用される方法です。

似ているつくりとして「ロフト」がありますが、こちらは建築基準法で「天井高さ1.4メートル以下で下の床面積の半分以下でつくる床面積に含まれないスペース」と定められいることや、他の部屋やスペースと繋がっていない点が「スキップフロア」とは異なっています。

 

スキップフロアのメリット

スキップフロアのある家

まずは、スキップフロアのメリットを順番に見ていきましょう。

・間取りの自由度がアップ

スキップフロアで中二階・中三階をつくることで、同じ敷地面積の中で、空間をより有効活用することができます。そのため、狭い住宅や平屋など限られた土地の中で、間取りの自由度を上げたい場合には「スキップフロア」がぴったりです。

 

・広々と開放感が生まれる

階段や段差で新たな空間をつくり上げることで、縦のスペースと奥行きを広げることになり、部屋全体に開放感が生まれます。「平屋の家に立体感がほしい」といった場合に、スキップフロアを取り入れてみるのがおすすめです。

 

・収納スペースが確保できる

「物が多くて、収納量をもっと増やしたい」といった際に、スキップフロアを収納スペースとして利用することもできます。普段使わないものを置いておいたり、子供のおもちゃ置き場として活用するものおすすめです。

 

・高さ制限があっても縦に空間ができる

住宅を建てる場合、地域によって10m、12mなどと建物の高さに制限があります。そんなとき、スキップフロアを活用すれば、建物自体の高さを変えなくても縦に空間を広げることが可能です。

たとえば、「3階建てにしたいけれど高さ制限があって難しい」という場合には、2階建てにしてスキップフロアで中二階をつくることで、3階建ての構造に近づけることができます。

 

スキップフロアのデメリット

階段がおしゃれな家

空間を最大限有効活用することができるため、人気のある「スキップフロア」ですが、デメリットもいくつかあります。

・コストが高くなる

スキップフロアにする場合は、段差や階段で新たに空間をつくることになるため、材料費や手間がかかり、建築コストも高くなります。さらに、スキップフロアは間仕切りがないため、一つの大きなワンルームのような構造となります。そうなると冷暖房の空調が効きにくくなり、光熱費もアップしてしまいます。

 

・固定資産税が高くなる

スキップフロアを設けて空間を広げると、その分床面積も広くなります。そうなると一般的な住宅と比べて、固定資産税が高くなります。建築コスト、光熱費、固定資産税と、あらゆる面でコストが増えてしまうことが、スキップフロアのデメリットです。

 

・地域によって制限がある可能性も

家を建てる場合、各自治体が建築基準法と設計図面を照らし合わせた上で、「建築許可」をもらう必要があります。しかし自治体によっては、スキップフロアの設置自体を認めていなかったり、スキップフロア付き2階建てを3階建ての家とみなされたりと、判断が統一されていないのが現状です。

スキップフロアを作る際には、事前に自治体へ規定を確認をしたり、ハウスメーカーや工務店に相談するようにしましょう。

 

・階段の上り下りで老後が心配…

一般的な平屋の住宅は階段の上り下りが必要ありませんが、スキップフロアを設ける場合は、生活する中で階段の上り下りが必要となってくるでしょう。若いときには気にならないものの、老後になるとスキップフロアへの移動が負担になる可能性も。そのため、事前に手すりを取り付けるなどをして、バリアフリー化しておくのが良いでしょう。

 

 

スキップフロアの間取りアイディア

最後に、スキップフロアの間取りアイディアをご紹介します。「スキップフロアを取り入れたいけれど、みんながどう活用しているのか知りたい」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

・子供部屋スペースに

子供部屋をスキップフロアに

子供連れの家族に人気なのが、子供部屋としてスキップフロアを活用する方法です。特に平屋では、敷地面積があまり広くない場合、間取りの自由度が下がってしまうことも。子供部屋として一部屋分を確保するスペースがない場合は、スキップフロアを活用するのがおすすめです。

スキップフロアはリビングやキッチンからでも目が届く位置にすると、子供が遊んでいる様子が確認できるので安心です。

 

・たっぷりと収納スペースを確保

階段下の収納スペース

スキップフロアの階段下を、収納スペースとして活用する方法もおすすめです。子供のおもちゃ置き場にしたり、本棚を置いてみたり、さまざまな活用方法があります。

 

・書斎やテレワークスペースに

書斎

静かに過ごせる書斎スペースにしたり、テレワークをする仕事場として活用するのもおすすめです。コロナ禍をきっかけに、「テレワークが当たり前になり、仕事部屋が必要となった」という人も多いのではないでしょうか。

スキップフロアは、壁などで完全に空間が遮られているわけではないため、「家で仕事をしながらも、子供の様子が目に届くような環境がいい」という人にはぴったりです。

 

 

スキップフロアで後悔しないための注意点

スキップフロアで後悔しないために注意することは、スキップフロアの実績が豊富なハウスメーカーや工務店に依頼することです。

スキップフロアは一般的な住宅とは異なり、構造が特殊であることや自治体による制限があるためです。さらに、スキップフロアの住宅を多く手がけたことのある業者の場合、デザインや間取りに関する悩みにも、的確なアドバイスがもらえるでしょう。

プロの視点から相談に乗ってもらうことで、はじめてでも安心して家づくりを進めていくことができます。

 

スキップフロアのあるおしゃれな平屋を建てるなら…

いかがでしたか?スキップフロアは、限られた面積を最大限に有効活用することができると同時に、縦に空間が広がるため平屋との相性はぴったりです。仕事部屋にしたり、子供部屋にしたり、あなたにぴったりの方法でスキップフロアを活用してみましょう。

ブルーハウスでは、スキップフロアのある家や平屋の施工実績が、豊富にございます。家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスのブルーハウスの家づくりセミナー・オープンハウスにぜひご参加ください。

 

豊橋・人生を最高に楽しむモデルハウス見学会を開催中!

人生を楽しむ平屋ライフをのぞいてみませんか。

愛知県豊橋市にて、モデルハウスの見学会を実施しております。

家族のライフスタイルを考慮し、動線にも配慮した魅力的な平屋をご覧いただけます。

詳細・ご予約はこちら▶

(完全予約制です。)

昼間ではない夜のモデルハウスの魅力もお届けしています。

調光式の照明を採用しているため、自分の好みの明るさに変更することができます。
スポットライトやペンダントライトの効果的な取り入れ方なども大変参考になると思います。

ぜひ、一度見学にいらしてみてください。(完全予約制です。)

詳細・ご予約はこちら▶