スキップフロアのあるガレージハウスのメリット・デメリットと建築実例

スキップフロアのあるガレージハウスの内装

注文住宅でガレージハウスを建てたい!と考えたとき、スキップフロアは空間を有効活用する上で効果的な選択肢です。スキップフロアとは1.5階、中2階といった段差のある立体的な空間のこと。空間に段差をつけることで視覚的に広く見える効果がありますので、狭いスペースでも開放的な空間を演出することができます。そこで、今回はガレージハウス(インナーガレージ)にスキップフロアを組み込むメリット・デメリット、留意点をご紹介します。また、おしゃれなスキップフロアのあるガレージハウスの建築実例もご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

ガレージハウスにスキップフロアを組み込むことが多い理由

スキップフロアのあるガレージハウスの階段

スキップフロアとは?~ガレージハウスで採用されることが多い理由

スキップフロアは1.5階、中2階といった段差のある立体的な空間のことです。空間に段差をつけることで視覚的に広く見える効果がありますので、狭いスペースでも開放的な空間を演出することができます。

通常、スキップフロアの下は収納スペースとして有効活用することが多いのですが、ガレージハウス(インナーガレージ)の場合、ガレージの駐車スペースの上の空間がデッドスペースになりがちなので、そのスペースを有効活用できるという点があります。

また、1階のガレージフロアから、リビングなどの居住空間の間に、ワンクッション違うフロアを入れることができるため、家の外と中を緩やかに繋ぐ緩衝スペースとしての効果もあるのです。駐車スペースからリビングにつながる階段部分に、1.5階のスキップフロアを配置することで、音も響きにくくすることができます。

スキップフロアのあるガレージハウスの建築実例

スキップフロアとはどのようなものか、実際の建築実例をご覧いただくのが一番イメージがつきやすいと思います。いかにスキップフロアのあるガレージハウスの建築実例をご紹介しますのでご参照ください。

スキップフロアのあるガレージハウスの内観

 

参考)スキップフロアのあるガレージハウスの建築実例

 

 

スキップフロアのメリット・デメリット

スキップフロアのあるガレージハウスの空間の奥行

では、ここでスキップフロアを取り入れるメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

メリット①空間を立体的に有効活用できる

中二階のようなスキップフロアは、壁で部屋を仕切るではなく、段差で緩やかに空間を仕切る部屋となります。壁のスペースを有効活用でき、かつロフトよりも実際の居住空間としての有効性が高いのが特長です。

メリット②廊下や階段ホールを有効スペースにできる

廊下や階段の上部はデッドスペースになりがちです。ガレージハウスの場合は、ガレージの天井部分は有効活用できる場合があります。通常はこうしたスペースは収納に活用することが多いのですが、スキップフロアにすればこうしたデッドスペースを居住スペースとして有効活用することができます。

メリット③視覚的に広く感じる空間づくりができる

スキップフロアは空間を立体的に活用していますので、視野が縦方向にも意識されるため、空間を広く感じる効果があります。

メリット④遊び心がある空間づくりができる

空間のデザインに立体感やリズム感が出てきますので、視線も自然と動きが出てきます。こうしたイマジネーション溢れる間取りは遊び心を感じることでしょう。

メリット⑤傾斜地など高低差がある土地に有効

高低差がある傾斜地の場合、その傾斜を利用したフロア設計が可能です。その土地の特徴を活かした合理的でありながら個性的な空間づくりができます。

 

スキップフロアのあるガレージハウスとロフト

デメリット①空調効率に配慮する必要がある

部屋を壁で仕切らないため、断熱性の高い住宅にする必要があります。現在の住宅の断熱性能であればそれほど気にする必要はありませんが、特にガレージハウスの場合は、ガレージからの外気の流入も考慮して検討する必要があります。

参考>デザインにこだわるから断熱にもこだわるアイシネンの家

デメリット②バリアフリーにはならない

段差が生み出すメリットを生かした空間づくりをするため、バリアフリー効果はありません。段差に手すりを設置したり、車椅子でも移動できるフロアと分けて生活できるようにする工夫が必要です。

デメリット③図面でイメージを把握するのが難しく、設計や施工に経験が必要

スキップフロアは空間が立体構造になりますので、採光や空気の流れ、音の響き方などを図面だけで検討するのは難しい場合があります。できればスキップフロアの設計や施工に慣れている工務店に模型を作ってもらうほうがわかりやすいでしょう。

デメリット④建築費が割高になる場合がある

スキップフロアは壁を設置しない反面、設計や施工が複雑になりますので、場合によっては建築コストが割高になる場合があります。また、耐震や断熱性能の高い住宅にする必要がありますので、標準仕様で耐震・断熱性能の高い家づくりをしている工務店のほうが安心できるでしょう。

デメリット⑤自治体により床面積の算出や固定資産税の判断が異なる

スキップフロアは自治体によって、床面積として算入するルールが異なります。この場合、固定資産税の算定にも影響がありますので、スキップフロアに慣れた設計士や工務店に相談することをおすすめします。

 

 

ガレージハウスにスキップフロアを取り入れる際の留意点

スキップフロアのあるガレージハウスのリビング

ガレージハウスは、ガレージスペースと居住空間の間がデッドスペースになりがちですので、空間を有効活用できるようなスキップフロアの設計が必要です。また、ガレージの開口部を広く確保する必要があるため、建物全体の強度を優先して確保する必要があります。スキップフロアスキップフロアは図面上では実際の空間のイメージが把握しづらく、また、自治体によって床面積や設置基準などの判断が分かれる場合がありますので、スキップフロアの設計、施工には経験が必要とされます。ガレージハウスの施工実績の豊富な設計士や工務店を選定することが重要となります。

参考)スキップフロアのあるガレージハウスの施工事例

 

 

まとめ

スキップフロアとは1.5階、2.5階といった中間的な空間のことです。スキップフロアのある空間は、遊び心のあるメリハリのある空間づくりができるため、ガレージハウス(インナーガレージ)でも採用されることが多く、工夫次第でデザイン性や機能性も兼ね備えた空間の有効活用法と言えます。一方で、スキップフロアは図面上では実際の空間のイメージが把握しづらく、また、自治体によって床面積や設置基準などの判断が分かれる場合がありますので留意が必要です。スキップフロアの設計、施工には経験が必要とされます。特にガレージハウスの場合、ガレージハウスの施工実績の豊富な設計士や工務店を選定することをお勧めします。

 

愛知でスキップフロアのあるガレージハウスを建てるならBLUE HOUSEにご相談ください

ガレージハウスは、暮らしを楽しむためのアイディア、限られた居住スペースを有効に活用するノウハウ、万全の耐震設計や防音・断熱対策をローコストに実現する技術など、ガレージハウスならではの総合的なプランニングが必要になります。

私たちブルーハウスは、デザイン性と機能性を兼ね備えた、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。「憧れのガレージハウスで暮らしを楽しみたい!」という方は、ぜひ愛知県、名古屋近郊、豊橋近郊での豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。あなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。

名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にご相談ください。施工事例は、にスキップフロアのあるガレージハウスの施工事例をご参照ください。デザイン性と断熱性能を兼ね備えた家づくりについては、こちらのコラムも参考してください。