愛知の小さな平屋でシンプルな暮らし|建築実例にみる平屋の間取りのポイント

小さな平屋、シンプルな暮らしを実現した注文住宅の外観「愛知で小さな平屋を建てたい!」「愛知の自然の中でシンプルに暮らしたい」と考える方が増えています。若い子育て世代から終の棲家にするご夫婦まで幅広い世代から支持される、おしゃれな小さな平屋のシンプルな暮らし。愛知の名古屋や豊橋の近郊エリアなら、これからのリモートワークやデュアルライフ(二拠点生活)などの時代の変化にも対応した、自分たちにとって「ちょうどいい暮らし」を実現できる環境があります。そこで今回は実際の平屋の建築実例を参考にしながら小さな平屋の家づくり、コンパクトな間取りのポイントをご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

目次

 

愛知で平屋が選ばれる理由

建築家とつくる憧れの暮らし

 

愛知は都市と自然のバランスが絶妙で平屋の暮らしがしやすい

愛知は、コラム「建築家とつくるデザイン注文住宅の魅力【建築実例:愛知編】」でもご紹介したように、愛知の名古屋、豊田、豊橋などの県内主要都市近郊は自然も豊富で通勤などの移動もスムーズ。豊橋近郊の渥美半島の田原市はサーフィンにも最適でマリンスポーツが盛んです。愛知は都市と自然のバランスに恵まれ、これからの時代にあった平屋のライフスタイルが実現できる職住近接のほどよい距離感が保てる理想的な環境があります。

事実、愛知の平屋は1.7倍に増加

愛知の住宅の平均敷地面積は260㎡(78坪)、住宅の平均延べ床面積94.36㎡(28坪)で全国平均よりも戸建てが建てやすい環境にあります。さらに、居住専用住宅の年間着工件数34,307棟のうち、平屋の着工件数は1,809棟(全体の5.2%)。2011年の1,083棟(全体の3.2%)と比較すると、平屋は1.7倍の増加傾向にあります(出典:愛知県「住宅・世帯の概況」、国土交通省「住宅着工統計」より)。

平屋は幅広い世代から支持を集める人気のライフスタイル

例えば、いつも家族と一緒にいたい子育て世代都会と自然のデュアルライフ(二拠点生活)を楽しみたいデュアラー世代老後をゆったりと過ごしたいシニア世代ミニマリストを志向する世代まで、幅広い世代から支持されているのが特徴です。さらに、新型コロナウイルス禍の影響で、菜園付きの小さな平屋も注目を集めています。

2階建て住宅が主流の中で、マスコミや住宅雑誌でも定番の特集テーマとなった平屋。毎年着実に着工数が増加する平屋での暮らしは、これからの時代に求められるライフスタイルの潮流になっています。

平屋を建てた施主が語る、シンプルな暮らしへの想い

実際に、平屋を建てた施主の方からも以下のような口コミのコメントをいただいています。

「私自身は2階建ての家で育ったのですが、子供が小さいうちは2階建てだと目が届かないことがありそうで、家事のこともあって私は新築するなら平屋がいいなと思っていました。子供が独立すれば夫婦2人ですので、老後の暮らしを考えてもやっぱり平屋だね、と話していたんです。」

「実家が2階建てなのですが、あまりモノを増やしたくないと思っていたのと、親が歳をとり、特に片親になってからは階段の昇り降りが億劫になってしまい、2階が物置のようになってしまったのです。だったら私たちは平屋で無駄なく暮らしたいと思うようになりました。」

このように、現在の日本の社会構造や住宅事情、今後のライフスタイルの変化を見据えて、「できるだけシンプルに暮らしたい」という施主の方の想いが汲み取れます。

 

平屋のメリット・デメリット、小さな平屋の留意点

では、あらためて平屋のメリット・デメリットと留意点を確認しておきましょう。

平屋のメリットは、ちょうどいい広さの家なら、以下のような平屋ならではの暮らしやすさを優先することができるという点です。

シンプルな家事動線にできる

1点目は、シンプルな家事動線になることです。構造もシンプルで家事動線もコンパクトになれば、床・壁・段差も少なくなるので掃除も楽になります。ただし、ペットとの暮らしを考えた場合は、生活スペースを分ける工夫も考えると、少し空間づくりにアクセントをつけたり、リズム感をもった間取りにすると、遊び心のある家になります。

予算を最適化できる

2点目は、コンパクトにすればこだわりたい部分に予算がかけられることです。できるだけ構造をシンプルにしてローコストに抑える工夫をすることで、こだわりたい部分にしっかり予算をかけることができます。平屋の坪単価は一般的に2階建てより1~2割程度高めになりますので、坪単価70万円の場合、20坪の1LDK~2LDKで1,400万円、25坪の2LDK~3LDKなら1,850万円、30坪の3LDK~なら2,100万円程度が相場になります。末永く暮らすことを考えればしっかり予算をかけたいところにメリハリをつけた予算配分を検討するのがおすすめです。

平屋に適した土地を確保するか、土地の個性に応じた平屋を考えるか

一方で、デメリットとしては、平屋に適した土地の確保と床面積のバランスが難しいという点です。建築予定地の建ぺい率に応じて平屋を建築できる広さは変わりますが、まずは平屋に適した土地の確保が重要です。周囲の環境や建物の状況、土地の整備状況など、土地探しやプランニングの初期の段階から信頼できる工務店に相談することをお勧めします。もちろん変形地・狭小地でも工夫次第で平屋の暮らしが実現できます。場合によっては、平屋風の「ほぼ平屋、ちょっとだけ2階建ての家」という選択肢もあるかもしれません。

小さな平屋を建てる際の留意点は、その土地の個性にあった構造や間取りのプランニングと、コンパクトさ故の収納や動線の設計などを「最適化」するための工夫が必要になる点です。小さな平屋だからこそできるシンプルな暮らしを実現するために、設計士、工務店スタッフ、施主の方のそれぞれの考え方を理解し、アイディアを出し合いながら、より理想的な暮らしを実現していきましょう。

<関連コラム>
おしゃれな平屋にする5つの視点、間取りのポイント!
平屋風の2階建て?ほぼ平屋のちょうどいい暮らし おしゃれな間取り

 

愛知の建築実例にみる小さな平屋でシンプルに暮らす間取りのポイント

では、小さな平屋、ちょうどいい間取りのポイントについて、建築実例を参考にみていきましょう。

 

外観

小さな平屋、シンプルな暮らしを実現した注文住宅の外観平屋は、周辺環境や近隣の建物の影響を受けやすく、土地の広さや形状にあわせた最適な構造やデザインコンセプト決めが重要となります。写真の事例はコンパクトな敷地を有効活用しながらも、クリエイティブでスタイリッシュなデザインを実現した事例です。漆喰の白壁に、斬新さを演出するなら個性的なカラーリングの玄関ドア、ナチュラルな佇まいにするなら無垢材などの木製ドアといったアクセントをつけると、より魅力的な外観になります。

玄関

小さな平屋の玄関 スリット窓でプライバシーを確保しながら足元の明るさを確保

プライバシーも確保しながら横スリット窓で明るさを確保した玄関土間。駐車スペースを確保できるように土間からの階段は家の中に配置しました。

 

リビングとキッチン

小さな平屋のスタイリッシュなリビング&キッチン、愛犬のしつけも兼ねて段差を設けています

生活の中心となるリビングは、平屋ならではの広がりのある空間づくりが基本となります。郊外では自然との一体感を感じる居住空間と外との境界線を曖昧にしたり、住宅街ではプライバシーを考慮した採光と通風の緻密な計算による窓の位置決めが重要。写真の事例はペットとの暮らしを考慮しつつもスタイリッシュなLDKに仕上がっています。愛犬の身体への負担を考えて滑りにくい素材にしたり、キッチンには段差をつけて、しつけがしやすい構造になっています。

 

天井と窓

トップライトに吹き抜けの天井が明るいリビングを演出

平屋はひとつながりのフラットな空間。家の中心部分に配置された部屋の採光や通風の確保に留意する必要があります。周辺環境、敷地面積、間取りの兼ね合いで、最適なリビングの位置は必ずしも南になるとは限りません。リビングが家の中央部や北側に位置する場合は、トップライトと吹き抜けにして窓の位置を高めにすれば、デザイン性も高い明るい空間づくりが可能です。

 

水回り

洗面台はシンクを2つにして朝の混雑を回避、造作家具にすれば水回りの快適さやデザイン性も自由自在

水回りを1か所にまとめれば動線もコンパクトになり、家事も楽になります。一方で、家族が増えるほど生活動線が混雑することを避ける工夫が必要です。たとえば洗面台にシンクが2つあれば、朝の時間が重なってもスムーズです。さらに写真のように造作家具にすれば、家のデザインテイストと一体になったおしゃれな水回りの空間になります。

 

寝室と書斎

寝室は間仕切り棚を組み込みプライバシーを確保、テレワークにも書斎として活用できる空間に

平屋ではそれぞれのプライバシーも重視したいところです。寝室に仕切り壁などを設置すれば、半個室のような使い方で、夫婦がそれぞれプライベートな時間も楽しめます。テレワーク(リモートワーク)時の書斎にも使えそうですね。このようなちょっとした空間レイアウトの工夫によって、ほどよい距離感で、暮らしやすい間取りになります。

では次に、このように、土地の形状、ライフスタイルに最適化された平屋にお住いの施主の方の口コミをご紹介します。

 

愛知で平屋を建てた施主様の声


■家族構成:夫婦+子供2人+愛犬2匹

マイホームは私たち夫婦の憧れ。子どもが小学校に入学するまでには実現したいとずっと思っていました。また、住宅ローンを組むにしても、そろそろ新築適齢期だと判断し、土地探しからスタートしました。無垢や自然素材を用いてスタイリッシュな家を建てる『ブルーハウス』さんの家が、以前から気に入っていました。私たちの希望を詳しくヒアリングしたうえで提案してくれたファーストプランもイメージ以上の出来栄えで、迷わず家づくりをお願いしました。家づくりでは、私たち家族だけでなく、愛犬2匹も快適に暮らせる住まいを希望しました。完成した住まいは動線が機能的で、家事や移動がスムーズにでき、私たち家族も愛犬たちも毎日のびのびと暮らしています


今回ご紹介した施工事例は、ほんの一例です
。ブルーハウスは様々な施主の方のスタイルに応じた家づくりをお手伝いしています。その他の事例は、施工事例のページや以下のコラムも参考にしてください。

<関連コラム>

愛知のデザイン注文住宅 平屋の建築実例 [ダイジェスト編]
建築家とつくるデザイン注文住宅の魅力【建築実例:愛知編】
小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り
愛知でおしゃれな平屋をローコストに建てたい!デザイン注文住宅で実現する理想の住まい
愛知でかっこいい家を建てよう!おしゃれな外観と内装の建築実例まとめ!

 

まとめ

小さな平屋は「愛知の自然の中でシンプルに暮らしたい」という若い子育て世代からデュアルライフや終の棲家にするご夫婦まで幅広い世代から支持されています。愛知の名古屋や豊橋の近隣エリアなら、おしゃれな小さな平屋のシンプルな暮らしが実現できる理想の環境があります。

小さな平屋だからこそできる、シンプルで心地よいちょうどいい暮らしは、動線もシンプルでコンパクト予算もこだわりたいところにかけられるため、自分たちにとって最適な暮らしが実現できます。

平屋は土地の個性を生かすことが重要です。敷地面積が狭くても、工夫次第で自分たちらしい家づくりができます。そのためには、今後の自分たちのライフスタイル、ワークスタイルの変化を見据えて、ちょうどいいサイズの暮らし方をイメージしながら自分たちらしい家づくりをすることが末永く快適に暮らせる平屋づくりのポイントです。

愛知・名古屋・豊橋で平屋を建てるならブルーハウスにご相談ください

BLUE HOUSEは、おしゃれな平屋、シンプルな暮らしを楽しむ小さな平屋の家づくりまで1人ひとりのライフスタイルに合った自由度の高い注文住宅の家づくりをしています。お客様×建築家×BLUE HOUSEで、お客様の想い+最高の家づくりをデザインしていきましょう。耐震・断熱・気密・素材・耐久の業界最強クラス最長60年保証【BLUE HOUSEあんしん保証】をご用意しています。もちろんお客様に満足していただけるように、ファイナンシャルプランナーがしっかりとした資金計画づくりをサポート。お客様のリーズナブルな家づくりをお手伝いします。

▼今なら期間限定・棟数限定「モデルハウスモニター」募集中1次募集は2020年5月1日~9月30日まで。

愛知で建築家とつくる家づくりデザインカタログはこちらから
家づくりカタログの画像