平屋風の2階建て?ほぼ平屋のちょうどいい暮らし おしゃれな間取り

平屋風の2階建ての吹き抜けとロフトのあるリビング

最近、子育て世代の方から「おしゃれな平屋の家がいいけど、子供部屋は2階建てにしたい」という要望をいただくようになりました。平屋ならではの落ち着いた暮らし、フラットな空間づくりでシンプルに暮らしたい。でも、敷地面積や子供部屋やプライバシーのことも考えると2階建ても捨てがたい。そんな方のために平屋の良さと2階建て住宅の良さを兼ね備えた、いいとこどりができる、平屋のような2階建て、平屋風の「ほぼ平屋」の家づくりについてご紹介します。吹き抜けやロフトを設けたり、ライフスタイルの変化にあわせて柔軟に使い方が変更しやすい、長く愛着をもって暮らしせる家づくりの参考にしてくださいね。

 

目次

 

平屋風の「ほぼ平屋」の家とは

平屋風の家のシンプルな外観 ほぼ平屋のシルエット 屋根にはZEH対応の太陽光パネルも設置ほぼ平屋のリビングの写真
<参考>建築家とつくる憧れの暮らし~LDKデザイン集~

平屋は、フラットな空間で落ち着いた暮らしができること、コンパクトな間取りにすれば家事動線もシンプルになり暮らしやすいのが魅力です。しかし、敷地面積の関係で、平屋ならではの空間づくりができない場合があります。プライバシーの確保や水害などの災害への備えも考えると2階建ての要素も欲しいと考える方も多いことでしょう。そこで注目されているのが、平屋でもない、2階建てでもない、ほぼ平屋ともいえる、平屋風の2階建てという現実的な第三案です。住みやすさと機能性を兼ね備えた、ライフスタイルの変化にも対応しやすい、ちょうどよく暮らしやすい新しい家の形です。

平屋でも2階建てでも家事をできるだけ楽にしたいのは同様です。シンプルな暮らし、できるだけモノを持たないミニマルライフを志向する方でも、ちょっとだけ2階があるメリットはちょうどいい暮らしが実現できるため検討の価値があるでしょう。

コラムのバックナンバー「小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り」でもご紹介したように、平屋を希望される施主の方は、ご自身の経験からも平屋と2階建のメリット・デメリットを考えておられるようです。平屋のメリット・デメリットは以下のコラムでも触れていますので興味のある方は参考にしてください。

小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り

 

平屋風の家の外観の特徴

イメージ

平屋風の家は、ほぼ平屋というだけあって、一見すると平屋に見えるのが特徴です。2階建ての様な見上げるような存在感にならない、落ち着いた佇まいのシルエットに収まります。特に玄関側からみた印象が、片流れや、大屋根といった勾配面の広い家にすると天井高が確保でき、おしゃれな平屋風の家になります。平屋風のフラットなつくりであれば天井高を確保してもスタイリッシュなフォルムにもしやすいのも魅力です。外観のポイントは、平屋のフラット感をいかしたシルエットにするか、もう少し2階建てに近い立体感のあるシルエットにするか、コンセプト決めが重要になります。

<参考>建築家とつくる憧れの暮らし~リビング編~

 

平屋と2階建てのいいとこどりの間取り

平屋の魅力は、地面とつながりのある落ち着いた安心感のある暮らしと、コンパクトな暮らし。そんな平屋に2階建てを少しプラスすると、1階は平屋ならではの広々としたリビングを確保して、2階にコンパクトな1~2部屋を確保する間取りが多くなります。天井高を確保して吹き抜けやロフト空間も確保すれば、おしゃれでより立体的で開放感のある空間づくりができます。なお、よりプライバシーを確保しやすい一角を希望する場合、2階の1部屋を仕事などで利用する場合はリビング階段なし吹き抜けなしの間取りも有効です。

ほぼ平屋のリビングの写真2階建てなのに平屋の暮らし(内観)

平屋の暮らしでもプライバシーを確保したかったり、子供部屋や来客用の部屋を別途確保したいときなどは、ちょっとした2階スペースが便利です。2階があれば万一の水害時などには垂直避難も可能にもなります。水回りに寝室が近かったり、一時的な夜勤や受験などで生活時間が他の家族と異なる場合などがあっても、フロアを分けた暮らしができると便利です。

 

平屋風の家のリビング、キッチンに愛犬が入りにくい間取りの工夫

ほぼ平屋の天窓などの採光の工夫

ほぼ平屋の住宅なら、愛犬たちが1階でのびのび暮らし、プライベート空間を2階にすれば、ペットの居住空間とも棲み分けもしやすい暮らしやすい家づくりができます。リビングとは段差を設けて、キッチンに愛犬が出入りしないようなしつけもしやすい間取りの工夫もできます。

建築家とつくる憧れの暮らし

ほぼ平屋のペットと暮らすリビングの写真<参考>建築家とつくる家、ペットと暮らす家(ナチュラルフレンチ)

たとえば、1階にはウッドデッキを設けて、リビングとの境界線をなくして広々とした空間づくりをしたり、ほぼ段差のないバリアフリーに近い空間づくりも、ほぼ平屋の魅力を生かしたおしゃれで人気の間取りです。水回りも1階に集中させることで、コンパクトな家事動線も維持できます。

 

ライフスタイルや家族構成の変化を見据えた家づくり

ほぼ平屋の2階建てのロフト

 

 

家づくりに完成はありません。暮らしが変われば、家が変わる。家が変われば、暮らしが変わる。私たちは、常に「今」と「これから」の間でゆっくりと変化し続けています。だったら家もゆるやかに変化し続けるのが自然です。

たとえば、平屋のフラットな暮らしにプラスして2階に子供部屋を配置すれば、子供が独立したあとも、これまでの1階を居住空間とした暮らしをベースに、2階は時々使う書斎などに活用できます。また、将来親御さんと同居をすることになったら、主寝室を2階に移動して、1階に親御さんの部屋を確保することで、水回りは1階のままで暮らすことができます。

このように用途を変えながら空間を有効活用できるのもちょっとだけ2階のほぼ平屋の家のメリットです。将来のライフスタイルの変化を見据えて、子供部屋は空き部屋にならないようなロフトにするといった工夫や、足腰の衰えなど年齢を重ねて変化していく老後の暮らしに対応しやすい、ほぼバリアフリーの家づくりができます。

このように平屋のような2階建ての家は、平屋と2階建ての良さをいいとこどりができる、おしゃれでちょうどいい家づくりが実現できるのです。

▼参考コラム
小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り
30坪の平屋の家を建てる 気になる価格と間取りのポイント
愛知でおしゃれな平屋をローコストに建てたい!デザイン注文住宅で実現する理想の住まい
愛知のデザイン注文住宅 平屋の建築実例 [ダイジェスト編]
建築家とつくるデザイン注文住宅の魅力【建築実例:愛知編】

 

まとめ

平屋風の家は、平屋の良さと、2階建て住宅の良さを兼ね備えた、おしゃれで魅力的な選択肢です。平屋ならではのフラットの空間づくりをメインにしつつ、プラスαとしてちょっとだけ2階、あるいは吹き抜けのあるロフトなどを設けておくことで、ペットとの暮らしや、子育てもしやすくなります。また、将来、子供が独立した後も、親御さんと同居をすることになった場合でも、家族構成やライフスタイルの変化にも柔軟に対応できます。災害への備えも含め、平屋と2階のいいとこどりが可能な、おしゃれでちょっとお得な家づくりができる、ほぼ平屋、平屋風の家という第三案を検討してみてはいかがでしょうか?

 

愛知・名古屋・豊橋で平屋風のちょうどいい家を建てるなら

人生を最高に楽しむ家づくりをお手伝いしたい。

ブルーハウスは、お客様の想い×理想の暮らしを実現するため、建築家のクリエイティブと、地元愛知の完全自由設計の工務店として培った確かな施工技術で、あなたな最高の注文住宅の家づくりをお手伝いします。

もちろん、耐震・断熱・気密・素材・耐久など機能性業界最強クラス最長60年保証を標準搭載、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。

お客様に満足していただけるように、資金計画や家づくりのご相談はファイナンシャルプランナー(FP)による資金計画の個人相談(60分無料)オンライン相談も実施しています。

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー

モデルハウス大募集!-最大200万円分のプレゼント!-