小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り

最近、小さな平屋での暮らしが人気を集めています。若い子育て世代から、働き盛りのデュアルライフ、シニア世代の終の棲家まで、シンプルでおしゃれ、コンパクトで無駄がない、ちょうどいい平屋の暮らしが世代を超えて支持されています。そんな平屋の間取りの工夫と平屋の注意点を解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

 

平屋が注目されている理由

平屋を支持している層は、ゆったりと老後を過ごしたいシニア世代、デュアルライフを志向する働き盛りの世代、家族といつも一緒に暮らしたい子育て世代、できるだけミニマルな暮らしをしたい人などのタイプがあります。

シニア世代には、平屋は階段の昇り降りがなく、体が動きにくくなったときも生活しやすい家ですし、子育て世代には、家族といつも一緒にいられる家として平屋に注目しているようです。

家事をできるだけ楽にしたいのは老後、子育て、共働きもみな同じ。最近は、無駄のないシンプルな暮らし、できるだけモノを持たないミニマルライフを志向する方からも平屋は人気です。

 

 

“施主様インタビュー”なぜ平屋を選んだのですか?

 

平屋を建てた施主の方に、なぜ平屋を選んだのか伺ったところ、以下のような意見を伺いました。

「私自身は2階建ての家で育ったのですが、子供が小さいうちは2階建てだと目が届かないことがありそうで、家事のこともあって私は新築するなら平屋がいいなと思っていました。子供は独立すれば夫婦2人ですので、老後の暮らしを考えてもやっぱり平屋だね、と話していたんです」

「実家が2階建てなのですが、あまりモノを増やしたくないと思っていたのと、親が歳をとり、特に片親になってからは、階段の昇り降りが億劫になってしまい、2階が物置のようになってしまったのです。だったら平屋で無駄なく暮らしたいと思うようになりました」

ご意見を伺った施主の方は、ご自身が2階建ての住宅で育ったこともあって、できるだけシンプルに暮らしたいという想いと、今の親御さんを見ていると自分たちの老後はコンパクトな平屋のほうがいいのかも、という想いがあるようですね。

 

小さな平屋のシンプルな形と間取り

平屋の施工事例

参考)建築家とつくるデザイン注文住宅の魅力【建築実例:愛知編】

 

では、そんなコンパクトな平屋の間取りはどのように考えればいいのか、考えてみましょう。

外観

屋根は片流れのガルバリウム鋼板でシンプルに仕上げてもらうという方法があります。雨どいも付けなければ、見た目もシンプルですし、メンテナンスも不要になります。

 

デッキ

平屋は、ワンフロアでデッキやテラスで外と繋がりやすい点が魅力ですが、一方で近隣からの視線を遮る工夫が必要です。できればコの字型、L字型にして、部屋の配置を工夫するなどして、採光・通風・プライバシーを確保するような工夫をするとよいでしょう。

 

LDK

小さな家だからこそ、リビングがはできるだけゆったりと開放感のある空間づくりをしたいものです。吹き抜けのようなロフトやスキップフロアを組み合わせるという方法もあります。3LDKの間取りであればゆったりと広めのリビングを確保できるかもしれません。

 

寝室

終の棲家であれば、寝室からウォークインクローゼットを経由して洗面所などの水回りに繋がる動線にするのもスムーズでおすすめです。洗濯物もすぐに収納できるし、寝室から着替えて出かけるにも、できるだけシンプルなほうがストレスがなく、片付けもしやすいのでよいですね。

 

子供部屋

子供部屋は子供が小さいうちはワンルームでも十分かもしれません。子供の成長にあわせて間仕切りは可動式にしたり、子供が独立したらまたワンルームに戻せば、書斎としても使えます。

平屋の間取りの工夫は、こちらも参考にしてください。

参考)おしゃれな平屋にする5つの視点、間取りのポイント!

 

平屋のメリットとデメリットのおさらい

注文住宅で家を新築する際に、ちょうどいい広さの家がいいなら、平屋ならではの暮らしやすさを優先することができます。

 

暮らしやすさとは、快適で心地よい暮らしができ、生活動線や家事動線がコンパクトでスムーズに動くことができることが大変重要です。段差も少なく、床も壁も少ないので、掃除が楽になるという面も見逃せません。

 

上層階分の天井、壁、柱、床などの建材も不要ですので、小さな平屋であれば、外壁や玄関、内装などのポイントとなる部分にこだわりの建材を使用することで、できるだけローコストに費用をおさえながらも安っぽくならないようにすることができます。

 

一方、小さい平屋の場合、坪単価(1坪当たりの建築費)は高めになります。平屋は延べ床面積と基礎や屋根などの面積の広さに直結しますので、どうしても坪単価は高くなるのですが、実際の建築費は総工費でみますので、坪単価の高さに惑わされないようにしましょう。

 

また、平屋は近隣の建物の影響を受けやすいので、採光、通風、プライバシーの確保には気を付けたいところです。平屋に向いた土地にちょうどいいサイズの家を建てるのが、末永く平屋で快適に暮らすためのポイントです。平屋に住みたい!という方は、土地探しもポイントになります。

 

 

小さな平屋の注意点

ちょうどいい大きさのコンパクトな平屋を建てる際には、部屋の狭さや収納の少なさが気になるところです。家族が増えて部屋が狭くなった、荷物が増えて収納が足りない、プライバシーを確保しにくい、水回りが集まっているので時間によっては込み合うといった悩みを多く聞きます。

小さめの平屋にするなら、あらかじめ増築を想定して、敷地に余裕をもって建てる、増築しやすい構造にしておく、という拡張性をもった工夫も検討したほうがよいかもしれません。設計段階で設計士や工務店とプランを検討しておくことをおすすめします。

参考)愛知のデザイン注文住宅 平屋の建築実例 [ダイジェスト編]

 

 

まとめ

最近、小さな平屋での暮らしが人気です。若い子育て世代から、働き盛りのデュアルライフ、シニア世代の終の棲家まで、シンプルでおしゃれ、コンパクトで無駄がない、ちょうどいい平屋の暮らしが世代を超えて支持されています。

平屋ならではの暮らしさすさが満喫できる、ちょうどいい家の暮らしは、できるだけ費用を抑えながらも、こだわりたい部分に予算を充てて、安っぽくならない家づくりができます。

周辺環境やプライバシーの観点からも、平屋で快適に暮らすには土地探しが重要です。その土地にあった平屋を建てることが、末永く快適に暮らせる平屋造りのポイントです。

 

愛知で平屋のデザイン注文住宅を建てるならブルーハウスにご相談ください

少しだけ背伸びした妥協のない最高の家づくり。建築家×BLUE HOUSEがお客様の想い+最高の家づくりデザインします。どんなにオシャレで生活動線が考えられた家でも性能が悪ければ意味がありません。耐震・断熱・気密・素材・耐久性。この要素を保証するのがBLUE HOUSEに任せて貰った使命。ずっと安心して暮らして頂くために業界最強クラス最長60年保証【BLUE HOUSEあんしん保証】をご用意しました。もちろんお客様に満足していただけるプライスでの家づくりをするために、しっかりとした資金計画を行いお客様にベストなプライスで家づくりを行います。家づくりに関するお問い合わせは、愛知で豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。様々なライフスタイルに応じた家づくりの参考になる無料カタログをご用意していますので、興味のある方はまずこちらからちょっと覗いてみてください。