平屋のおしゃれな外観デザイン実例|静岡・浜松で工務店と建てる和モダン・シンプルモダン・かわいい平屋

自然と一体になった平屋の外観デザイン

今、平屋の新築を検討している方の中には「おしゃれな外観デザインにこだわりたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

近年、新築は平屋の人気が高まっているといっても、実際に家を建てる土地ではまだまだ周りは2階建ての家ばかりなことも。

そんな周辺環境の中で「おしゃれだな」と思われる平屋を建てるには、

自分が暮らしたい家・好みや嗜好」と

地域・風土や周辺との調和

を両立することがとっても大切です。

今回は、そんな2つのポイントを見事に実現したブルーハウスの平屋の外観デザイン実例を特集します。かっこいいシンプルモダン、和モダン、カフェ風の可愛い平屋など様々なテーマのデザインを紹介しますので浜松市で平屋を建てたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

■平屋の外観をおしゃれに仕上げる3つのポイント
 ①周辺環境へ溶け込むデザイン
 ②イメージに合った材料・ディテール選び
 ③建物と庭・外構の調和
■おしゃれでモダンな平屋の外観実例4選
 ・白の塗り壁と自然素材が調和したシンプルモダンな平屋
 ・「個性」と「環境への調和」を両立した和モダンな平屋
 ・色・線・素材・植栽・全てが計算された和モダンの平屋
 ・カフェのような片流れ屋根のかわいい平屋
■まとめ

 

■平屋の外観をおしゃれに仕上げる3つのポイント

 

①周辺環境へ溶け込むデザイン

まず、家の外観を決めるときに考えて欲しいことは、土地の形状や周辺環境へも配慮したデザイン・コンセプトを選ぶことです。家を建てる土地は、建物が密集した地域や区画整理された住宅地や、1つ1つの敷地に個性がある自然の多い郊外など様々な条件があります。

長く愛せる住み心地の良い家は、敷地の条件や周辺環境を活かした外観や間取りづくりが最も重要です。

・敷地・周辺環境を活かした平屋の外観・間取りのコツ

難しい敷地でも工夫できるのが建築家とつくる家のメリットです。一見デメリットが多く見える土地でも、以下の点に気をつけて設計すれば快適な平屋が建てられます。ぜひ参考にしてください。

  • ・周辺の高い建物を考慮(眺望・日射・通風)
  • ・プライバシー・防犯への配慮
  • ・バランスのよい開口部
  • ・周囲の建物や自然との調和

 

②イメージに合った材料・ディテール選び

外観イメージを作り上げる1つ1つの要素にこだわることで、外観に与えたいイメージをよりはっきりと表現することができます。主な要素ごとにポイントをまとめてみます。

・おしゃれな平屋の窓の選び方

建築家とつくる憧れの暮らし

窓は外観の善し悪しを決める大きな要素の1つです。住宅の正面(ファザード)が美しいと思う家は、窓がバランス良く配置されています。最近は正面からの見えにくさを考慮してファザードの窓は少なく、小さくというデザインも多くなっています。

一方で、窓はもちろん見た目だけでなく採光、通風、眺望など住み心地の良さにも欠かせないため、外観、内観、住み心地のバランスを取りながら適切な位置に適切な大きさの窓を配置することが重要です。

 

・格子・ブラインド・袖壁でアクセントや統一感を出す
袖壁で日差しを適度にコントロールしたウッドデッキ

袖壁で日差しを適度にコントロールしたウッドデッキ

最近ではファザードには引き違い窓をできるだけ避け、ガラス面が広く綺麗に見えるFIX窓や滑り出し窓などで外観をスッキリ見せるデザインが人気です。

窓に格子ルーバーや外付けブラインドを設置すると、日射を遮りながら外観にも変化やシャープさを与えられます。

袖壁は窓の多い面の左右または片側の壁を伸ばして日除けにする手法です。朝日や西日を適度に遮れるだけでなく、外観の面でも奥行きが生まれます。

 

・すだれやターフで外観をデザイン

日除けとしてすだれやターフなどは施工費用的にも取り入れやすく外観のアクセントになりますよ。

 

・連窓を取り入れる

壁の一部や前面に同じ窓を連続させる「連窓」は、すっきりとしたモダンな印象や、開かれた家という印象を与えます。大きな窓を連続させると窓からの熱損失が多くなるので、屋根、壁、基礎の高い断熱性能や、冬場の窓からの日射取得を計算した設計が重要になります。

 

・平屋の外壁選びのポイント

・目地が目立たない素材を選ぶ

吹き付けやガルバリウム鋼板仕上げ、板張りなどは継ぎ目や目地が目立たずすっきり見える外壁の代表です。これらの外壁を使うと、シンプルな中にも高級感・丁寧な暮らしをイメージさせるような、一味違う印象になります。

また、木とガルバリウムを張り分ける外壁デザインも最近は人気があります。

 

・屋根デザインのポイント

・屋根の形状の決め方は?

片流れ屋根の平屋外観

平屋の屋根の形状は、切妻屋根や片流れ屋根、陸屋根、方形屋根などがあります。

例えば、片流れ屋根の平屋は天井の高い方を吹き抜けにしたり、小屋裏収納やロフトを儲けるなどの間取りがつくれます。希望する間取りによっても屋根の形状の選択肢が変わってくるため、設計者に希望の暮らしをしっかりと伝えることが大切です。

 

・軒裏、庇は外観に重要!

外観という点では、屋根の壁から飛び出した裏側に当たる「軒裏」や、「庇」のデザインもポイントになります。外観全体とのバランスや見え方を考えて色や素材にこだわるとより洗練された印象になります。

角度をつけて大きな庇のように仕上げた外壁

角度をつけて大きな庇のように仕上げた外壁。デッキとの相性も良い板張りで仕上げました。

 

③建物と庭・外構の調和

・外観に合ったアプローチや門扉を選ぶ

平屋のアプローチの実例

防犯やプライバシーの確保とともに、家とのコーディネートに配慮した一体感のあるデザインや素材を選びましょう。

玄関を道路に対して斜めにすると、通行人からは玄関が見えにくくなりプライバシーの確保に有効です。

 

・縁側やウッドデッキは使い方を想定しながら

ウッドデッキのある平屋

家と屋外をつなぐテラスやポーチ、伝統的な日本住宅の「縁側」や「軒下」など、住宅の内と外を繋げる中間の領域があると、「開かれた家」「親しみのある家」という印象ができます。また、室内から外を近くに感じやすくなり、住み心地の向上にもつながります。

デッキやテラスは外環境に触れる部分なのでメンテナンスやお手入れはどうするかも事前に決めておきましょう。

 

■おしゃれでモダンな平屋の外観実例

 

・白の塗り壁と自然素材が調和したシンプルモダンな平屋

真っ白な塗り壁と地面と平行に見える屋根形状がかっこいい、シンプルモダンな平屋の外観実例です。屋根をウッドデッキまで伸ばしたことでリビングへの日差しを適度に遮り、デッキの使いやすさも向上しています。

ファザードの窓は引き違い窓を避け、正方形で統一したことで特徴的な外観を作り上げています。軒裏や袖壁、ドアは木調の素材と色で統一し、ウッドデッキやアプローチの石材、芝生と相まってシャープすぎず柔らかさもある印象に仕上がっています。建物だけでなく庭や駐車場、門扉、アプローチ全てのバランスを考えて作られた外観デザインです。

 

施工事例:暮らしを楽しむ塗り壁の平屋

 

・「個性」と「環境への調和」を両立した和モダンな平屋 

自然と一体になった平屋の外観

敷地のすぐ近くの桜の木と見事に調和した外観デザイン。板張りとグレーのサイディング・塗り壁、3つの外壁を組み合わせたデザインは、見る角度によって様々な佇まいを見せます。

LDKと庭をつなぐL字のウッドデッキ

LDKと庭をつなげるL字型のウッドデッキは、外壁を目隠しにして室内が丸見えにならない配慮がされています。

ウッドデッキから見たLDK

ウッドデッキから見たLDK。サッシの薄い大きな窓効果でデッキと室内が一体化しているように見える

アプローチから見える面は同じサイズの窓を連続してすっきりとしたデザインに仕上げています。高い位置にあるため外から見えにくいメリットもあります。

モダンな美しさとプライバシーの確保を両立したファザードデザイン

モダンな美しさとプライバシーの確保を両立したファザードデザイン

アプローチは石材と間接照明で演出

アプローチは間接照明で石材の陰影を演出

 

・色・線・素材・植栽・全てが計算された和モダンの平屋

陸屋根の直線的でモダンな形状と、格子、ダークブルーの塗り壁、植栽で和を見事に表現した平屋の外観デザイン実例です。

ブルーグレーの塗り壁と木・緑・石の調和した和モダンの平屋

ブルーグレーの塗り壁と木・緑・石の調和した和モダンの平屋

小さな庭の中に自然を表現したような植栽は、LDKの窓からもよく見え、風景写真のように日々の暮らしに癒しを与えてくれます。

石や苔を組み合わせて自然を表現した植栽

石や苔を組み合わせて自然を表現した植栽

玄関を目隠しする縦格子の木製ルーバーは、プライバシーの確保と外壁色とのバランスを両立しています。

目隠しと和モダンの表現を両立する木製格子ルーバー

目隠しと和モダンの表現を両立する木製格子ルーバー

 

・カフェのようなかわいい片流れ屋根の平屋

隠れ家カフェのようなかわいい平屋

住宅街の隠れ家カフェのような、ナチュラルフレンチでまとめたかわいい平屋の実例です。片流れ屋根と陸屋根に近い屋根、2つの屋根を組み合わせ、さらに外壁も白い塗り壁と深い色の木の壁を組み合わせることでメリハリと奥行き感のある外観に仕上げています。植栽やターフも外観づくりに一役買っています。

建築家とつくる憧れの暮らし

ウッドデッキは外周の2辺を囲むように作り、様々な使い方ができます。デッキの端は袖壁を出して周囲から見えにくい設計になっています。

建物が隣接していない玄関の反対側は広い庭を取り、LDKの全面に掃き出し窓を大胆に配置。LDKと庭が一体となり、バーベキューや家キャンプなど様々な楽しみ方ができます。

小さな平屋のシンプルな暮らしを実現した家(平屋の外観)

 

■まとめ

平屋の外観デザインをおしゃれに仕上げるには、今回ご紹介した基本のポイントを抑えつつ、「何が好きか」「どんな暮らしをしたいか」「どんな家で毎日過ごしたいか」というイメージがとても大切です。そのイメージを細かなディテールにまで表現していくことで「かっこいい」「モダン」「かわいい」など全体として見たときのイメージが伝わる外観になります。

今回ご紹介した家以外にも平屋の外観デザインを見たい方は、ブルーハウスの平屋の施工事例集もぜひご覧下さい。

 

浜松で建築家と建てる平屋はブルーハウスにお任せください

ブルーハウスは、浜松市 / 湖西市 / 磐田市で100%自由設計の注文住宅を設計、施工しています。建築家・デザイナーとの連携で、お客様の求めるデザインの希望を叶える意匠設計を行います。

浜松市で完成見学会開催決定!2021年7月31日(土)・8月1日(日)・7日(土) ・8日(日) 4日間限定・完全個別でじっくり見学・ご相談いただけます。

<完全個別>完成見学会in浜松市 坪井インターからすぐ!

建築家とつくる家<design casa>の事例をもっと見る

建築家×工務店で建てる注文住宅のメリットを知る

浜松で自分たちらしい最高の家づくりをしたい。人生を最高に楽しむために、毎日が快適に暮らせる家づくりをしたい。そんなお客様の想いをかたちにしていくのが、私たちブルーハウスの仕事です。

家族のかたちや暮らし方はそれぞれ違います。だから、家だって1つひとつ違っていいはず。ブルーハウスは、お客様の想い×理想の暮らしを実現する家づくりを、建築家のクリエイティブと、完全自由設計の注文住宅を手掛けてきた工務店の確かな施工技術でお手伝いします

もちろん耐震・断熱・気密・素材・耐久など住宅性能も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。

オンライン相談やファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も実施中です。愛知での注文住宅の家づくりについて、各種お問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください

各種勉強会 受付中
後悔しないための家づくり勉強会

浜松で建築家×工務店とおしゃれな注文住宅を建てるなら

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー