平屋の間取りは南玄関が最適?日差し溢れる玄関周りの暮らし

南玄関の平屋

『玄関は南側がいいよ』と聞いたことはあるものの、本当に南に設置するかどうかはやはり迷うところ。南側は常に日差しが差し込む方角だからこそ、玄関よりもリビングを設置したい、と感じるかもしれません。特に平屋は1階部分しかないため、家の奥までしっかりと日差しが届く間取りにしたいですよね。

そこで今回は、平屋を建てることを検討している方、玄関の位置で悩んでいる方に参考にしていただきたい平屋の特徴や南玄関の間取りポイントについてご紹介します。これからの家づくりにぜひお役立てください。

<コラムのポイント>

・玄関の位置は、家を建てる上でとても重要です。家の特徴を理解した上で玄関の場所を決め、間取りを考えていくためのポイントをまとめました。

・どのような間取りにすれば土地の良さを活かすことができるのか、快適な住まいをつくることができるのか、施工業者としっかりと打ち合わせをしながら家づくりを進めていきましょう。

 

 

 

平屋暮らしのメリット・デメリット

南玄関の平屋

リビング、キッチン、寝室やバスルームなど生活に必要な空間全てが1フロアに収まる1階建ての家である『平屋』。1階建てとはいえ、天井を高く設計し開放感を持たせて自由度の高い家づくりをすることができるため、近年人気が高まっています。

 

平屋のメリット

平屋には以下のようなメリットがあります。

効率の良い生活動線

平屋は全てがワンフロアにあるため、生活動線が効率よく確保可能です。2階への上下移動がない分、掃除や洗濯も効率よくこなすことができます。水回りなど、部屋同士の距離が近いとより動線をコンパクトにできるため、どの部屋にもスムーズな移動が可能となります。

家族間のコミュニケーションが取りやすい

平屋は生活がワンフロアで完結するため家族が顔を合わせる機会が多く、コミュニケーションが取りやすい構造です。2階建てで玄関のそばに階段があると、子供が帰宅後すぐに2階の部屋に行ってしまいなかなか顔が見られないということがありますが、平屋であればそのような問題に悩まされることもありません。

自然を身近に感じることができる

平屋は全ての空間が屋外に出やすく、住む土地によっては窓から外の緑を取り込むことでより自然を身近に感じることができます。中庭のデザインや植栽にこだわることで、より自然豊かな暮らしを楽しむことができます。

安心安全の構造

構造上安定しているため地震の揺れに強く、壁面積が小さいため台風による被害を受けにくいといった特徴があります。また、災害の時などもすぐ外に避難できるため、もしもの時も安心の構造だといえるでしょう。

メンテナンス費用を抑えることができる

家を建てるとその後のメンテナンスにある程度の費用がかかってしまいますが、平屋は2階が無く外壁や屋根の修繕なども大がかりな足場を組む必要がありません。それによりコストも大幅に削減することができます。

平屋のデメリット

様々なメリットがある平屋ですが、一方で平屋ならではのデメリットもあります。

広い敷地が必要

平屋を建てる時には、2階建ての家を建てる時よりも広い土地面積が必要です。しかもただ広ければ良いというわけではなく、建築基準法により土地は用途地域が定められているため、建ぺい率を意識する必要があります。

プライバシーや防犯面での不安

1階建ての平屋は道路や隣家からの視線が届きやすい、屋外への出入口が多いことから防犯面が気になる、といった点はデメリットとなります。安心安全に暮らすためにも、プライバシーをどうやって守るのか、どのような防犯対策をするのかについて考えておく必要があります。

日当たりや風通し

隣家との距離が近い、大きなビルが建っている、といった周辺環境によっては日光や風が室内に届きにくくなります。特に家の中心部分は日差しが届きにくくなるため、中庭の設置や窓の位置を工夫するなどの検討が必要です。

南玄関の平屋

▶︎【施工事例】物語の家|シンプルモダン

 

 

【平屋】南玄関の特徴

南玄関の平屋

南向きの玄関の最大の特徴は、日当たりが良く家の中全体が明るくなる、温かい、という点です。風水的にも南向きの玄関は縁起が良いとされているため、あえて南玄関を選ぶ方もいらっしゃるほどです。また、南側に道路がある場合、まわりの建物に遮断されることはなく室内に日差しを届けることができます。

南玄関の平屋

▶︎【施工事例】自分らしく暮らす家|ナチュラルフレンチ

 

一方で、太陽が常に当たるため、夏場はとても暑くなり、直射日光により劣化しやすい、間取りによってはリビングが暗くなってしまう、といった点は気になるかもしれません。こういった特徴を理解した上で、間取りを決めていくようにしましょう。

参考記事:【愛知県・豊橋】平屋を目隠しする理由や方法・設置のポイント|実例も紹介

 

 

【平屋】南玄関の間取りポイント

南玄関の平屋

玄関の位置は、家を建てる上でとても重要です。特に平屋の場合、家の特徴を理解した上で玄関の場所を決め、間取りを考えていきましょう。

 

駐車スペースを考慮しておく

南に道路がある土地の場合、玄関と道路との間に距離を置くために南玄関を採用するケースが多くなり、駐車スペースが南側になります。この時、家ではなく駐車スペースが最も日当たりの良い場所になってしまったり、土地の形によってはリビングを南側に設置する意味がなかった…というほど日当たりが悪くなってしまうことも。

南玄関の平屋

▶︎【施工事例】おおらかに暮らす家|洗練されたグレートーン

こちらの平屋のように、駐車スペース側には玄関だけ設置するというシンプルなデザインにすることで、より洗練されたおしゃれな外観に仕上げることができます。

 

無理のない収納スペースを設置する

ファミリー層に人気の土間収納ですが、南玄関の場合、設置が難しくなることがあります。土間収納をつくることで南側のスペースは限られ、リビングやダイニングの日当たりが悪くなってしまうためです。土間収納は確かに便利ですが、ファミリークローゼットで代用するなど限りある土地を有効活用できる間取りを考えるようにしましょう。

 

南側リビングも諦めない工夫を

玄関だけでなく、やっぱりリビングも南側につくりたい…!そんな時は、間取りを工夫するのはもちろん外側からの工夫も施しましょう。南に道路があると気になるのはやはりプライバシーですが、柵やフェンスを設置することで視界を遮り、かつおしゃれな平屋にすることができます。

 

南玄関の平屋

▶︎【施工事例】なだらかに奏でる家|平屋

こちらの平屋のように、センスよくフェンスを設置してしまえばおしゃれさを損なうことはありません。

参考記事:おしゃれな玄関って何?一戸建て住宅におすすめの玄関の作り方を紹介!

 

 

明るく快適な平屋を建てるなら…

南玄関の平屋

平屋の間取りで南玄関にすることで家全体を常に明るく、かつ暖かい状態を保つことが可能となります。どのような間取りにすれば土地の良さを活かすことができるのか、快適な住まいをつくることができるのか、施工業者としっかりと打ち合わせをしながら家づくりを進めていくようにしましょう。

 

ブルーハウスは名古屋市・豊橋市を中心として愛知県内で自由なデザイン・間取りを実現する注文住宅を設計・施工する地域工務店です。

愛知エリアに密着した工務店であることを活かして、土地選びや資金計画などから家づくりのあらゆる工程に関わることで、住む場所や予算、その後の人生にとって最適な、世界にひとつのお客様一人ひとりにベストな家を提供することを最も大切にしています。

また、家のデザイン、プランニングには暮らし方への高い提案力を持ち、地域風土や敷地の条件に合わせた柔軟な設計ができる建築家による意匠設計を提供、地域の皆様の幸せに貢献します。

家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスの家づくりセミナー・オープンハウスにぜひご参加ください。


<関連コラム>

・おしゃれな玄関ホールにおすすめなアイテムとは・造る際のポイント|実例も紹介

・和風/モダンの豪華な平屋【建築実例】豪華に見せるポイントを解説

・和モダンのおしゃれな平屋|外観の実例集と内装や外構のポイント