愛知三河で建てる和モダンの家|注文住宅・平屋・二世帯住宅の建築実例

和モダンの家の外観 黒の外壁 洗練されたデザイン住宅最近、幅広い世代で和モダンの家の魅力が見直されています。和モダンは、日本の伝統デザインと洗練されたモダンデザインの融合による建築スタイルです。和風モダン、ジャパニーズモダンとも言われます。落ち着きのある中に洗練されたシャープなデザインが絶妙に調和した、大人かっこいい魅力があります。そこで今回は、愛知三河エリアで人気の地元工務店が建てる注文住宅の建築実例をご紹介します。ぜひ家づくりの参考してくださいね。

目次

 

今、三河で家を建てると、住宅ローン減税以上にお得になる制度があるって本当?

 

和モダン建築の魅力

和モダンの家の外観:白を基調に無垢材のコントラストが

和モダン(和風モダン、ジャパニーズモダン)建築とは、日本の伝統と海外のモダンスな建築様式を融合させた、どこか懐かしくも、静けさの中に爽やかな透明感もさも醸し出す洗練されたデザイン建築です。外観は黒・白などのモノトーンの壁や屋根、内観には無垢の木や漆喰、珪藻土などの自然素材をふんだんに使います。内装には、和紙、障子、襖、畳などの和のエッセンスを畳や障子、襖などの和テイストを空間に馴染ませ、畳や床に座る東洋の生活様式もとりいれた和洋折衷のデザイン住宅です。

施工実績>和モダンの二世帯住宅~親世帯、子世帯のこだわりを形にしてくださいました

外装・内装デザインの要素

ベースカラーは、落ち着きをもたらす黒と白、濃い目の茶色。アクセントカラーを合わせるなら、寒色系は、床の間に生け花をするように自然をイメージさせる緑色。暖色系では、明度や彩度を抑えた、柿色、山吹色、黄土色、鴬色、藍色、紺色などをワンポイントとして取り入れると馴染みやすくなります。

和モダンの空間づくりは、和洋のテイストの調和を図るバランスがポイント。外観と同様に、濃い目の茶色やダークカラーをベースカラーとしつつ、ロータイプのテーブルと、座面の低い椅子やソファなどを配置して、和のテイストを意識した間取りをイメージするとよいでしょう。照明器具など、和紙・竹などの自然素材を用いたシンプルなデザインのインテリアがあれば、洗練されたデザインの中に、和みをもたらす大人の空間づくりができます。

では、実際に和モダンの建築実例をみてみましょう。

 

外観の美しさ:黒壁・無垢材のコントラスト

黒の外観の平屋の和モダンの家:外観が三河の自然に溶け込む

事例として紹介する和モダン(ジャパニーズモダン)の家の外観は、黒・白などのモノトーンの外壁に無垢材など自然を感じさせる素材を組み合わせたシャープなデザインです。現代建築のシャープなフォルムに、落ち着きのある和の黒と茶、無垢材を組み合わせることでクールな印象を与えています。陸屋根を採用したことで、よりシンプルモダンに近いデザインテイストに仕上がっています。自然光や通風を考慮して片流れの屋根を採用したり、より和風テイストの切妻屋根などを採用する場合もあります。

 

 

魅惑の玄関づくり:茶室に誘う露地のようなエントランス

和モダンの家の玄関:エントランスの無垢の木が光と影を生み出す

玄関へと誘うアプローチは、まるで茶室へと誘う露地のイメージ。日常から非日常へと、ゆっくりと、ゆるやかに客人をいざないます。木の縦格子の回廊と移動することで、光と影のコントラストとリズムが生まれ、僅かな時の流れが、異空の世界との境界がゆるやかに溶けていきます。

 

和モダンの平屋の外観:植栽も盆栽のような侘び寂びを表現

黒の外壁とミニマムな植栽が日本の原風景にも溶け込む。盆栽のような侘び寂びの世界は、時空を超越した奥行を感じさせてくれます。

 

和モダンの家の玄関からの奥行のある廊下、琉球畳の小上がりも見える

そして、その先には、借景の窓。額縁で切り取られたような自然のアート。家の中から意識が外の世界へとつながり、客人をもてなしてくれます。

施工事例>建築家とつくる憧れの暮らし(ジャパニーズモダン)

和モダンの内装 白、無垢材、黒を基調に統一

 

現しの魅力:梁の迫力、幾何学的アート

和モダンの家のロフト 表しの無垢材が見事な存在感を演出和モダンの家は、古民家のような濃い茶色や無垢材の梁や柱をむきだしにする「現し(あらわし)」にして、その家本来の存在感の迫力を活かしたり、構造材の幾何学的なデザインをアートとして堪能することもできる空間づくりも魅力です。小屋裏など天井勾配を活かせば、ロフトなどの実用性も兼ね備えた魅力的な空間づくりができます。

 

和の空間づくり:小上がりの畳は変幻自在

小上がりの空間の事例:琉球畳に現しの梁和モダンに限らず日本の住宅で採用されることが多い、和室としても使える小上がり畳の空間。来客時には客間として使えるのはもちろん、障子や引き戸などを開ければ、リビングと一体になった広々とした空間として、家族の団らん、子供の遊び場、休憩スペースにもなる、日本の建築思想を活かした多目的スペースです。琉球畳を用いれば、洋室やフローリングなど洋風の空間ともなじみやすく、落ち着いた和でも洋でもない空間になります。

和モダンの家のキッチン:自然素材をふんだんに使いナチュラルに 

土間や縁側:自然とつながる暮らし

和モダンの玄関:土間からあがると格子の引き戸が美しい土間や縁側は、日本建築の魅力の1つです。夏の蒸し暑さをしのぐ知恵としても、自然と共に暮らす住まいのあり方としても学びの多い空間です。特に平屋なら、そのまま庭や畑に出ることができ、家族やご近所さんともコミュニケーションもとりやすい、歩くように暮らせる、外と内の境界線をあえて曖昧にする暮らしの智慧と遊び心あふれる空間づくりも可能です。

施工事例>シンプルモな和風モダンスタイルの家、二世帯住宅

 

 

ウッドデッキの愉しみ:昼はアクティブに、夜は静けさを

和モダンの家の屋上デッキ 星空も眺められる開放的な空間もしウッドデッキや屋上デッキがある家にするなら、たとえば、夜は静かに小上がりの畳のある窓辺で月を酒の肴に晩酌を愉しんだり、昼はアクティブ洗濯物や布団を干したり、子供や孫と遊んだり、アクティブにも大人の愉しみにも使える開放感のある暮らしが堪能できます。昼と夜と表情が一変する、太陽と月のような空間づくりができるのもデッキのある暮らしの魅力です。

 

まとめ

愛知・三河に建てる和モダン(ジャパニーズモダン)の注文住宅は、日本の伝統文化と海外のモダンデザインの建築が融合した、魅力的な家づくりができます。シンプルな黒い壁、無垢材をアクセントとして用いた洗練された外観は、三河の街にも、自然や田園風景にも溶け込みます。若い世代からシニア世代まで、幅広い世代から支持される、現代の和モダンの家は、二世帯住宅にも最適です。愛知・三河の街と自然に溶け込み、人の絆も育む理想の家づくりができることでしょう。

愛知・東三河(豊橋・豊川・蒲郡・新城・田原・設楽・東栄・豊根)で和モダンの注文住宅を建てるならブルーハウスにお任せください

落ち着きのある和モダンのデザイン住宅を建てたい。ありきたりでない、自分たちらしい最高の家づくりをしたい。そんなお客様の想いをかたちにしていくのが、ブルーハウスの仕事です。

家族のかたちや暮らし方はそれぞれ違います。だから、家だって1つひとつ違っていいはずです。

愛知・三河であなたのこれからのライフスタイルにあった家づくりを。

ブルーハウスは、お客様の想い×理想の暮らしを実現する家づくりを、建築家のクリエイティブと完全自由設計の注文住宅を手掛けてきた工務店の確かな技術でお手伝いします。

もちろん耐震・断熱・気密・素材・耐久など機能性も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。

愛知・三河で和モダンの注文住宅の家づくりについて、各種お問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください。オンライン相談会やファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も開催中です。

▼愛知・三河で家を建てると、住宅ローン減税よりお得になるって本当?

三河に建てる和モダンの家
BLUE HOUSE

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー

 

オンライン家づくり勉強会

完全個別勉強会『家カフェ』