【建築実例】ペットと暮らす家 間取りの工夫とアイディア

ペットと暮らす家ペットは家族の大切なパートナー。家を建てるなら家族の一員であるペットも快適に暮らせる家にしたいですよね。人とペットは心地いいこと、そうでないこと、危険なこと、それぞれ違ってきますので、お互いに安心して気持ちよく暮らせるような間取りや工夫が必要です。そこで今回はペットと暮らす家の間取りのアイディアをご紹介します。ぜひ家づくりの参考にしてくださいね。

目次

 

 

ペットと暮らす家の間取りの工夫

ペットは毎日の暮らしを共にする人生のパートナー。家族の一員ですので、人間と同じように快適に暮らせるように、掃除や散歩などのお世話はもちろん、外出する際のことも考慮することが必要です。家族構成が変わっても、年齢を重ねても一緒にいられるように、お互いに豊かな時間が過ごせるように丁寧に家づくりを検討していきましょう。

 

玄関は浴室やトイレへの動線も考慮

玄関は、たとえば、犬と暮らす場合、散歩がしやすいようにリードやハーネスをつけたり、足を拭くことができるようなスペースがあると便利です。散歩やケア用品を収納できる場所もまとめておくとよいですね。

さらにそのまま浴室やトイレに移動しやすい間取りにするとケアがしやすくなります。

玄関ホールは、ペットが急に飛び出したり、お客様に飛び掛かったりしないにように、ペットフェンスなどを設置できるような配慮しておくとよいでしょう。

シンプルな動線

洗面所やトイレは掃除のしやすさや換気をよくする

洗面所やトイレは、ペット用のトイレを置く場所として、掃除がしやすい素材の床材を使用し、余裕をもったスペースを確保し、換気もしやすいようにしておきましょう。

 

 

床材はすべりにくい素材を

ペットの生活場所の床は、肉球に負担がかからないようにペット用のコーティングをしたり、コルク材など柔らかめの素材のほうがペットの身体全体への負荷がかかりにくくなります。また、フローリングにワックスをかけるとすべりやすくなってしまいますので留意が必要です。

 

階段はゆるやかな傾斜で

階段は段差や傾斜にゆるやかにしたほうがペットの身体に負荷がかかりにくくなります。ペットは飛び降りることもありますので、段差が高かったり、傾斜が急な場合は足腰に負担がかかります。緩やかな階段することで、肉球への衝撃も抑えられますし、もちろん人間にとってもやさしい構造になります。

 

 

ペットと暮らす家の安全を考えよう

ペットを飼う住宅のうち、猫の場合で8割ほど、犬の場合で7割ほどが室内飼いです。特に共働き世帯で、ペットがお留守番をすることになるなら、ペットと人が安全に暮らせ、安心して家で過ごせるような安全対策がより重要となります。日常生活のなかで、家族が気を配るだけでなく、ちょっとした間取りの工夫やルールをつくることでお互いに快適に暮らせるようになります。

 

事故が起こりやすい浴室のドアは内開きに

ペットにとって浴室はもっとも事故が起こりやすい場所です。そのため気を付けたいこととして、浴室のドアは、内開きの扉にするなどして、ペットが自分で出入りできないようにしましょう。もちろん浴室のドアは必ず閉めておくことを徹底する必要があります。また、ペットが口にすると有害な石鹸やシャンプーなどは収納に入れられるようにしておくと安心です。洗濯に残り湯を使う場合は浴槽の蓋を必ず閉めておきましょう。

 

キッチンは独立型も検討したい

ペットがキチンに自由に出入りできる間取りは、ペットフェンスなどを設置してお互いに安全に暮らせるようにしましょう。ペットにとってもより安心で衛生面にも配慮するには、できれば扉のある独立型のキッチンがよいでしょう。

 参考事例)ペットと暮らすレトロなカフェ風の家

施工実績写真

可動式のペットフェンスを設置する

ペットと暮らす家の多くは、ペットフェンスを設置しています。玄関やキッチンに急に飛び出してきたり、ペットが出入りすると危ない場所や、触れると危険なストーブやペットに有害な植物がある、といった場合には、手軽に設置も移動もできるペットフェンスを設置することを想定して、間取りを検討する必要があります。

コンセントの位置は高めに

ペットと暮らす部屋のコンセントは、高めの位置にしておく必要があります。コードをかじったり、おしっこをかけてしまう場合もあるので、感電事故がおきないように、コンセントの位置を高くするか、コンセントやコードにカバーをかけられるようにしておきましょう。

 

ベランダやバルコニーの隙間に注意する

ベランダやバルコニーの目隠しに隙間がある場合もありますが、ほんの少しの隙間でも落下する危険がないように、パネル式の目隠しやラティスなどで落下防止対策を講じましょう。

 

ペットが食べられない植物を知っておく

室内や庭の植物を育てる際も、ペットが口にすると危険な植物には注意が必要です。たとえば、観葉植物のポトスは口に入れるだけで口内炎や吐き気をおこすことがあります。チューリップ、スイセン、スズラン、シクラメン、ポインセチアなどペットにとって有害な植物がありますので、ガーデニングや観葉植物を育てる際には気を付けてください。

 

 

 

ペットと暮らす家の間取りのアイディア

ペットと暮らすには、猫や犬などペットの体の特長や行動パターンを十分理解して間取りや素材を選ぶ必要があります。

 

 

猫と暮らす家の間取りのアイディアと建築実例

キャットウォークのある壁

自由気ままな猫は、室内でものびのび自由に動き回り、マイペースで暮らせるようにしてあげたいですよね。高いところ、ひなたぼっこ、隙間に入るのが好きで、清潔好きで、縄張りやプライバシーも気になるのが猫の特性です。

 

そんな猫との暮らしには、猫の健康のために上下運動ができる段差を確保する必要があります。また、見回りや気分転換のために猫窓・猫通路を動線に考慮し、窓辺のリラックススペースと爪とぎ場は習性上必要です。高いところが落ち着く猫には、キャットウォークが大人気です。安全や衛生面に考慮して、浴室などに入れないようにすることはもちろん、キッチンへの扉やスクリーンを設置も検討したほうがよいでしょう。

建築実例)大好きなものを詰め込んだ、ペットとの暮らしを楽しむ家

 

 

犬と暮らす家の間取りのアイディアと建築実例


犬は散歩が大好き。外を眺めるのも大好きです。群れで行動していたので人懐っこくさみしがりやでもあります。夏の暑さが苦手です。

 

そんな犬との暮らしには、犬の健康のために、散歩がしやすく入りしやすい玄関スペースと、外から散歩で帰っていて足を拭いたりグッズが収納できるスペースが玄関にあると便利です。見晴らし窓から外を眺めるのも大好きですので、犬の目線からの窓があると犬も好奇心がくすぐられることでしょう。犬の体重を肉球で支えていますので、床材は滑りにくいコルク材などの柔らかく滑りにくい素材のほうが犬の身体にやさしい家になります。キッチンには入れないようにペットフェンスの設置が必要です。

 

建築実例)建築家とつくる憧れの暮らし~ペットと暮らしを楽しむガレージハウス

 

 

ペットと快適に暮らすための留意点

ペットにもプライバシーが必要です。食事中はペットも興奮することがありますので、できるだけ邪魔をしないように子供の動線からも離れた場所、落ち着いて食事ができる壁際などに飲食やリラックスができる場所を確保しておきましょう。

 

また、ペットと快適に暮らすには、匂いやハウスダストなどの換気がしっかりできるようにすることが重要です。冷暖房で部屋を閉め切ることが多い場合は、換気がしっかりできるように留意してください。

 

 

まとめ

人生のパートナーとも言えるペットと暮らす家づくりには、ペットの健康と快適な暮らしができるように、様々な配慮が必要です。ペットの習性を十分理解して、間取りや設備、ちょっとしたルールづくりをすることで、大好きなペットとお互いに安全・安心に楽しく暮らせるように家づくりをしていきましょう。

参考までに、こちらのページに施主様インタビューなども掲載していますのでご覧ください。

 

愛知でおしゃれなペットと暮らす家を建てるなら

お客様にとって最高の家づくりを。私たちブルーハウスは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。「ペットと暮らす家家」に住みたいと考えるなら、豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。お気軽に名古屋デザインラウンジにお問合せくださいね。