注文住宅で4LDKの平屋を新築する 間取りと価格、留意点は?


4LDKの平屋は、部屋数も多めに確保でき、プライバシーの確保もしやすいので、子育て世代や仕事や趣味のスペースなどを確保したい方にも人気の間取りです。一方で、部屋数が多いので各部屋の広さが確保しにくくなったり、延床面積が広めになり生活動線が長くなりがちなので注意が必要です。そこで、今回は注文住宅で4LDKの平屋を新築する際の間取りを検討するポイント、価格と留意点をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

 

4LDKの平屋の坪数と価格

平屋の4LDKの場合、注文住宅で新築する際には30坪~40坪程度になることが多くなります。それ以上床面積が広くなると、動線も長くなり、暮らしにさや建築費や固定資産税の面からも割高感が出てくる場合があるのです。たとえば30坪で4LDKを建てる場合には、各部屋の広さは6畳程度確保すれば30~35坪程度となります。仮に平屋の平均的な坪単価60万円で計算すると、4LDKの平屋は30坪で1,800万円、35坪で2,100万円、40坪で2,400万円となります。なお、この試算はあくまでも目安となる概算で、坪単価や建築費は間取り、建材などによっても大きく変わりますのでご参考まで。

 

 

人気の4LDKの間取り【ライフスタイル別】

日本の住宅で4LDKは一般的な間取りですので、リビング、寝室、子供部屋1~2部屋、和室といったなじみのある間取りが多いため注文住宅で新築する際も比較的イメージもしやすいでしょう。そのため、平屋でも4LDKの間取りは、幅広い世代から支持されています。では、ライフスタイル別に4LDKの平屋の間取りの考え方を見ていきましょう。

 

子育て世代は子供部屋とゲストルームを確保

子育て世代の場合、子供が中高生になると、個室を考えることになるでしょう。子供が2人の場合は子供部屋として2部屋、夫婦の寝室、来客用の部屋として和室を希望される方も多いです。子供に会いに親御さんが来た際にも止まっていただけるゲストルームを確保することができます。

 

仕事や趣味の部屋を確保する

仕事部屋や趣味の部屋を確保したいという方も増えています。在宅ワークのスペースとしても、生活空間とは異なるオフィスとして使える場所があると便利です。リモートワークで会議ができたり、商品の在庫を置いたり、撮影スペースとしても、生活感を感じさせない一角が確保できるなど、それぞれがライフスタイルに応じて自分たちのための空間を確保して、快適に暮らしたいという方にも4LDKはお勧めの間取りです。

 

家族との同居や二世帯住宅

子供部屋の他に、親や介護が必要な家族のための部屋を確保する場合にも希望されることがあります。二世帯住宅といっても完全同居型ですので、分離型の二世帯住宅の様に建築費が増加することもなく、一般住宅として建築することができます。

 

民泊・シェアハウスに利用する

民泊やシェアハウスの運営を考える方は、1部屋ゲスト用の部屋を常に確保しておくことができます。自宅で暮らしながら家賃収入が得られるというメリットがあります。

 

 

4LDKの平屋の形

 

平屋の形は様々ですが、敷地の形状、家族構成、ライフスタイルに応じて、暮らしやすい配慮をするために、様々な形を選択していく必要があります。

I字型の平屋

いわゆる長方形のシンプルな形の平屋です。構造的にも安定感があり、一体感のある暮らしと自由度の高い設計が可能です。リビングを広く確保しやすく、壁が少ない空間がつくりやすくなります。生活動線をコンパクトにまとめやすいというメリットがあります。一方で、ひとつながりの空間になると音が響いたり、プライベートの空間を確保する工夫や、採光や風通しを良くするといった間取りの工夫が必要です。

 

L字型の平屋

建物がL字型に曲がった形になるため、プライベート空間とリビングなどの人の出入りが多い空間を分けやすいというメリットがあります。程よく周辺環境から閉じられながら開放感もあるのが特長です。一方で、I字型よりも若干建築費がかかりやすくなること、平屋に共通することですが、もちろん防犯面にも配慮した工夫が必要です。

コの字型の平屋

中庭を確保する場合に利用されることが多い形です。中庭を中心にガーデニングを楽しんだり、採光や通風を取り入れ、プライベート空間を確保しやすいといったメリットがあります。一方で、長方形の平屋よりも構造が複雑になりますので建築コストがかかり、中庭の水はけをしっかりできる排水工事などをする必要があります。

ロの字型の平屋

外部からは見えないプライベート空間として中庭を配置して、中庭を中心に家を回遊する間取りが楽しめます。また、中庭を通じて各部屋とつながることができます。一方で、中庭の水はけは注意が必要です。排水工事でしっかり水はけを確保し、落ち葉や泥が排水溝にたまらないようにメンテナンスをする必要があります。

 

連棟型の平屋

部屋の独立性を確保しながら複雑な形で繋がっている構造の平屋です。プライバシーを重視した間取りで、リズム感のある独特の空間づくりが可能となります。一方で、形が複雑になりますので、基礎や建物の施工などにかかる建築コストが高くなります。

 

 

4LDKの平屋の間取りを検討する際のポイント

 

4LDKの必要性を検討する

注文住宅で新築する際は、平屋ならではの快適な暮らしをするために、まず4LDKがちょうどよい間取りか確認してみましょう。

部屋数は多いほうが便利ではありますが、あらかじめあまり使わない部屋が増えることが想定されるなら、掃除の手間や動線も長くなり、固定資産税もかかりますので留意する必要があります。新築する際は、将来的な間取りの変更も想定して間取りを検討しておくことも重要です。

 

部屋数の変更を可能にする

子育て世代であれば、子供に目が届きやすい場所にいてほしいため壁はあまり多くないほうが望ましいでしょう。将来を見据えて子供部屋を2つ確保するより、当初は3LDKにしておいて、部屋の間仕切りや可動式の壁にすることで、切り替えができるようにしておくと便利です。設計時に設計士や工務店スタッフに相談しておくとよいでしょう。

 

収納スペースの確保

部屋数を確保する一方で、収納スペースの確保も重要です。居住者の数だけ収納するものが増加していきますので、平屋であればロフトを活用することで、空間に広がりを持たせることもできますので、使いやすい場所に配置するなどして、デッドスペースにならないように留意しましょう。

 

できるだけ水回りは1か所にまとめる

30坪程度の平屋の場合、1か所に水回りをまとめたほうが動線もスムーズで施工やメンテナンスもしやすいのでおすすめです。2階建てであれば、最近は2階にもトイレがあることが多くなりましたが、平屋の場合は、生活時間が異なる二世帯住宅や、シェアハウスのような活用を想定する場合は、特に動線を慎重に検討したほうがよいでしょう。

 

 

まとめ

4LDKは、日本の一般的な住宅の間取りでもあり、子供部屋を確保したうえで、仕事や趣味のスペースを確保したり、来客・民泊・シェアハウスなどに活用する選択肢もあります。注文住宅で新築するなら、ライフスタイルの変化に応じて、長く快適に暮らせる間取り、自由でそれぞれの時間を楽しめる間取り、来客の多いにぎやかな暮らしができる間取り、といった様々なライフスタイルに対応できるのが4LDKの間取りと言えます。一方で、4LDKの平屋は家族構成が変化して、使わなくなる部屋がでてきたり、床面積が広くなると割高感がでてきます。30~35坪程度のコンパクトな平屋は、4LDKの暮らしがしやすい間取りです。敷地などにも余裕があれば、40坪程度のゆったりとしたスペースを確保でき、拡張性の高い間取りが可能な家づくりができるでしょう。

 

愛知で注文住宅を建てるならブルーハウスにご相談ください

私たちブルーハウスは、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。愛知でデザイン性と機能性を兼ね備えた自然素材の家づくりを検討されている方は、豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にご相談ください。