ナチュラルで温かみのある家づくり|ポイントと建築実例まとめ|名古屋

alt=”ナチュラルな家建築実例”

 

天然の素材や質感を活かした、優しい雰囲気が特徴のナチュラルな家。レトロな雰囲気やカフェのような空間など、工夫次第でナチュラルさを活かしながら様々なテイストに仕上げることができます。

家づくりを始めるなら、家族みんながくつろぐことができる、温かみのあるナチュラルな家にしたいですよね。今回は、ナチュラルな家をつくるポイントを、実例を交えながらご紹介します。

 


コラムのポイント

・ナチュラルな家を建てる時は、素材やトーンの統一、自然素材を使ったトータルバランス、シンプルな色使いなどの工夫を凝らしましょう。

・一生に一度の家づくりですから、自分たちの希望はしっかりと詰め込んで、建築実例を参考にしながら温かさあふれる自然素材の家づくりを始めましょう。


 

 

 

ナチュラルな家づくりのポイント

alt=”ナチュラルな家建築実例”

無垢材や漆喰、珪藻土、タイルなど自然の素材が映えるナチュラルな家。間取りやデザインを決めていく時、意識しながら計画を立てたいポイントをみてみましょう。

 

木の素材とトーンを統一する

無垢材といっても、ダークカラーの木肌があれば明るい木肌もあり、様々な色とトーンがあります。ナチュラルな家を建てる場合、明るい木肌のものを選ぶと良いでしょう。ダークカラーも落ち着いていて素敵ですが、明るい色味の方がよりナチュラル感が際立ちます。つくりたい雰囲気に合わせて、木の色とトーンを選びましょう。

自然素材をたっぷりと使用する

コンクリートや鉄板のような硬く重厚な雰囲気は、ナチュラルな家には合いません。極力、無垢材や漆喰、珪藻土、タイルのような自然素材を使うようにしましょう。金属の素材を使うことは極力控え、メリハリをつけたい部分、ナチュラルな素材感をより引き立てたい場所に使うと良いでしょう。

玄関のドアやテラス、床板、壁などに天然素材をたっぷりと用いることで、より温かみのある空間にすることができます。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

造作家具でトータルバランスをとる

床材や壁板、天井などこだわり抜いてナチュラルな雰囲気に仕上げた場所に、既製品で売られているナチュラル感の少ない家具を置いてしまうと、せっかくのこだわりが台無しになってしまいます。予算を検討した上で、可能であれば造作家具をつくるようにしましょう。

造作家具とは、部屋に合わせてつくられた造り付けの家具のことです。雰囲気を損なわない造作家具なら、よりナチュラルな雰囲気にすることができます。

シンプルな色使いにする

原色や派手な色ではなく、シンプルな色で内装をつくりあげましょう。ベージュやブラウン、ライトグリーン、ライトグレー、ホワイトといったシンプルな色は主張することなく空間に溶け込みます。リラックスできる落ち着いた空間に仕上げるためには、シンプルな色選びは欠かせません。

少し物足りない…という時は、目立つ色のクッションや小物などを選ぶのがおすすめです。ナチュラルな雰囲気を損なうことなく、メリハリをつけることができます。

 

 

 

 

ナチュラルな家の建築実例

ブルーハウスが手がけたナチュラルな家をご紹介します。

 

無垢とタイルを使ったナチュラルな家

alt=”ナチュラルな家建築実例”

男女問わず人気のナチュラルな家は、優しさのある柔らかいデザインが特徴です。優しい雰囲気に包まれながら、家族と過ごす休日をのんびりと過ごせそうですね。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

色もサイズも豊富にあるタイルは、自分たちらしさをつくるには格好の素材です。タイルは汚れが目立ちにくく、変色や変質する恐れもほとんどありません。さっと拭き取るだけで汚れが落ちるほど、お手入れはとても簡単です。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

もちろん丈夫で劣化もしにくく、長く使い続けることができます。素材に有害な化学物質が使われていないため、家族の健康を考えても安心です。

色やサイズなどバリエーション豊富なので、自分たちで柄を考えたり、色のグラデーションをつくってみたりしても楽しそうですね。洗面台やキッチンの壁など、使用できる部分はたくさんあるため、らしさを活かした世界に一つだけのデザインにしたい!という方にはぴったりです。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

▶︎この家をもっと見てみる

 

 

 

真っ白な漆喰の壁がかわいい家

alt=”ナチュラルな家建築実例”

『無機質な真っ白』ではなく、『温かみのある真っ白』が印象的なこちらのお家。壁には漆喰や珪藻土が使われています。消石灰に糊などを加え、水で練ってつくられた漆喰は、呼吸する壁と言われています。湿度が高い時期は湿気を吸収し、湿度が低い時期時期は湿気を吐き出し、快適な湿度を保ってくれます。また、ホルムアルデヒドを吸着するため、シックハウス症候群のや対策にも有効です。

alt=”ナチュラルな家建築実例”
フラットな壁だけでなく、あえて凹凸をつけた壁にすることで表情が生まれ、より温かみのある雰囲気にすることができます。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

自然素材を使った小物をインテリアとして飾るのもおすすめです。雰囲気が統一され、よりおしゃれさが際立ちます。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

▶︎この家をもっと見てみる

 

 

フェのような落ち着く家

alt=”ナチュラルな家建築実例”

家にいるのに、カフェでくつろいでいるかのような気分で過ごせるこちらのお家。コーヒーの香りが漂い、音楽が今にも聞こえてきそうです。ナチュラルな家とカフェは相性抜群。素材の優しさを、そのままくつろぎに変えることができます。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

カフェのような雰囲気のナチュラルな家にする場合、木材にこだわるのがポイントです。木目が美しく落ち着きのある色合いのもの、節の数、板目など木材にも様々なものがあります。傷がつきやすかったり変色しやすかったりするため、使用箇所に合わせてぴったりのものを選ぶと良いでしょう。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

木材の魅力はなんといっても、時間をかけて育てていくことができる点です。自然と色が変色するのを楽しむだけでなく、蜜蝋ワックスやオイルを塗って好みの色にすることもできます。自分たちが建てたからこそできる、家との向き合い方、家との楽しみ方ではないでしょう。

alt=”ナチュラルな家建築実例”

▶︎この家をもっと見てみる

 

 

 

 

温かさあふれる家づくりを始めよう

alt=”ナチュラルな家建築実例”

ナチュラルな家をみていると、このデザイン真似したい!こんな間取りにしたい!と夢が広がりますよね。一生に一度の家づくりですから、希望はしっかりと詰め込んで、温かさあふれる世界に一つだけの家を建てていきましょう!

 

快適な家をつくること。家族が笑顔で過ごせる家をつくること。

同じように見える建物であっても、建物に込められている想いは、ひとつひとつ違います。形のないものを表現することは、とても難しいことです。ブルーハウスでは、どんな小さな声も住宅という形にするお手伝いをしています。こうなったらいいな!などの声をぜひお気軽にご相談ください。

耐震・断熱・気密・素材・耐久など住宅性能も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。オンライン相談やファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も実施中です。

家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスの家づくりセミナーにぜひご参加ください。