豊橋・田原でサーファーズハウスを建てたい!おしゃれな外観、玄関、間取りの事例

サーファーズハウスDoliveシリーズの外観

豊橋・田原エリアは日本有数のサーフィンスポット。自然と共に暮らすサーファーの家は、大好きな海と暮らしをつないでくれる特別な存在です。そんなサーファーならではの自由な家づくりができるのが注文住宅のサーファーズハウスです。そこで今回は、豊橋・田原のサーファーズハウスの外観、玄関、間取りのポイントと、サーフィンのある暮らしを実現されている方のインタビューをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

 

豊橋・田原のサーフィンのある暮らし

サーフィン世界大会のステージとなった太平洋ロングビーチの夕暮れ愛知の東三河エリア豊橋・田原の伊良湖岬から静岡浜松の御前崎は、全国でも有数のサーフィンスポット。サーフィンは東京オリンピックの新種目に採用され、田原市は「サーフタウン構想」を発表、「サーフィンのワールドカップ」といわれる世界的な国際大会「2018 URBAN RESEARCH ISA WORLD SURFING GAMES」も開催されました。豊橋市の「豊橋市長杯サーフィン大会」もプロサーファー荻原健太氏らが中心となりNSA(日本サーフィン連盟)公式大会として認定されるなど、豊橋・田原エリアは、サーフィンのある暮らしを次世代の街づくりに生かす注目の取り組みが始まっています

シンプルでおしゃれなサーファーズ注文住宅が1,000万円台で実現できる「Dolive」シリーズの資料請求はこちら

 

サーファーズハウスとは?

サーファーズハウスの外観 カバードポーチからシャワールームにも直行できる間取り

そんな愛知の豊橋・田原で家族とサーフィンがある暮らしを楽しみたい!という方には、サーファーズハウスがおすすめです。

ブルーハウスのサーファーズハウスの事例(自然素材の家)

サーファーズハウスは、アメリカ西海岸のカリフォルニアの海沿いに立っているようなサーフィンを楽しむ暮らしができる一戸建て住宅のこと。カバードポートと呼ばれる南側の屋根がついたデッキがあるのが特徴で、カジュアルで居心地の良いスローライフを楽しめる空間づくりが実現できます。また、自転車、バイク、車などのアウトドアの趣味を楽しみたい人にも人気です。

 

注文住宅で建てるサーファーズハウスの外観、玄関、間取りのポイント!

それでは、サーファーの家づくりのポイントについて立地、外観、玄関、間取りなどをポイントをそれぞれみていきましょう。

 

海とつながる玄関と土間~シャワールームに直行の動線

玄関土間はタイル張りでサーフボードが収納できシャワールームにも直行できる間取り

サーファーズハウスの特徴は、海とつながる暮らしを実現すること。波のコンディションを見て海に出かける、海から帰ってきてシャワーをすぐに浴びられるなど、理想的には屋外のシャワーや玄関周りにサーフボード置き場があるといいですね。

水回りはできるだけ1か所にまとめるのが予算的もリーズナブルになります。玄関を土間にしてサーフボード置き場にしたり、玄関からシャワールームに直行できる間取りにすれば、海とつながるシンプルな動線にすることができます。

屋外シャワーの事例 ペットの散歩帰りに足を拭いたりするにも便利

 

サーフボード置き場やウエットスーツを干す場所の確保~カバードポーチやデッキ

カバードポーチの施工事例 ウエットスーツを干しやすくサーフボードのメンテナンスもしやすい

ウエットスーツを干す場所は、雨がかかりにくく風通しがいいデッキのスペースを確保したいところです。サーフボードのメンテナンスができる広い空間も必要です。いずれも陰干しが必要ですので、屋根がついたデッキが望ましいでしょう。ウッドデッキが外観に馴染みます。バーベキューなども楽しみたい方には、デッキ周りはモルタルやタイルなどの素材を選ぶという選択肢もあります。

サーフボードのメンテナンスもしやすいカバードポーチは、日差しを遮り風の通りも良い快適な空間。

▼ブルーハウスのサーファーズハウスの事例(自然素材の家)と、Doliveシリーズはこちら

 

波のコンディションが見える広い窓

海が見える広いまどから波のコンディションがチェックできる 刻々と変わる海の表情も一日中眺めていたい

波のコンディションを確かめられるように海側にできれば広めの窓を確保したいですよね。2階やロフトがあれば階段やリビングの吹き抜けのある空間から、刻々と表情を変える水平線をいつでも眺めることができます。

 

海沿いの家のカジュアル&リラックスの空間づくりとインテリア

サーファーズハウスのリビングの事例 インテリアも参考になります
マリンテイストのカジュアルな吹き抜けとリビング階段のある開放的で居心地のいい空間。自然素材をふんだんに使って、潮風も通る涼しげな空間になりました。たしかに、屋外では潮風で洗濯物が乾きにくいこともあります。自転車や車もさびやすくメンテナンスが重要です。でも、このような海に近いという個性を十分理解したうえで、自分たちの理想のライフスタイルを実現できる暮らしを選択すれば、その土地にあった家づくり、自分たちらしい注文住宅の家づくりがきっとできるはずです。サーファーズハウスは、海と暮らしをつなぐ独特の動線の家づくりが必要です。おしゃれなインテリアが似合う空間づくりや、自分たちのライフスタイルにあった自由度の高い家づくりをするには、サーファーズハウスの家づくりの実績のある地元の工務店に相談することをおすすめします。

シンプルでおしゃれなサーファーズ注文住宅が1,000万万円台で実現できる「Dolive」シリーズの資料請求はこちら

 

サーフィンがしたくて豊橋・田原暮らしをはじめました~インタビュー編~

サーフィンが大好きな家族の暮らしができる海沿いの高台にあるサーファーズハウズの外観参考までに愛知県田原市が発行する「サーフィンとたはら暮らし」には、県内・全国から移住してきたサーフィンが大好きな家族の暮らしが紹介されていますのでご紹介します。

 

子供と一緒に、サーフィンを楽しむ暮らし

ペットも出入りがしやすいサーファーズハウスの玄関まわりの事例

愛知県田原市が発行する「サーフィンとたはら暮らし」には、12年前に北海道から豊田に就職し、10年前に田原に移住したAさんは、「北海道で生まれ、豊田市に就職してからサーフィンを始めました。10年程田原の海に毎週通っていましたので、豊橋に住んで土地を探して今の場所に家を建てました。今では仕事の前後に、気軽に海に入ることができるようになりました。朝は息子と一緒に6時半くらいまで海に入り、夕方は帰宅後、真っ暗になるまで海に入っています。今は両親も呼び寄せて、一緒に住んでいます。住んでからさらに田原市が好きになりました。」とコメントしています。

朝4時から海に入り、そのまま出勤して、夕方帰宅後また暗くなるまで海に入っているとは本当にサーフィンが生活の一部になっているのですね!

では、奥様からみて、このようなサーフィンな暮らしはどのように感じているのでしょうか?

 

奥様からみた豊橋・田原暮らしの本音編

奥様からみた豊橋・田原暮らしの本音を聞いてみました~口コミ情報~

先ほどの旦那様のインタビューと同様に、「サーフィンとたはら暮らし」には奥様へのインタビューも掲載されていましたので、以下に一部をご紹介します。

Aさん「私は名古屋出身なのですが、初めて来たときに、あまりどんな場所かもよくわからず心配もありました。でも、もの凄く景色が良くて南国のような雰囲気に癒されました。ちょっとしたリゾート地のような雰囲気が大好きですね。」

Bさん「私は豊川出身なのですが、こちらに来て野菜がこんなにおいしいんだということを知りました(笑)。わざわざ遠くに行かなくても、蔵王山でハイキングをしたり、海や山を楽しめるのもいいですね!」

Cさん「私は豊田出身で田原に暮らして12年になりますが、子供が伸び伸び育つ子育てがしやすい環境があるので安心です。」

なるほど、皆さん自然との暮らしを満喫されているようですね。子育てしやすい環境もうれしいとことろ。また、豊橋が発行するミニコミ誌には「豊橋・田原は女性のサーファーも多くてうれしいです」というコメントもありました。年齢性別によらず豊橋・田原の海は移住者をあたたかく受け入れてくれているようですね。

シンプルでおしゃれなサーファーズ注文住宅が1,000万円台で実現できる「Dolive」シリーズの資料請求はこちら

 

(参考)豊橋・田原市の移住制度と海に近い立地の選び方

自治体の移住支援制度

豊橋市、田原市には、移住を支援する制度があります。ぜひ参考にしてくださいね。

豊橋市の移住支援制度
田原市の移住支援制度

海に近い立地の選び方

田原市の恋路ヶ浜 東西に広がる約2キロメートルの美しい砂浜サーファーズハウスに限らず、注文住宅の家づくりは、その土地にあった家づくりをするのが基本です。豊橋・田原は、渥美半島に沿って東西に太平洋に面した遠州灘が主なサーフポイント。伊良湖エリアの潮見坂から田原のロングビーチまで50キロにもわたる絶好のサーフスポットが点在しています。豊橋を起点に東西に延びる国道23号から42号線沿いの近辺が海に近い立地が確保しやすいエリアです。南側にカバードポーチ(屋根がついたデッキ等)が確保できるように、スクエアな敷地が確保できるとよいですね。

<関連コラム>
豊橋のおしゃれな注文住宅の建築実例~自然を楽しむデザイン住宅、ガレージハウス
愛知の30坪の注文住宅でシンプルな暮らし|相場と間取りのポイントは?
小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り
愛知の小さな平屋でシンプルな暮らし|建築実例にみる平屋の間取りのポイント

 

まとめ

サーファーズハウスは、海に近い立地の選定から、サーフィンが生活の一部になるような家づくりの工夫が必要です。大好きな海に近い暮らしを選ぶなら、海風や塩害などの影響があることもその土地の個性と考え、家族と海との暮らしを満喫できる家づくりしていきましょう。特に、玄関まわりの間取りや素材選びは、サーフィンのある暮らしの動線が中心になります。サーフィンのある暮らし独特の注文住宅の家づくりは、豊橋・田原でサーファーズハウスの建築実績のある地元の工務店に相談することをおすすめします。

愛知の豊橋・田原でサーファーズハウスを建てるならブルーハウスにご相談ください

早起きしたくなる家、サーファーズハウス。アメリカ西海岸の“URBAN” “SURF” “NATURAL”をコンセプトに、愛知の都会と自然を楽しむライフスタイルを持つ人々に向けたシンプルでおしゃれなサーファーズ注文住宅1,000万万円台で実現できる「Dolive」シリーズについて、詳しくは名古屋デザインラウンジ豊橋ショールームにお問い合わせください。

資金計画のファイナンシャルプランナーによる個人相談(60分無料)オンライン相談会も実施中です。住宅ローン減税が13年に延長になった今、2020年9月末までがご契約の期限です。この機会をお見逃しなく!

ブルーハウスの家づくりがすべてわかるカタログを無料でプレゼントしています。また、Doliveシリーズなどの資料請求もこちらからお申込みください