リビングテラスで優雅な時間を|実例集やテラスづくりのポイント解説

夜のアウトドアリビングの様子

「気軽に外に出て、屋外の開放的な空間を楽しめる家が理想的」という方にぴったりなのが、リビングテラス。

最近では、在宅ワークの普及などで家にいる時間が増えている人が多い中、”プライベートな野外空間で自然を感じられる家”の需要も高まっています。

そこで今回は、リビングテラスを設けようかと検討中の方に向けて、リビングテラスのメリット・デメリットリビングテラスをつくる際に気をつけたいポイントをまとめて紹介します。

こちらのコラムを通して、理想のライフスタイルを叶えるためにリビングテラスは本当に必要なのか?ということや、失敗しないためのテラスづくりのポイントを学んでみましょう。

<コラムのポイント>

・ワンランクアップした優雅な暮らしが叶うリビングテラスですが、いくつかあるデメリットもしっかりと理解したうえで、リビングテラスにするかどうかを判断しましょう。

・せっかくのリビングテラスも、居心地の良い場所にできなければ後悔が残ってしまうでしょう。理想のテラスづくりのために、抑えておくべき重要なポイントを学んでおきましょう。

 

リビングテラスとは?

海外風のリビングテラス

リビングテラスとは、リビングから外へ直接つながっている先にテラスを設けた間取りのことをいいます。

テラスと似た言葉で「バルコニー」とはどう違うのか?と疑問に思う方もいるかもしれません。言葉の概念上の違いとしては、テラスは「建物の外に張り出していてる、リビングの延長として利用される場所」で、バルコニーは「2階以上の室外に張り出した手すり付きの台」を指しています。

リビングテラスは、リビングからつながる造りになっているため、通常は1階に設けられることが多いですが、日当たりや間取りの都合で2階をLDKにする場合は、2階に設けられることも。

 

リビングテラスの魅力・メリット

ジャクジー付きのアウトドアリビング

まずは、リビングテラスを設けるメリットについて、代表的な4つのポイントに絞ってお話します。

 

・気軽に屋外空間へ出られる

リビングテラスの最大のメリットは、気軽に外へ出られる空間が手に入ること。

リビングという快適な屋内空間と開放的なテラスの屋外空間を同時に楽しめる点が、リビングテラスの醍醐味です。また、リビングから見える景色が道路や建物よりも、おしゃれなテラスのほうが家で過ごす時間も気分がグッと上がります。

 

・アウトドアリビングにもできる

テラスはある程度の広さがあり、リビングの延長上としても利用できるため、屋外リビングにすることもできます。

テーブルと椅子を揃えて食事ができるようにしたり、本格的にアウトドアリビングとして利用したい場合はテラスを拡大して生活空間として整えるのもおすすめ。

 

・子どもやペットの遊び場にできる

プライベートな空間で、子どもやペットを外で遊ばせることができるのも嬉しいポイント。

忙しくて犬の散歩へ行けなかったり、家事をしながら子どもを外で遊ばせたいときには、リビングテラスなら目に届く範囲で安全に過ごしてもらうことができますよね。

 

・アウトドアや趣味が楽しめる

アウトドアや屋外でおこなう趣味があるの方にもぜひおすすめしたいのが、リビングテラスのある家。

パッと思いついたときに家族でBBQをしたり、お子さんが小さい場合は週末にプールを楽しんだり、DIYが趣味の方にも気軽に屋外に出られる環境のあるリビングテラスはぴったり。

 

リビングテラスのデメリット

自然豊かな雰囲気のLDK

つづいては、リビングテラスにすることで生じるデメリットについてみていきましょう。

 

・建築コストがかかる

リビングテラスを設けない場合と比べて、建築コストがかかってしまうというデメリットがあります。

かかる費用は、テラスの広さや屋根をつけるかつけないか、またテラスの材質によっても変わってきます。リビングテラスを設ける場合も予算内に建築費用が収まるかどうかを確認し、事前によく予算計画をしておきましょう。

 

・間取りの自由度が下がる場合も

リビングテラスを設けると、その分の生活空間が削られてしまうため、場合によっては理想の間取りが実現できないことも。

部屋数や部屋の広さをしっかりと確保したい場合は、テラスの面積を小さめにするなど、優先順位を考えて間取りを決めていくと後悔のない家づくりができるでしょう。

 

リビングテラスをつくる際のポイント

BBQが楽しめるアウトドアリビング

ここからは、リビングテラスを設ける際に抑えておきたいポイントを3つお話しします。

 

・段差をなくして大空間に

おすすめは、リビングとテラスの間に段差をなくした造りにすること。

段差をつけてしまうと「ここからがリビングで、ここからがテラス」といったように、自然なつながりが感じられにくくなってしまいます。段差をなくしてフラットにすることで、リビング+テラスがまるで一つの部屋であるかのように感じられて、開放的な大空間を演出することができますよ。

 

・周囲の環境に応じて目隠し対策を

せっかくテラスを設けるなら、完全プライベートな空間でゆっくりとくつろぎたいですよね。そのためには、周囲の環境に合わせて目隠し対策をしておくことが大切。

隣家の視線が気になる場合は、テラス周りの壁を高くしたり、植木をして視線を遮る工夫をしてみましょう。

 

・好みに応じてテラスの材質を決める

テラスの材質選びは、空間の雰囲気やお手入れ方法、建築費用にかかわってくる重要なポイントです。

テラスに使用される材質としては、木材、タイル、石材などがあります。たとえば、木材でウッドデッキにすれば自然のぬくもり溢れる優しい空間に、タイルにするとスタイリッシュなおしゃれさが出ます。メンテナンスに関しては、木材だと雨に濡れると腐ってしまうリスクがありますが、タイルや石などはそういった心配がありません。

 

おしゃれなリビングテラスの家【実例】

最後に、ブルーハウスがお届けするおしゃれなリビングテラスの住宅実例を紹介します。

 

・実例①

シンプルで広々としたLDK

こちらは、白と木材の色味でシンプルにまとめたお家です。あえて柱を見せたデザインがとってもおしゃれ。

建築家と建てるおしゃれなガレージハウス

リビングのすぐ真横には、コンクリートのテラスが。上には屋根が付いているので、雨の日でも気軽に屋外空間が楽しめますね。

愛知で建築家と建てるガレージハウス(建築実例)

ハンモックでお昼寝をしたり週末は優雅に朝食をとったり、贅沢なライフスタイルが叶う家に。

▶︎この家の実例写真はこちら

 

・実例②

北欧風のLDK

白とブルーでまとめて、爽やかで上品な雰囲気が魅力のお家。

アウトドアリビング×プライベートテラス

外に出ると、おしゃれなアウトドアリビングが。家具もきちんと取り揃えられているので、屋外で仕事をしたり友人を招いて食事を楽しんだりできますね。

▶︎この家の実例写真はこちら

 

・実例③

海の前に建つ家

海の近くに佇む、絶景が眺められる家。景観を楽しむために2階にLDKを設けた間取りに。

インテリアがおしゃれなリビング

まさに”南国”や”海”といったワードが似合う内装に。海の音を聞きながらまったりと過ごせそうなリビングです。

海の見える見晴らしのよいテラス

外に出ると、ウッドデッキのテラスが。海を眺めながらコーヒーでも飲んでまったり。誰もが羨むような、素敵なライフスタイルが想像できますね。

▶︎この家の実例写真はこちら

 

愛知・豊橋でリビングテラスのある家を建てるなら

こちらのコラムでは、リビングテラスのメリット・デメリットやテラスづくりの注意点などをまとめて紹介しました。

デメリット対策として予算計画や間取りの計画をきちんとしておけば、リビングテラスで後悔することはないでしょう。理想の生活を叶えるために、ぜひこちらのコラムのポイントを抑えたうえでリビングテラスの家づくりをはじめてみましょう。

ブルーハウスでは愛知・豊橋エリアにおいて、アウトドアリビングやリビングテラスのある家を数多く手掛けております。家づくりのリサーチを始めたばかりの方や、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスのブルーハウスの家づくりセミナー・オープンハウスにぜひご参加ください。

お客様が理想のマイホームを実現することができるよう、最適なご提案・サポートをさせていただきます。

豊橋で暮らしを楽しむ!平屋コートハウスで体感ください

ブルーハウスは2021年、豊橋市に平屋コートハウスをオープンしました。ブルーハウスの家づくりをもっと知りたい方、住み心地を体感したい方、デザインを詳しく見てみたい方は、ぜひお気軽にご来場ください。

豊橋平屋モデルハウス(中庭のある家)

「建築家とつくる家」施工事例カタログプレゼント

「建築家とつくる家」施工事例コンセプトBOOKや、建築家の詳しいプロフィールを紹介したシートを無料でお送りします。豊橋でこだわりの家づくりをお考えの方はお気軽に「資料請求・問い合わせ」ボタンからご請求ください。

建築家とつくる家カタログイメージ建築家紹介シートイメージ

愛知で建築家と人生を最高に楽しむ家づくりをするなら

ブルーハウス

カタログ請求・お問い合わせ

見学会・セミナー