塗り壁の外壁っておしゃれ!|メリット・デメリットと施工例を紹介

グレーの塗り壁のシンプルな家

マイホームの外壁材にはどのようなことを求めますか?

 

・デザイン性

・メンテナンス性

・耐久性

 

さまざまな観点がありますよね。

 

どれも大切ですがその中でもデザイン性を優先したいなら、ぜひ塗り壁の外壁を検討してみましょう。

 

塗り壁はシンプルですが、他の外壁材にはない味のある雰囲気を出すことができます。

また、モダン・洋風・和風・シンプルなど様々なテイストとマッチする点も特徴です。

 

今回は、塗り壁のメリット・デメリットと、塗り壁を採用したおしゃれな外観の施工例を紹介します。

 

<コラムのポイント>

・塗り壁の外壁のメリット・デメリットを説明しています。

・デメリットに対する対策を解説しています。

・塗り壁を採用した建物の施工例を紹介しています。 

 

 

塗り壁の外壁とは?​

洋風の可愛らしい塗り壁の家

塗り壁は昔から日本の建物に使われている外壁材です。

 

一般的な塗り壁は、モルタルで作った下地の上から、職人が手作業で塗料を塗り上げて完成させます。

 

表面に塗られる塗料には、土や石灰をベースとしたものが使われます。

いずれも自然素材のため、環境に優しいです。

 

また、最近ではジョリパットという砂をベースにした塗料が、多く採用されています。

ジョリパットはアイカ工業の商品で、カラーバリエーションが多く耐久性が高い点が特徴です。

 

通常の塗り壁と同じくコテなどで塗る施工方法の他に、スプレーで吹き付ける手法もあります。

 

塗り壁は他の外壁材と違い、職人の手作業の部分が多いです。

オリジナリティのある外観に仕上げたい方にはぴったりな外壁材でしょう。

 

<合わせて読みたい>

・【住宅仕様】塗り壁について

     ​

塗り壁の外壁のメリット

​塗り壁の外壁のメリットをお伝えします。

 

さまざまな塗り方で味のある風合いを楽しめる​

手仕上げの塗り壁の模様

塗り壁の外壁は味のある風合いが楽しめます。

土や砂などの自然素材をベースとしているため、柔らかな雰囲気でどのようなテイストの建物にも馴染みます。

 

また、塗り壁は凹凸のない壁をイメージしている方がいるかもしれません。

しかし、実際には職人の塗り方によって、表面の見栄えは大きく変わります。

 

代表的な塗り方のパターンを紹介します。

 

ランダムウェーブ コテを使ってランダムにウェーブ模様をつける
櫛引き仕上げ 自然な横ラインの模様をつける
扇仕上げ コテを滑らせて扇状に模様をつける
スパニッシュ コテの角ばった部分で模様をつける
フラット 模様や凹凸を残さない仕上げ
ローラー仕上げ スポンジのローラーを転がして模様をつける

 

採用したいテイストに合ったパターンを決めてください。

 

同じ仕上げ方法でもパターンの細かさや道具の違いによって、仕上がりは大きく異なります。

施工する職人さんによって、違った味が出るのも楽しみの1つでしょう。

 

カラーバリエーションが豊富​

マーブルカラーを採用した塗り壁の外観

塗り壁は白系の外壁をイメージする方が多いかもしれませんが、実はカラーバリエーションが豊富な外壁材です。

 

表面の塗料はベースとなる素材に顔料を混ぜ合わせて作るため、さまざなカラーを作り出すことができます。

ちなみにジョリパットでは、約150色の中から選択が可能です。

 

そのため、自分の好みに合ったカラーを見つけることができるでしょう。

 

外壁の色を決めるときは、必ず屋外でカラーサンプルをチェックしてください。

なぜなら、照明と太陽光では色の見え方が大きく異なるからです。

 

白い塗り壁の外観

上の写真の建物も、日陰と日向では色の見え方が大きく変わりますよね。

照明と太陽光も同じくらい差が出ます。

 

気に入ったカラーと仕上げ方を選んで、オリジナリティのある外観のマイホームを作りましょう。

 

外壁同士の継ぎ目がない

継ぎ目のないきれいな塗り壁の外観

塗り壁は外壁同士の継ぎ目がありません。

なぜなら、塗り壁は外壁をつなぎ合わせて施工するのでなく、​職人が塗料を塗って仕上げるからです。

 

サイディングなどの外壁材は、シーリング材を使って継ぎ目を埋める必要があります。

上の画像はサイディング外壁ですが、右の方に外壁同士の継ぎ目があります。

新築時は外壁と近い色なのであまり気にならないかもしれませんが、数年経つと汚れも目立ってくるでしょう。

 

塗り壁の外壁は、外観のデザイン性を損ねる継ぎ目がないため、とても美しく感じます。

特に建物の正面に広い壁がある場合は、継ぎ目のない塗り壁がおすすめです。

 

塗り壁の外壁のデメリットと対策​

モロッコ感じさせる塗り壁の外観

塗り壁の外壁のデメリットと対策を紹介します。

 

汚れが付きやすく目立ちやすい​

塗り壁は細かな凹凸が多いため、その部分に砂ぼこりや排気ガスなどの汚れが溜まります。

また、窓枠に砂ぼこりなどが溜まった状態のときに雨が降ると、雨だれができることもあります。

 

北側などの湿気が溜まりにくい空間には、コケが生えることもあるでしょう。

 

しかし、これらの汚れはどのような外壁にも付着します。

そのため、塗り壁だけが汚れが付きやすいのではありません。

 

塗り壁は単色で仕上げることが多いため、他の外壁材と比べて汚れが目立ちやすいと言えるでしょう。

 

対策は、表面にセルフクリーニング機能を持った塗料を施工することです。

親水性のある塗料を塗ることで、雨が汚れの下に入り込んで一緒に流してくれます。

 

そして、1番大切なのはこまめにお手入れをすることです。

定期的に塗り壁を水で流したり、窓の水切り部分を掃除することで、長い間きれいな塗り壁を保つことができます。

 

ただし、高圧洗浄機は塗り壁の劣化につながりますので、できれば使用は避けたいです。

どうしても使いたいときは、壁から距離を離したり圧を弱めるなどの工夫をしましょう。

 

割れてヒビが入りやすい​

塗り壁の外壁は割れてヒビが入りやすい点がデメリットです。

目地がなく外壁が一体化しているため、外壁伸縮しにくく地震の揺れなどに耐えにくいことが理由として挙げられます。

 

サイディングなどの外壁材は、外壁同士の間を伸縮性のあるシーリング材で埋めています。

そのため、多少の揺れや伸縮に耐えることができるため、簡単にヒビ割れることはありません。

 

ヒビが入った外壁は見栄えも悪いですし、大きなヒビや割れができると雨水が侵入する可能性もあります。

 

対策は、定期的に外壁の割れをチェックすることです。

なぜなら、軽いヒビ割れである「ヘアークラック」なら、簡単に補修ができるからです。

 

たとえ小さな地震でも、地震後は必ず外壁の割れを確認してください。

早めの対応ができていれば、大規模な補修は必要ないケースも多いです。

 

職人の腕によって仕上がりが左右されやすい​

塗り壁の外壁は、職人の腕によって仕上がりが大きく異なります。

 

なぜなら、サイディングやタイルは既製品を施工しますが、塗り壁は既製品ではなく職人の塗装によって完成させるからです。

 

経験が少ない職人の場合、思った通りの仕上がりにならないことがあります。

また、施工完了まで完成形が見えないため、「イメージと違った」ということも起こりやすいでしょう。

 

塗り壁の外壁を採用する場合は、実績のある住宅会社や職人さんにお願いするようにしてください。

仕上げのパターンや色についても、納得するまで綿密な打ち合わせを重ねてくださいね。

 

塗り壁の外壁を採用した家の施工例​

塗り壁の外壁を採用した、おしゃれな外観の家の施工事例を紹介します。

 

2色の塗り壁のコントラストが素敵な外観

2色の塗り壁のコントラストが素敵な外観です。

白の塗り壁の上に、グレーの壁と黒のサッシ枠が浮き上がるように見えます。

シンプルな仕上げの塗り壁なので、木目の外壁も際立って素敵です。

 

塗り壁の柔らかな雰囲気とアーチがマッチした外観

真っ白な外壁は冷たい印象を与えることもありますが、塗り壁にすることで優しい雰囲気を与えることができます。

塗り壁の柔らかいさとアーチがマッチした、可愛らしい外観です。

 

異素材をミックスさせた外観

白の塗り壁とサイディングなど、全部で3種類の外壁を組み合わせた建物です。

塗り壁は主張が激しくない外壁材のため、さまざまな外壁材との組み合わせを楽しむことができます。

 

ベージュの塗り壁を施工した南欧風の建物

塗り壁は洋風の可愛らしい建物との相性もぴったりです。

淡いクリーム色の塗り壁と、柔らかい暖色をミックスさせた瓦を採用することで、南欧風のおしゃれな建物に仕上がりました。

まとめ​

塗り壁はどんなテイストにも合わせやすい、オリジナリティのある外壁です。

色や塗り方の選択肢が多いので、自分の好みに合うものを検討してみてください。

 

ただし、塗り壁の外壁はこまめなお手入れが必要になります。

水で流して掃除をしたり、定期的にヒビ割れのチェックをすることを心がけましょう。

 

手をかけてメンテナンスをした分、建物に愛着が湧きますし、建物自体もきれいな状態を保つことができます。

何十年住み続けても、美しいと思えるようなマイホームを建ててくださいね。

 

豊橋市で注文住宅を手がけるブルーハウスからのメッセージ

ブルーハウスは、豊橋市で100%オーダーメイド・完全自由設計の注文住宅の設計施工、建築家デザインと快適性、住みやすさを両立した家づくりをしています。

 

  • ・デザインも性能も叶えて、長く快適に経済負担の少なく住める家をつくっています。
  • ・ブルーハウスは、高気密高断熱住宅にこだわっています。(現在HEAT20G2グレードを中心に建築。全棟気密測定(C値測定)を実施)
  • ・無垢材や塗り壁など、自然の素材を使った家づくりが得意です。
  • ・土地探しからも始められて、建てたい家や住みたい地域、住みたい環境から適した土地をお探しします。

 

愛知に住む人、豊橋に住む人を家づくりで幸せにする。「人生を最高に楽しむ家」をつくることを目指して家づくりをしています。

 

<合わせて読みたい>ブルーハウスの家の性能や標準仕様を詳しく紹介しています。

ブルーハウスの家づくり|住宅仕様・性能

 

豊橋で暮らしを楽しむ!平屋コートハウスで体感ください

ブルーハウスは2021年、豊橋市に平屋コートハウスをオープンしました。ブルーハウスの家づくりをもっと知りたい方、住み心地を体感したい方、デザインを詳しく見てみたい方は、ぜひお気軽にご来場ください。

豊橋平屋モデルハウス(中庭のある家)

「建築家とつくる家」施工事例カタログプレゼント

「建築家とつくる家」施工事例コンセプトBOOKや、建築家の詳しいプロフィールを紹介したシートを無料でお送りします。豊橋でこだわりの家づくりをお考えの方はお気軽に「資料請求・問い合わせ」ボタンからご請求ください。

建築家とつくる家カタログイメージ建築家紹介シートイメージ

愛知で建築家と人生を最高に楽しむ家づくりをするなら

ブルーハウス

カタログ請求・お問い合わせ

見学会・セミナー