カウンターキッチンのメリット・デメリット|活用アイディアもご紹介

カウンターキッチンのメリット・デメリット

マイホームづくりにおいて、「どのようなキッチンにするか」は多くの人がこだわりたいポイントの一つではないでしょうか。

今回は、さまざまなタイプのキッチンがある中で、機能性もデザイン性も高く人気の『カウンターキッチン』についてご紹介します。

「カウンターキッチンはオシャレで気になるけれど、どんなメリットやデメリットがあるのか知りたい」という方は、ぜひ参考にお役立てください。

<コラムのポイント>

・人気の高い「カウンターキッチン」の種類、メリット・デメリットなどの基礎知識を学びましょう。
・オシャレなだけじゃない!カウンターキッチンのさまざまな「活用アイディア」もご紹介します。

 

カウンターキッチンとは?

横並びダイニングテーブル兼カウンター仕様のおしゃれな「キッチン×ダイニング」スタイル

▶︎この家をもっと見てみる

カウンターキッチンとは、「キッチンとリビング・ダイニングの間にカウンターが設置されている」形式のものをいいます。「対面式キッチン」などと呼ばれることもあり、人気のキッチンタイプのひとつです。

一方でカウンターキッチンには、いくつかのタイプがあります。以下では、代表的な2つのタイプを見ていきましょう。

 

カウンターキッチンのタイプ

カウンターキッチンには、セミオープン式とオープン式の2つのタイプがあります。

 

・セミオープン式キッチン

セミオープンキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

セミオープン式とは、キッチンとリビング・ダイニングの間で、一部が仕切られているタイプのキッチンです。空間が完全に繋がっているわけではなく、キッチンの一部分が柱や壁、吊り棚などで仕切られています。

「独立したキッチンにすると、リビングにいる子どもの様子が分からずに不安。だけど、リビングからキッチンが丸見えになるのは嫌だ」という方にはおすすめのタイプです。

 

・オープン式キッチン

カウンターキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

オープン式キッチンは、キッチンとリビング・ダイニングが全く仕切られていないタイプのキッチンです。

空間を遮るものがないため開放感が生まれ、料理中でも部屋全体の様子を見回すことができます。一方で、リビングやダイニングからもキッチンが丸見えになるため、「キッチンは常にキレイにしておかなければ」という意識に駆られることも。

 

 

カウンターキッチンのメリット

カウンターキッチンのメリットを、大きく3つご紹介します。

 

・開放感が生まれる

オープンキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

カウンターキッチンにすると、キッチンとリビング・ダイニングに一体感が生まれ、部屋全体に開放感が感じられます。オープン式にして吊り棚も設置しないタイプにすると、部屋がより広々と見えます。

吊り棚がない分、収納スペースが減ってしまうので、収納スペースが足りない場合はキッチンの背面にある壁側に収納棚を取り付けるなどしましょう。

 

・部屋を見渡せて子育ても安心

オープンキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

カウンターキッチンはキッチンから部屋全体が見渡せるため、とくに子育て世代に人気があります。

キッチンから子どもがリビングで遊ぶ様子を見守りながら料理できるなど、安心感のある空間づくりが叶います。

また、リビングのテレビを見ながら料理をしたり、家族が帰宅した際にも気がつきやすくなります。

 

・コミュニケーションが取りやすい

カウンターキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

家を見渡せる空間であることから、家族とコミュニケーションがしやすいこともメリットのひとつです。

独立したキッチンだと、お互いが何をやっているのかが見えづらい一方で、カウンターキッチンにすると常に顔を合わせることができるため、家族同士の会話も弾みます。

夕飯作りを手伝って欲しいときなど、リビングにいる家族へ気軽に声を掛けることもできます。

 

カウンターキッチンのデメリットと対策

カウンターキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

つづいては、カウンターキッチンのデメリットを3つ見ていきましょう。

 

・煙やにおいが広がりやすい

キッチンとリビング・ダイニングがつながることで、料理中の煙やにおいが部屋全体に広がりやすくなってしまいます

気になる場合は、高性能の換気扇を取り付けて換気性を高めたり、コンロの前に壁を作ってセミオープン式にするなど対策をしましょう。

 

・リビングからキッチンが丸見えに

キッチンから子どもの様子が伺えるというメリットがある一方で、逆にリビングからもキッチンがよく見えるつくりになっています

家族だけで過ごす場合はそこまで気になりませんが、来客が来た際に、「リビングからキッチン丸見えだと嫌だ」という人もいるでしょう。そのような場合には、壁や吊り棚などで一部を仕切ったりするなど工夫をしてみましょう。

 

・思ったより有効活用できない

おしゃれなカウンターキッチンに憧れて取り入れてみたものの、あまりメリットが感じられない、上手く有効活用できないという声もよく聞きます。

カウンターキッチンの魅力を最大限引き出すために、以下ではおすすめの活用アイディアをご紹介します。

 

カウンターキッチンの活用アイディア

カウンターキッチンは、アイディア次第でさまざまな使い方ができます。

 

・カウンターチェアを置いてオシャレに

カウンターキッチン

▶︎この家をもっと見てみる

カウンターキッチンのテーブル部分に『カウンターチェア』を置いてみましょう。

カウンターチェアを置くだけで、一気におしゃれなバーのような空間に様変わりします。ペンダントライトの照明器具と合わせれば、よりおしゃれな雰囲気に。

 

・インテリアや調味料の飾り棚として

スタイリッシュな空間活用レイアウト~キッチン造作カウンター兼ダイニングテーブル

カウンターキッチン周りに調味料やインテリアを置いて、飾り棚として利用することもできます。

調味料が入ったオシャレな瓶を並べてみたり、小物や植物を飾ったりして可愛らしいカフェ風のキッチンに見せることもできます。

 

・収納棚を取り付けて省スペースに

カウンターキッチンを省スペースに

▶︎この家をもっと見てみる

キッチンカウンターのリビング・ダイニング側に収納棚を取り付けると、省スペースとしても利用することができます。

食器やキッチン用品など、キッチン周りは何かと収納量が多くなりがちですが、カウンターキッチンにすると、工夫次第でたっぷり収納スペースを確保することができます。

 

カウンターキッチンのある家を建てるなら

モダンテイストでおしゃれな横並びダイニング兼カウンターキッチン

いかがでしたか?カウンターキッチンは、オシャレな見た目だけではなく、開放感のある空間になったり、子育てがしやすいなどのメリットがたくさんあります。デメリットも事前に対策をしておけば、後々後悔することはないでしょう。活用アイディアも豊富にあるため、理想のライフスタイルに合わせた”あなただけのカウンターキッチン”のあるお家づくりを叶えましょう。

ブルーハウスでは、さまざまなタイプのカウンターキッチンを取り入れた住宅の実績が、豊富にございます。家づくりのリサーチを始めたばかりの方、まず何から始めたら良いか分からない方は、ブルーハウスのブルーハウスの家づくりセミナー・オープンハウスにぜひご参加ください。

 

建築家とつくるナチュラルモダンの家・オープンハウスを開催します!

豊橋市のオープンハウス

豊橋市で「建築家が描くガルバリウムのスクエアな家」の完成見学会を開催します!

ブルーブラックのガルバリウムと無垢材のレッドシダーを組み合わせたナチュラルモダンな外観を実際に目で見て質感などを確かめられます。間取りや内装とのバランスも考えられた、住みやすくデザイン性も高い建築家と建てた家をこの機会にぜひ体感してくださいね。

豊橋平屋モデルハウス見学会

大好評の豊橋平屋モデルハウスも見学ご予約受付中です!貴重な夜のモデルハウスが見られるイベントも開催します!ナイトツアーご希望の方は下記のバナーからお申し込みください。

豊橋平屋モデルハウスナイトツアー