名古屋でナチュラルに暮らせる注文住宅|本当に自然な家の3つの条件とは

自然素材を使用した光あふれるリビング

家が私たちに果たす大きな役割は、「外環境から身体の安全を守る」こと。

それと同時に、「心に安らぎを与えてくれる」ことです。家があるから、安心して日々の活動ができる。自分らしくいられる。そんな「帰る場所」にふさわしい住環境づくりは、家づくりの基本であると考えています。

ブルーハウスは、みなさんが生きていく上で大切にする考え方を体現した家づくりを心がけています。

今回は、「ナチュラルな暮らし」をテーマに、本当に住む人と地球にとってやさしい家づくりを実現するポイントについてお話したいと思います。

エコで1年中快適な家。アレルギーの心配をせず安心して暮らせる家。自然を感じて共存し暮らせる家づくりをされたい方の参考となれば幸いです。

目次

ナチュラルな家・暮らしの考え方
人にやさしい住環境をつくる自然素材
自然を利用したパッシブデザインを取り入れる
自然を家の一部にする
まとめ

 

ナチュラルな家・暮らしの考え方

北欧風のインテリアのあるリビング

ナチュラルな暮らしの考え方は、人それぞれ異なると思いますが、私たちは、家に住む「私たち人間」と、「家を建てる場所」つまり「環境」の両方に対して配慮されている暮らしではないかと考えます。

 

人にやさしい住環境をつくる自然素材

無垢フローリングに代表される、木の特性を活かした建材を使った家は、住む人の心と身体の健康に良い影響をもたらします。実際に古い寺社や木造建築の中で心が落ち着くという体験をした人も多いと思います。

表面だけでなく内部まですべてが一枚の本物の木でできた無垢材には、天然の調湿作用があります。木が放つ香りにもリラックス効果があります。ただ、無垢材はその分、気温や湿度で変形しやすいという特性ももちます。

「無垢はお手入れが面倒」と思う方は、実際に住んでからのために、無垢材の特徴や仕上げ方法(塗装)に応じた正しいお手入れを知っていただいた上で選択していただきたいと思います。

無垢材をはじめとした天然素材の詳しい特徴やメンテナンスについては、こちらの記事を参考にしてくださいね。

コラム「自然素材&無垢の家を建てたい!メリット・デメリットとポイントを解説

コラム「名古屋で木の家を建てたい!自然素材を活かした注文住宅の魅力

 

次は実際に、ブルーハウスで自然素材を家に取り入れて住んだ人の声をご紹介します。

実例1.夏涼しく冬暖かい快適な無垢フローリング

無垢材を使用したフローリング

「フローリングは無垢材を使用していて、「年月が経つと木の風合いで味が出て、新築時とはまた違った表情になる」とスタッフさんに聞いてから、スリッパを履くのをやめて裸足で床を歩くようになりました。無垢のフローリングは夏は涼しく、冬は暖かいのでギリギリまでエアコンをつけずに過ごすことができます。」

住宅で取り入れやすい漆喰、珪藻土など自然由来の主成分を使った建材もおすすめです。

漆喰で仕上げた内装

こちらのおうちでは、室内にも漆喰を使用しています。漆喰は壁紙(ビニールクロス)と比べて耐久性が高く、調湿、消臭効果、耐火性にも優れた自然素材です。塗った直後から時間をかけて乾燥し硬化していくため、その耐久性は100年とも言われています。

施工例:「カントリー風の家/自然素材の家

 

自然を利用したパッシブデザインを取り入れる

自然な家のもう一つの大切な要素は、「自然の力を利用してエネルギー消費量を抑えながら快適な住環境をつくる」ことです。こうした家づくりの考え方をパッシブデザインと呼びます。エアコンやヒーターなどの空調設備に頼りきりではなく、家の設計を工夫して風や光、熱をつかまえる、または遮るようにすることで電力や燃料などの消費量を減らします。

パッシブデザインを取り入れた家は、住む人と環境の両方に対してやさしいという特徴があります。季節ごとの自然を感じながら上手に利用して暮らしてきた昔の人たちの知恵を活かして、健康的かつ快適な住環境を実現します。

また、エアコンなど設備に使うエネルギーを削減することで、CO2の排出量も少なくなり、家に住むことで環境に与える影響をできるだけ抑えることができます。

自然の力とは太陽の光や熱、風などのエネルギーのことです。自然の力を上手に利用するためには、その地域の気候や土地の季節ごとの日射などを理解する必要があります。

パッシブデザインは、空調設備を多く使用する夏と冬それぞれに対応した工夫をします。

 

夏のパッシブデザイン…日射遮蔽と自然風の利用

深い庇によって日差しを遮る、窓ガラスを遮熱仕様にするなど、窓から入る日射を防ぐことがもっとも効果的です。

庇が強い日差しを遮ってくれます

また、夏の自然風の利用には、「涼感を得る(体感温度を下げる)」「家の中のこもった熱を排出する」ことで自然な心地よさを得ることを意識して設計します。窓の配置を工夫して、家全体に風が通り抜けるような構造が望ましいです。

 

冬のパッシブデザイン…断熱と日射熱の暖房利用

冬の場合は家の断熱性能が暖かさや省エネに直結します。断熱性能の高い家は熱が外に逃げにくいため、暖房エネルギーを減らしながら暖かさを保つことができます。外皮(外壁や屋根、開口部など家を包む要素)全体で気密・断熱をしっかり行っていれば、エアコンの台数も最小限で済み、場所による温度差も少なくなります。

日射熱の暖房利用は、冬でも晴れた日の窓辺が日射によって温まることを想像すると分かりやすいと思います。冬場の日射熱を上手く利用できれば、より暖房エネルギーを節約できます。

パッシブデザインは夏と冬両方への対応が大切

具体的には家を建てる土地の冬場の日射パターンを調べて、庇の深さや天窓などで工夫し、冬でも家の中に日の光が射すようにします。冬場の日射熱を利用するときは、あくまで光だけを利用できるように、窓やサッシの断熱性を高めて冷気は中に入れないことがとても重要です。

 

実例2. 1年を通して明るい光が差し込む家

吹き抜け部分のFIX窓が冬でも日射熱を室内に運ぶ

こちらの事例は、中庭を作ったり吹き抜け部分にFIX窓を付けることで、1年中自然の光がよく入り、冬場は日射熱も利用できるパッシブデザインになっています。

「新しい家は明るくしたいと思い、壁を白くしたり、

中庭を作ったのでそこから光も入ってすごく明るくなりました。やって良かったなって思ってます。

壁をガラスにしたのも光を入れるためです。

安全で光も通って、でもあまり透明で見えすぎても嫌なので・・・色々注文しました。

南側は通路が多いので窓が少ないのですが、

いろんなところに光を入れる工夫があるので家の中は全然暗くないです。

上手だなと思いましたね、ブルーハウスさん。」

施工例:「二世帯それぞれのこだわりを全て形にしてくださいました。

 

自然を家の一部にする

昔の住宅にはよく「縁側」がありましたよね。縁側の窓を開放すれば、外の風景とともに光、風が一気に感じられ、室内にいても外とのつながりを感じる空間になります。また、縁側は出入りができる第2の玄関でもありました。

現代の家づくりでも、昔の縁側のようにリビングと庭をつなぐウッドデッキや、土間空間が見直されています。ウッドデッキは最近では「アウトドアリビング」とも呼ばれていますね。外の要素を家に招き入れて共存するイメージで、家と庭、外構との一体感をつくることで、開放感や安らぎを得られるだけでなく、アウトドアな趣味を楽しむために便利な空間にもなります。

実例3. 家と庭をつなぐアウトドアリビングのある家

家と庭をつなぐウッドデッキ

こちらは、玄関とリビング、そして庭をつなぐウッドデッキが特徴のおうちです。サーフィンを楽しむご主人のために、玄関とシャワールームを直結にしたり、サーフボードなどのグッズを収納できる広い土間空間をつくりました。

シャワールームと直結した広い玄関土間

施工例:「自然素材の家|自分たちでは考えつかなかった家づくりのアイデアを積極的に出してくれました。

 

まとめ

自然な家、ナチュラルな暮らしは、私たちの身体の健康を守り、心に安らぎと充足感を与えてくれます。

さらに、省エネの実践にもつながり、私たちの住む地球環境を守ることにも貢献できます。

世界にひとつだけの、自分たちらしい家で、自然環境の恩恵を感じながら暮らす。注文住宅だからこそ実現できる「エコだけど、ぜいたく」な暮らし方をしてみませんか?

 

天然素材やパッシブデザインを取り入れた注文住宅はブルーハウスにお任せください

ブルーハウスの注文住宅は、名古屋市をはじめとする愛知県全域と、三重県、岐阜県、静岡県の一部を対応エリアとし地域密着型で「100%自由設計」の自由な家づくりをしていただくことができます。

私たちは、地域密着型だからこそ、地域環境を踏まえて最適な断熱性能、地域の気候や環境を利用した家づくりができます。

愛知で自分たちらしい最高の家づくりをしたい。人生を最高に楽しむために、毎日が快適に暮らせる家づくりをしたい。そんなお客様の想いをかたちにしていくのが、私たちブルーハウスの仕事です。

家族のかたちや暮らし方はそれぞれ違います。だから、家だって1つひとつ違っていいはず。ブルーハウスは、お客様の想い×理想の暮らしを実現する家づくりを、建築家のクリエイティブと、完全自由設計の注文住宅を手掛けてきた工務店の確かな施工技術でお手伝いします

もちろん耐震・断熱・気密・素材・耐久など住宅性能も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。

オンライン相談やファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も実施中です。愛知での注文住宅の家づくりについて、各種お問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください

気密高断熱住宅ってどうなの?オンラインセミナー申込受付中

12月29日まで限定 エスコートホーム(OB邸見学会)開催中!愛知県日進市

今回のエスコートホームでは、ブルーハウスで自宅を建てた弊社の自宅コンシェルジュの自宅をご見学いただけます。入居前ではなく、実際に暮らしている家ですので、住んでからの住み心地やこだわりを叶えた方法など、実物を見ながら様々に感じたことをお伝えする貴重なイベントです。お子様連れでも気兼ねなくご参加いただけます。

 

愛知で建築家とおしゃれな注文住宅を建てるなら

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー