自然素材&無垢の家を建てたい!メリット・デメリットとポイントを解説

北欧風の自然素材の家のリビング

「自然素材の家を建てたい」「無垢材をふんだんに使いたい」。そう考えたとき、注文住宅で建てる費用やその後のお手入れのことが気になる方も多いのではないでしょうか?快適で健康的な住まいにするために、自然素材を取り入れた注文住宅で建てる家づくりのメリット・デメリットとポイントを解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

 

 

自然素材の家って、どんな家?

自然素材の家とは、天然の素材をふんだんに使用して化学物質が含まれない素材を多く使った家のこと。特に、内装の仕上げに無垢の木、漆喰、珪藻土などの塗り壁、石材、和紙などの天然素材が使われます。内装の一部にビニールクロスやスチール素材などを使っていたとしても、仕上げに使われる部材のほとんどが自然素材であれば、自然素材の家と言えるでしょう。

無垢材や自然素材の質感や空間が好きという方はもちろん、シックハウス症候群対策としても自然素材でつくった家を希望される方が増えています。自然素材の家づくりによって、有害物質などによるアレルギー反応のようなシックハウス症候群の症状を防止したり緩和することができるのです。

どのような家を自然素材の家と定義するかは工務店によって異なりますので、それぞれの工務店にどのような家づくりをしているかを確認してみるとよいでしょう。

 

 

自然素材のメリット

吹き抜けのある自然素材の家

自然素材の家づくりのメリットは、やはり自然素材のもつ風合い、素材感でしょう。無垢の木や漆喰、珪藻土の素材感は、なんとも言えない風合いがあり、触り心地もよく、気持ちの良さがあります。機能的にも、調湿効果もあり、大変魅力的な素材です。

たとえばマンションなどに使われることが多い合板やウレタン加工のフローリングは、冬は冷たくヒヤッとしますし、夏は湿気でペタペタとべたつくことがあります。無垢の木のフローリングであれば、木が呼吸をして湿度や温度を調整していますので、季節を問わず素足でも気持ちがよく過ごすことができます。

壁材として使用されることが多い漆喰(消石灰を原料とした素材)や珪藻土(プランクトンの化石を原料とした素材)は、ビニールクロスなどと違い、室内の空気の調湿効果や清浄作用もあり、防火性もあります。

こうした左官の壁は、湿度が高い時は水分を吸収し、湿度が低い時は水分を放出して室内の乾燥を和らげてくれます。特に漆喰の主成分の消石灰は強い殺菌作用があり、化学物質を吸収してホルムアルデヒドを分解する作用があると言われています。

 

自然素材の清浄作用

最近人気の高い高気密・高断熱の省エネ住宅は、24時間換気システムが稼働していることから室内が乾燥しやすく、また、湿気や匂いなどが室内にこもりやすいこともあるため、こうした高性能住宅と自然素材の建材の組み合わせは相性がよいのです。人気の断熱材アイシネンと漆喰の壁を併用により、より調湿効果が発揮しやすく、理想的な組み合わせとなります。

また、漆喰や珪藻土などの塗り壁は、石材やタイルを使用する場合よりも壁が軽量化できること、空気中の二酸化炭素を吸収して徐々に固まるので住宅の耐久性も良くなります。

自然素材の家は、時間とともに風合いに深みが増していきます。無垢の木は家族の成長や暮らしと共に風合いが変化していきます。

呼吸する無垢の木や、漆喰・珪藻土の壁呼吸しながら光と馴染み空気もきれいにしてくれます。天然の木目は空間のアクセントとなり、個性となります。白の漆喰の壁は自然光や中間照明のやわらかな光によって表情を変え、世代を超えて飽きの来ない空間づくりができます。ビニールクロスなどの無機質な素材にはない、天然素材のシンプルな個性です。

 

自然素材のデメリット

漆喰と無垢の木の吹き抜け

自然素材による家づくりは、その素材が持つ質感と快適な住環境づくりができる点で非常に魅力的な素材です。一方で、以下のようなデメリットもあります。

たとえば、無垢材のフローリングの場合、水や汚れには強くはありませんので、床に飲み物、食べ物、泥、色がつくものが落ちれば、染みや傷になりやすく、完全に水気を拭くのも難しいので、長い時間そのまま放置しないようにしましょう。

また、傷がつきやすいのもある程度やむを得ないところです。椅子の脚、車輪の付いた掃除機やおもちゃ、硬いモノを落とした時のへこみなどが付きやすいと言えます。こうした自然素材がもつ特性は、メンテナンスの仕方で空間と徐々になじませていくことができるもの自然素材の良いところです。ヨーロッパ諸国の住宅のように家族の暮らしと時間が生み出した味わいとして愛しむことができるとよいですね。

気になる自然素材の家づくりのコストは、素材の調達はもちろん、塗り壁の風合いを生み出す左官職人さんの熟練技が必要です。そのため左官工事の予算を確保しておく必要があります。ビニールクロスでは味わえない上質感、調湿・清浄などの機能性、一生ものの耐久性や、長い年月からしか生み出せない空間の価値からすると、こうした自然素材にかかる費用は長い目で見ればむしろリーズナブルだとも言えるかもしれません。

 

自然素材をメンテナンスはどうすればいい?

漆喰の回廊では、このような自然素材の家のメンテナンスはどのようにすればよいのでしょうか。メンテナンスが大変そう、と考える方も多いと思いますが、手入れの方法によっては、一般的な建材よりも、味わい深く、美しく維持することもできます。

漆喰の壁の傷はやすりで擦れば空間に溶け込むように馴染んできます。手垢やすり汚れなどは消しゴムで消せることが多いので安心です。珪藻土などはざらざらとした凹凸がありますので、サンドペーパーで擦ると風合いを損ねてしまう場合がありますので注意が必要です。外壁の汚れは消しゴムで消えなければ塩素系漂白剤を薄めて布で拭きとることも可能です。それでもとれない汚れは工務店やリフォーム業者などに相談するとよいでしょう。

無垢の木のフローリング

無垢材のフローリングは、乾拭きが基本です。汚れが気になるようであれば固く絞った布で水拭きをしてもよいでしょう。表面の傷はホームセンターなどで入手できるサンドペーパーで擦るだけで傷が目立たなくなりますので試してみてください。ささくれの様になっている場合はめくらずにカッターなどでコンパクトに削るとよいでしょう。

ヨーロッパの住宅は世代を超えて受け継がれる財産ですので、無垢材を繰り返しサンドペーパーなどで擦ったり削ったりするようなメンテナンスを定期的にしていくことで床を美しく保つことができるため、その家の価値を維持することに繋がっているのです。自然素材の家づくりは、これからその家と共に生きる暮らしの始まりともいえるでしょう。

 

まとめ

自然素材の家は、風合いや素材の質感が良く、また、調湿・清浄効果もあり、化学物質による健康被害にもあいにくい自然素材を使った家は、高気密・高断熱の家とも相性がよい組み合わせです。メンテナンスによって家を美しく長く維持できます。相応の手間とコストはかかりますが、それ以上の価値があるともいえる自然素材の家づくりは、デザイン性、機能性、予算とのバランスも重要です。自然素材の家づくりは、その素材の特徴を知り尽くした熟練の職人技や設計・施工が得意な工務店に相談しながら検討されることをおすすめします。

愛知で自然素材の家を建てるならブルーハウスにご相談ください

私たちブルーハウスは、デザイン性と機能性を兼ね備えた「自然素材」をふんだんに使った家づくりをしています。健康で快適で末永く暮らせる人にやさしい家は、お客様の想いから始まります。私たちは、その想いを汲み取り、お客様にとって「最高の家」と言えるご提案ができる注文住宅会社を目指しています。「愛知で自然素材の家を建てたい」と考えている方は、豊富な自然素材の家づくりの実績があるブルーハウスにご相談ください。あなたの想いを私たちと形にしていきませんか?自然素材の家づくりについてわからないことがあれば、お気軽に名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお問合せください。