平屋の二世帯住宅の間取りと中庭の工夫

二世帯それぞれのこだわりを全て形にしてくださいました。

暮らしやすい二世帯住宅を考えるとき、階段を昇り降りしなくてよく、落ち着いた暮らしがしやすい平屋も選択肢となるでしょう。親の世帯と子供の世帯が暮らす親・子・孫の三世代が暮らす家は、間取りの工夫が必要です。後悔しない二世帯住宅にするために、今回は平屋の二世帯住宅の間取りや留意点をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

 

二世帯住宅の種類とメリット・デメリットは?

参考)二世帯住宅の施工事例~施主様インタビュー

二世帯住宅とは、親の世代と子供の世代が同居する住宅のことです。二世帯住宅には、「完全同居型」「完全分離型」「部分共用型」の3種類あります。

 

完全同居型

完全同居型とは、かつての日本の大家族の暮らしの様に、リビング、台所、洗面所、浴室、トイレ等は共用となります。家族が一体となってにぎやかに助け合いながら暮らせ、共用部分の建築費や水道光熱費などのランニングコストを抑えられるのがメリットです。家事や子育ての協力も得やすいので将来的にも一世帯になったときもそのままの暮らしが維持できます。

 

一方で、親世帯、子世帯が同居することでプライバシーの確保が難しく、お互いに気遣いながら暮らす必要があります。共用が多いため、生活時間が異なる場合の生活音やコミュニケーションの取り方、親世代が耳が聞こえにくくなってくるとテレビやラジオの音などにも考慮する必要があります。

 

完全分離型

家族とコミュニケーションがとれる対面型のキッチン

完全分離型は、親の世帯と子供の世帯の生活スペースを完全に分ける方法です。2階建てであれば、1階と2階を分けるといった上下分離の方法が可能ですが、平屋の場合は、ワンフロアですので左右に分離することにとなります。

居室はもとより、玄関なども完全に分けることで、同居しながら一定の距離を保ち、スープが冷めない距離で暮らせるのがメリットです。生活の時間帯が異なってもストレスを感じにくい構造になります。マンションやアパートの隣の部屋で暮らすような感覚で生活することができます。

将来、いずれかの世帯が住まなくなれば賃貸にして貸し出すこともできます。また、相続税の「小規模宅地等の特例制度」によって、土地評価額が80%もしくは50%減額できます。以前は、完全分離型は減額対象ではなかったのですが、特例の対象になりました。

玄関や水回りの設備も2か所になるので、その分、ほぼ2軒分の建築費、電気代やガス代などのランニングコストもかかるのがデメリットです。広めの土地を確保する必要もあり、共用部分はないので他のタイプと比較すれば同じ敷地面積であれば居室が狭めになる場合もあります。

 

部分共用型

同居のお父様のご要望で、外観や玄関は和のテイストで統一感を

完全分離型と完全同居型の良い点を併せ持つハイブリッド型です。プライベート空間は分離型にして、玄関、浴室などは共用にする生活ゾーンを分けられるパターンです。

お互いに適度な距離感を保つことができ、かつ共用部分の建築費を抑えやすくなります。

平屋の場合、共有部分となる浴室やキッチンなどを間に挟み、左右にプライベート空間を分けることでプライバシーを確保しやすくなります。プライバシーを確保しながら、家事や子育ての協力もしやすくなるというメリットもあります。どこまでを共用にするかは検討する必要があります。

部分共用型でも生活時間帯が大きく異なる場合には、浴室などの水の流れる音が響かないように考慮したほうがよいでしょう。

参考)二世帯住宅の施工事例~施主様インタビュー

 

 

 

二世帯住宅は平屋でも可能?

多くの場合、二世帯住宅は二階建て、三階建てになることがあります。これは主に利用する階を上下で分けることでプライベート空間を分離がしやすいためです。一方で、土地のスペースに余裕があれば、平屋の二世帯住宅にするという選択肢があります。

 

 

平屋の二世帯住宅の留意点

平屋の二世帯住宅にする際は、ワンフロアで左右に分離する横繋がりの構造になるため、家族の気配を感じやすくなる半面、プライバシーの確保や生活時間の違いによって、生活音が気になったり、コミュニケーションの取り方などの価値観の違いが問題になるケースが出てきます。洗濯物を干す場所や、窓が近いとお互いに気になってしまいます。こうしたお互いの違いに配慮した間取りや空間づくり、生活のルール作りもセットにした間取りを検討する必要も出てくるでしょう。

 

 

平屋の二世帯住宅の間取りのポイント

中庭からたっぷりの自然光を取り込み、家全体が明るくなっています。ここではバーベキューをすることも!

平屋の二世帯住宅は、比較的土地のスペースに余裕が確保できると快適な空間づくりがしやすくなります。世代が異なる家族が同居するため、生活時間が違ったり、お互いの生活習慣が異なることが多いので、プランニング段階で十分に検討をする必要があります。意見の折り合いをつける必要もでてくるかもしれません。

 

部屋の配置のちょっとした工夫

家族が快適に心地よく暮らせる間取りにするためには、プライベート空間となる居室を真横に並べず、段差をつけるだけでも物音や目隠し効果にもなります。

中庭を工夫する

施工後の写真

参考)二世帯住宅の施工事例~中庭の事例

中庭を配置して植栽で目隠しにしたり、ベランダに間仕切りを入れるなどのプライバシーに配慮した間取りを検討するとよいでしょう。中庭を設けることができれば、屋外にもプライベート空間がつくれ、平屋の中心部への採光もしやすくなります。片流れの屋根にすれば、より光を呼び込みやすくなります。

中庭をつくる場合は、コの字型やロの字型になることが想定されます。コの字型は、中庭に外から出入りして作業がしやすいのですが、ロの字型にすると出入りは内部からのみですので防犯性は高く回遊する動線も生み出せます。ロの字型はスペースに余裕が必要で、水もたまりやすいので排水対策も重要です。こうした中庭を配置することで、スペースに余裕ができ、また、植栽などを入れることでプライバシーの確保もしやすくなりますのでおすすめです。

バリアフリーに配慮する

平屋はもともとワンフロアですのでバリアフリーにもしやすく、幅広い世代が長く暮らせる家になります。ちょっとした段差は転倒につながりますので留意が必要です。

 

 

まとめ

二世帯住宅には「完全分離型」「完全同居型」「部分共用型」の3つの種類があります。平屋の二世帯住宅は、平屋ならではの落ち着いた暮らしがしやすく、土地の広さに余裕があれば魅力的な選択肢です。一方で、同一フロアに年代が異なる世帯が暮らすため、生活時間の違いへの配慮やプライバシーの確保が必要となります。左右分離型の住宅にしたり、フロアの窓の位置に段差をつける、あるいは中庭を配置するなどの工夫をすれば、プライバシーの確保もしやすくなります。平屋であればバリアフリーにもしやすいので、二世帯住宅の魅力的な選択肢だといえるでしょう。

参考)BLUE HOUSEの二世帯住宅の施工事例

愛知で二世帯住宅を建てるならブルーハウスにご相談ください

私たちブルーハウスは、デザイン性と機能性を兼ね備えた自然素材の家づくりをしています。二世帯住宅だからこそ、それぞれの世帯の要望を丁寧に汲み取って形にするのが私たちの仕事です。お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。愛知・名古屋・豊橋で二世帯住宅を検討されている方は、まず豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。

名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にご相談ください。

▼ファイナンシャルプランナーによる無料相談実施中!
今ならファイナンシャルプランナー(FP)による「資金計画の個人相談(60分無料)」を行っています。家づくりをお考えの方・資金計画について知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

▼オンライン相談会も開催中!
今、安心して家づくりのご相談できるように「オンライン相談会」も開催していますので、ぜひこの機会にぜひご参加ください。