建築家とおしゃれな平屋の二世帯住宅を建てる~愛知・名古屋・豊橋の注文住宅の家づくり~

平屋のおしゃれな二世帯住宅の玄関

親世代、子世代などの多世代が同居する二世帯住宅の家。かつてはあたりまえだった住宅のあり方が、今、新しい二世帯住宅となって再び注目されています。昔ながらの二世帯住宅でなく、おしゃれなデザインでストレスなく快適に暮らせる二世帯住宅を考えるとき、自然に近い落ち着いた暮らしがしやすい平屋の二世帯住宅は魅力的な選択肢となります。建築家と建てるおしゃれな平屋なら住んでもいいかも!と思えるかもしれませんよね?そこで、今回は平屋のおしゃれな二世帯住宅を建てるポイント、中庭がある間取りなどの工夫をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

 

目次

 

 

今、なぜ二世帯住宅が見直されているの?

平屋の二世帯住宅のリビング。親世代もくつろぎやすいように小上がりの和室も併設  

注文住宅で家を建てたいと考えている方のうち、4人に1人が二世帯住宅を考えていると言われています。二世帯住宅を検討している方にリクルート住まいカンパニーが実施したアンケートによると、二世帯住宅を検討している理由(複数回答)は、①親の老後を考えて 51%、②実家の老朽化 27%、③子供の面倒をみてもらえる 25%とのこと。(出典:リクルート住まいカンパニー「注文住宅動向・トレンド調査」より)

つまり、社会環境の変化を見据えて、共働き世代が、親の健康を考え、古くなった住まいを新築して、家族と共に子育ても助け合いながら安心して暮らしたい、という想いが見えてきます。

 

 

二世帯住宅のタイプ別のメリット・デメリットまとめ

では、そんな現代の社会環境にあった、おしゃれでストレスなく家族が安心して暮らせる二世帯住宅には、どのようなタイプがあるのか「完全同居型」「完全分離型」「部分共用型」の3つのタイプ別にメリット・デメリットを確認しておきましょう。

 

完全同居型

二世帯住宅で家族とコミュニケーションがとれる対面型のキッチン

二世帯でゆったりくつろげる広々としたリビング

完全同居型は、親世代・子世代などが一体となって暮らし、玄関、台所、洗面所、浴室などの水回り、リビングなどのも共用する二世帯住宅です。

メリットは、親の様子や孫の面倒など家族が助け合いながら暮らせる建築費、設備費、水道光熱費なども抑えやすいのがメリットです。また、将来的に一世帯で暮らす場合もそのまま暮らすこともできます。

一方で、デメリットは、プライバシーの確保が難しく、生活音や生活リズムの違いなどの影響を受けやすいため、気遣いをしながら暮らすことなります。

参考)二世帯住宅の施工事例~施主様インタビュー

 

部分共用型

二世帯住宅の部分共用型の水回りの事例(内観)

部分共用型は、完全同居型と完全分離型の中間的な二世帯住宅のタイプです。玄関、浴室、キッチンなどの水回りを共用にして、プライベート空間は生活ゾーンを分けて暮らす間取りになります。水回りのどこまでを共用にするかによって、様々なバリエーションがあります。

メリットは、適度な距離感を保てること、水回りなどの共用部分の設備費などを抑えることができるという点です。また、平屋にした場合、浴室やキッチンなどの水回りを中央に配置し、生活ゾーンを左右分離型にすればプライバシーを確保しやすくなります。デメリットとしては、どこまでを共用にするかを線引きが必要になるという点です。生活リズムが世帯で異なる場合は、浴室やトイレなどの生活音ができるだけ響かないように寝室との距離を話すなどの工夫が必要です。

完全分離型

30坪のおしゃれな平屋の二世帯住宅の外観~二世帯住宅とは思えないシンプルなデザインが風景に溶け込んで落ち着きをもたらしてくれます

完全分離型は、親世帯、子世帯の生活スペースを分けて独立型の住宅にするタイプです。2階建ての場合、1階を親世帯、2階子世帯といった上下分離にする方法も可能ですが、平屋の場合は、ワンフロアですので左右分離型を採用することが多くなります。I字型の場合は中央にリビングを配置したり、水回りをまとめます。L字、H字、コの字型の場合は、廊下を挟んでそれぞれが独立した別棟のようなレイアウトにできます。

完全分離型の場合、玄関も分けるため、マンションやアパートの隣の部屋で暮らすような感覚で同居しながら、一定の距離を保って暮らせるのがメリットです。防音のよい構造にすれば生活リズムが異なってもストレスを感じにくく、生活することができます。また、将来的には、いずれかの世帯が居住しなくなったときは賃貸にすることも可能です。相続税の「小規模宅地等の特例制度」により、土地評価額が最大80%減額されます。

なお、デメリットとしては、設備などが2セットになるため、2軒分ほどの設備費、建築費、光熱費がかかります。広めの土地を確保する必要もあり、同じ敷地面積であれば他のタイプより居住スペースが狭めになることがあります。

2階建てと平屋の二世帯住宅~上下分離と左右分離

完全分離型の二世帯住宅には、上下分離型と左右分離型があります。上下分離型は1階が親世代、2階が子世代という階で居住スペースを分けるタイプです。左右分離型は、居住スペースを左右もしくは前後のような形で水平方向に分離する方式です。2階建てであればそれぞれに1階部分と2階部分がある構造になりますが、平屋の場合、そもそもワンフロアですので、左右もしくは前後に生活動線が異なる居住空間を確保することになります。敷地面積が確保できるなら、平屋の完全分離型であればバリアフリーにしやすく、ライフスタイルの変化にもあわせた二世帯住宅の家づくりもしやすくなるでしょう。

 

おしゃれな平屋の二世帯住宅の間取り3つのポイント

平屋の二世帯住宅をおしゃれなデザインで建てるには、建築家とつくるこだわりの注文住宅を建てる工務店での家づくりがよいでしょう。それぞれの家族の要望をくみ取り、和モダンの落ち着いた片流れの屋根の平屋の佇まいにしたり、シンプルモダンの白いフラットな家など、おしゃれなデザインで、機能性も重視した確かな施工技術で快適な空間づりが実現しやすくなります。プランニング段階で家族の意向を十分に汲み取り、お互いに暮らしやすい間取りを検討をすることが重要です。設計時にしっかりと相談にのってもらる施工会社を選ぶ必要があります。では、そんな建築家とたてるおしゃれな二世帯住宅の間取りのポイントについてみていきましょう。

 

ポイント①永く安心して暮らせるバリアフリーの空間

バリアフリーのスロープのあるおしゃれな平屋の玄関

二世帯住宅を検討している方へのアンケートでは、二世帯住宅を建てる理由の第1は、親御さんの将来や健康について考えたことがきっかけになっています。安心して永く暮らせる二世帯住宅にするためには、将来的に車いすで車の乗り降りができるようなバリアフリーのスロープを設けたり、できるだけ段差の少ないフラットなフロアで室内の移動もしやすい間取りにする必要があります。微妙な段差は躓きの原因になりやすいので注意が必要です。ただし、生活に支障のない範囲で足腰の健康を維持するためにあえて一部に意識して階段を昇るような段差を設けるという考え方もあります。

 

ポイント②心安らぐコミュニケーションしやすい繋がる中庭のある間取り

 

平屋の二世帯住宅の中庭。お孫さんと遊びやすいようにそれぞれの世帯との間に中庭を配置平屋の二世帯住宅の縁側、庭とのつながりはコミュニケーションを円滑にする工夫

親世帯、子世帯が同居することで、お互いのコミュニケーションをとる機会が増えるため、お孫さんが急に熱を出したときも、仕事を休まず預けやすくなります。そのような自然にコミュニケーションがとりやすい場所、心安らぐ緑や眺めの良い中庭、縁側、テラス、ウッドデッキなどがあれば普段からお互いの様子も確認しやすいでしょう。プライバシーにも配慮して植栽を配置したり、間取りの工夫をすることで、適度な距離感を保てるように工夫をするとよいでしょう。

 

ポイント③ランニングコストも考慮した設備の導入

広い平屋の屋根を有効活用した太陽光発電によりZEH(ゼロエネルギーハウス)に

二世帯住宅にするなら、ランニングコストなどの経済的なメリットも検討しておくとよいでしょう。平屋は屋根も広くとりやすいため、ZEH(ゼロエネルギーハウス)などの設備を導入することで、太陽光発電等で創るエネルギーと、エアコンや照明などのエネルギーをプラスマイナスゼロにしやすくなります。つまり光熱費の低減効果も期待できます。また、この住宅性能を支える技術として、アイシネンなどの高気密高断熱材を使用した性能の高い住宅であればエネルギー効率も良く、ヒートショック現象や熱中症も防止しやすいため、二世帯住宅にも最適です。さらには自然光や季節の風もうまく呼び込み、無垢材や調湿効果のある漆喰などの自然素材を暮らしの中に取り入れることで、より快適な暮らしが実現できます。

このように現代の二世帯住宅は、かつての二世帯住宅のようなイメージではなく、おしゃれでデザイン性も高く、高気密高性能で、エネルギー効率もよい快適な住宅性能が期待できます。建築家とこだわりの注文住宅で建てる二世帯住宅は、デザインにもこだわり、住宅性能にもこだわり、ランニングコストにもやさしい家づくりができるのです。

 

 

まとめ

二世帯住宅の間取り図の例:建築家とこだわりの工務店で建てるとおしゃれで機能性も高い注文住宅が建てられる

二世帯住宅の暮らしは、親の健康、住宅の老朽化、共働き子育て世代の増加などの社会的な背景から、再び注目されています。二世帯住宅には「完全同居型」「部分共用型」「完全分離型」の3タイプがあります。建築家と平屋の二世帯住宅を建てるなら、おしゃれな平屋で子育てもしやすく安心して暮らせる家づくりができます。バリアフリーにもしやすく、助け合いながら子育てができ、お財布にもやさしいエコな暮らしもしやすいのが平屋の二世帯住宅のメリットです。愛知で家を建てるなら、建築家とおしゃれな平屋の二世帯住宅は新たな時代の住まいの魅力的な選択肢です。

愛知・名古屋・豊橋・豊川でおしゃれな二世帯住宅を建てるならブルーハウスにご相談ください

私たちブルーハウスは、建築家のクリエイティブと完全自由設計の工務店の技術力で、デザイン性と機能性を兼ね備えた自然素材の家づくりをしています。二世帯住宅だからこそ、それぞれの世帯の要望を丁寧に汲み取り、丁寧な家づくりをしなければなりません。私たちは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。愛知・名古屋・豊橋・豊川で二世帯住宅を検討されている方は、ぜひブルーハウスにご相談ください。名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にご相談ください。

建築家とつくる二世帯住宅
期間限定・棟数限定・最大200万円のプレゼント!「モデルハウスモニター」募集中


BLUE HOUSE

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー