【新築】採用すべきコンセントの位置10選|忘れがちな場所やおすすめの位置を解説​

棚の脇に施工されたコンセント

コンセントは毎日使う設備です。

しかし、よく使うからこそ住んでから「失敗した」と感じている方はたくさんいます。

 

・コンセントをつけたけど全然使ってない

・ここにコンセントがあったら便利だったな

・もっと高い(低い)位置にコンセントをつければよかった

 

コンセントに対する後悔は、ほとんどが位置や高さに関することです。

 

そのため、自分達の暮らしに合う位置にコンセントを施工する必要があります。

今回は、コンセントの採用したい位置や高さについて解説しますので、後悔しないようにしっかりチェックしていきましょう。

 

<コラムのポイント>

・忘れがちなコンセントの位置や高さについて解説しています。

・ぜひ採用してほしいコンセントの位置を紹介しています。

 

採用すべきコンセント位置10選​

基本的なコンセントの位置とは別に、忘れがちな場所やぜひ採用してほしい場所を10個紹介します。

自分の生活にも必要だなと感じたら、取り入れてみてくださいね。

 

玄関【飾り物・掃除用】​

コンセントがある玄関ホール

玄関ホールにコンセントがあると、電源が必要なインテリアや季節物を飾ることができます。

玄関収納の上にインテリアが飾れるなら、そこにコンセントを施工しても良いでしょう。

 

また、掃除器具や工具の充電などの用途があるなら、シューズクロークの中にコンセントをつけることもおすすめします。

シューズクロークにあるコンセント

電気自転車の充電などにも使えて便利です。

 

キッチンの手元【調理家電・タブレット用】​

対面キッチン

キッチンの手元にコンセントがあると、調理家電が使いやすくなります。

 

キッチンにはカップボード側しかコンセントをつけないことが多いです。

しかし、カップボードのコンセントの前には、炊飯器や電子レンジがあり使いにくいこともありますよね。

 

キッチン側にコンセントがあれば、食材を切ってそのまま調理家電を使えるため便利です。

キッチン前の壁に施工されたコンセント

 

また、2口コンセントをつけておけば、調理家電を使いつつタブレットやスマホを充電することができます。

スマホなどでレシピや動画を見ながら料理する方にぴったりです。

 

ダイニングテーブル付近【調理家電・パソコン用】​

カウンターとダイニングテーブル横にあるコンセント

ダイニングテーブルのすぐ近くにも、コンセントがあると便利です。

 

ダイニングテーブルの近くにコンセントが無い場合を考えてみましょう。

ホットプレートやパソコンをダイニングで使うときに、延長コードを使わなければなりません。

 

毎回延長コードを出すのは面倒くさいですし、子供がコードに足を引っかけてケガをする可能性があります。

また、長く伸びたコードは見栄えも良くありませんよね。

 

ダイニングテーブルのすぐ脇にコンセントがあれば、このようなデメリットがすべて解決します。

 

リビング【季節物・AV機器用】​

飾り棚のあるリビング

リビングには季節によって置くものも多いですよね。

例えば、電源が必要なクリスマスツリーやお雛様、加湿器などを置くことがあります。

 

そのため、季節物の置き場を考えてコンセントをつけましょう。

 

また、テレビ周りにはたくさんのAV機器が設置されます。

テレビはもちろん、レコーダー・ゲーム・スピーカーなどがすっきりと収まるコンセント計画が必要です。

 

特に、壁掛けテレビの場合は、テレビと接続するコードが目立ちやすいので注意しましょう。

壁掛けテレビがあるリビング

壁内にコードを通す隠蔽配管を行えば、すっきりとコードをまとめることができます。

設計士と相談しながらコンセント位置を決め、適切な配線計画を行ってくださいね。

 

ソファ周り【充電用】​

ソファ横にコンセントがあるリビング

ソファのすぐそばにもコンセントがあると、スマホやゲームを充電しながら使えるため便利です。

 

注意点は次の2点です。

 

・ソファに合わせてコンセントの高さを決めないと使いにくい

・ソファを置いたときにコンセントが隠れないようにする

 

ローソファの場合は、床から25cmの一般的な高さにコンセントをつけても問題ありません。

しかし、高めのソファの場合はコンセントが低く、座りながらのスマホ操作がしづらく感じることもあります。

 

そのため、購入するソファに合わせてコンセント位置を決めると良いでしょう。

 

また、ソファによってコンセントが隠れないように十分注意してください。

あらかじめソファサイズを設計士に伝え、図面に落とし込んでもらうことをおすすめします。

 

脱衣洗面所【冷暖房器具・美容家電用】​

洗面台横に施工されたコンセント

脱衣洗面所は意外とコンセントを使う空間です。

そのため、化粧洗面台にもコンセントがついている場合でも、低い場所・高い場所それぞれにコンセントをつけることをおすすめします。

 

・低いコンセントの使い道:扇風機・電気ヒーターなどの冷暖房器具

・高いコンセントの使い道:複数の美容家電を同時に使うときや充電するとき

 

特に女性が多い家庭は、洗面所で使う美容家電は多いですよね。

家族構成に合わせて必要なコンセントの位置を考えましょう。

 

ベッド周り【充電・季節物用】​

ベッドヘッドの上に施工されたコンセント

ベッド周りにもコンセントは必須です。

 

寝る前にスマホの充電をしたり、ベッドサイドの照明用として使えるでしょう。

また、布団乾燥機や電気毛布など、季節によっては使う家電もありますよね。

 

両サイドにコンセントをつけることで、夫婦それぞれが使いやすくなります。

ただし、将来違うサイズのベッドに買い替えると、コンセントが隠れてしまうため注意が必要です。

 

ベッドに被らないような位置に、コンセントを施工しましょう。

 

収納内【掃除家電用】​

収納内のコンセントも需要が高まっています。

 

なぜなら、コードレス掃除機の採用率が上がっているからです。

収納内に掃除機用のコンセントをつけておけば、目に付かない所で掃除機を充電できます。

 

ロボット掃除機の場合は、階段下などのデッドスペースをうまく利用して、定位置を考えてみてくださいね。

 

廊下【足元灯用】​

コンセントがある長い廊下

廊下のコンセントは掃除機用で採用する方がほとんどでした。

しかし、コードレス掃除機が一般的になった現在は、足元灯用にコンセントをつける方が多いです。

 

夜に足元灯があれば電気を点けなくていいので、子供が1人でトイレに行きやすくなります。

もちろんおとなも足元灯があると便利ですよね。

 

コンセントタイプの足元灯なら気軽に採用できますので、長い廊下にはコンセントを採用しても良いでしょう。

 

外周り【掃除家電・工具用】​​

家の東側に施工された屋外用コンセント

外回りのコンセントは目立たないような位置につけようと考える方も多いです。

しかし、実際は屋外コンセントが家の正面についていてもそこまで目立ちません。

 

玄関脇の壁に施工された屋外用コンセント

上の画像は、玄関のすぐ右側にコンセントがありますが、あまり気になりませんよね。

 

そのため、外周りのコンセントは目立たない位置よりも、使い勝手を優先させた位置を選びましょう。

特に、駐車場や玄関の近くに採用すると、高圧洗浄機などを使った掃除がしやすくなります。

 

また、電気自動車を購入する可能性がある場合や、庭にイルミネーションをつける場合なども、専用のコンセントがあるといいでしょう。

 

コンセントは一般的な位置・高さに囚われすぎないことが大切​

ダイニングテーブルの高さに施工されたコンセント

コンセントは「どのような空間や位置にどのくらいの量を採用すべきか」の指標が示されています。

また、一般的なコンセントの高さは約25cmです。

 

そのため、住宅会社からの最初の提案は、一般的な指標に基づいて設計されます。

 

しかし、家庭によって使う家電の種類や量は異なるため、すべての家庭が指標通りの設計に当てはまることはありません。

そのため、コンセントは普段の生活をイメージしながら、自分たちに合った位置を考えることが必要です。

 

高い位置のコンセントの方が使いやすいケースもあれば、高くすることで内装デザインが損なわれることもあります。

1つ1つのコンセントの役割を考えながら、一般論に囚われないコンセント位置を計画しましょう。

 

まとめ​

コンセントは、住んでから位置や高さで後悔することが多い設備です。

そのため、設計段階から細かく検討する必要があります。

 

特に使用頻度の多いスマホなどの充電用コンセントや、季節によって使用するコンセントなどは忘れずにつけるようにしてくださいね。

コンセントの位置にこだわって、生活の質が上がるようなマイホームを建てましょう。

 

豊橋市で注文住宅を手がけるブルーハウスからのメッセージ

ブルーハウスは、豊橋市で100%オーダーメイド・完全自由設計の注文住宅の設計施工、建築家デザインと快適性、住みやすさを両立した家づくりをしています。

  • ・デザインも性能も叶えて、長く快適に経済負担の少なく住める家をつくっています。
  • ・ブルーハウスは、高気密高断熱住宅にこだわっています。(現在HEAT20G2グレードを中心に建築。全棟気密測定(C値測定)を実施)
  • ・無垢材や塗り壁など、自然の素材を使った家づくりが得意です。
  • ・土地探しからも始められて、建てたい家や住みたい地域、住みたい環境から適した土地をお探しします。

愛知に住む人、豊橋に住む人を家づくりで幸せにする。「人生を最高に楽しむ家」をつくることを目指して家づくりをしています。

<合わせて読みたい>

ブルーハウスの家の性能や標準仕様を詳しく紹介しています。

ブルーハウスの家づくり|住宅仕様・性能

豊橋で暮らしを楽しむ!平屋コートハウスで体感ください

ブルーハウスは2021年、豊橋市に平屋コートハウスをオープンしました。ブルーハウスの家づくりをもっと知りたい方、住み心地を体感したい方、デザインを詳しく見てみたい方は、ぜひお気軽にご来場ください。

豊橋平屋モデルハウス(中庭のある家)

「建築家とつくる家」施工事例カタログプレゼント

「建築家とつくる家」施工事例コンセプトBOOKや、建築家の詳しいプロフィールを紹介したシートを無料でお送りします。豊橋でこだわりの家づくりをお考えの方はお気軽に「資料請求・問い合わせ」ボタンからご請求ください。

建築家とつくる家カタログイメージ建築家紹介シートイメージ

愛知で建築家と人生を最高に楽しむ家づくりをするなら

ブルーハウス

カタログ請求・お問い合わせ

見学会・セミナー