愛知で人気のガルバリウム鋼板の外壁はデザインだけじゃない!?特徴、費用、メリット・デメリットを解説

ガルバリウム鋼板の外壁:スクエアなデザインがスタイリッシュでかっこいい

愛知でおしゃれな家を建てる時や、シンプルモダンなデザイン性の高い家にする際にガルバリウム鋼板という金属性の外壁材や屋根材を使用するケースが増えています。スクエアなデザインやガレージハウスとの相性も良いため、ガルバリウム鋼板の特徴を活かすことで、自由度の高い個性的な家づくりが可能となります。そこで、今回は、人気のガルバリウム鋼板の特徴や、気になる費用、メリット・デメリット、メンテナンスの留意点などについて解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

目次

ガルバリウム鋼板とは?
ガルバリウムはなぜ耐久性が高い?
ガルバリウムの外壁のメリット・デメリット
ガルバリウムのメンテナンス方法は?
まとめ

 

ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板のサイディングの事例:耐久性とデザイン性も高い家づくりができる

ガルバリウム(Galvalume)とは、1972年にアメリカのベスレヘム・スチール社が開発した、耐久性の高い金属の鋼板のことです。日本では、ガルバ、GL鋼板と呼ばれることもあります。

ガルバリウム鋼板は、鉄板にアルミニウム55%、亜鉛43.4%、ケイ素(シリコン)1.6%の割合で混合させた合金メッキを吹き付けたコーティングが施された建材です。黒、ダークブルー、グリーン、シルバー、グレー、白など、様々なカラーリングがあります。

 

ガルバリウムはなぜ耐久性が高い?

黒を基調としたスタイリッシュなデザイン住宅の外観

通常、金属は表面に防錆材や塗料を塗ることで錆びを防ぎます。これまで建材として使用されてきたトタン板は、表面を亜鉛でメッキをすることで鉄が錆びる速度を遅らせるというものでした。しかし、その耐用年数は短く、トタンなどの錆びやすさを解決するために、ガルバリウム鋼板が開発された、という経緯があります。

ガルバリウム鋼板は、トタンよりも耐久性が高い建材にするために、錆を防ぐ効果の高いアルミと亜鉛を混合したメッキで保護膜をつくり、非常に防錆性能の高い建材となっています。耐用年数は、田園地帯、工業地帯で25年以上、塩害地域(概ね海岸から2km以内)で15年とされています。錆びにくさという点ではステンレス鋼板には劣りますが、価格が安価におさえることができるため、屋根や外壁など、家全体を広範囲にカバーできる建材として人気が高まっているのです。

 

ガルバリウムの外壁のメリット・デメリットは?

 

黒のガルバリウム鋼板のサイディングを施したガレージハウスの実例

ガルバリウム鋼板は、デザイン性、耐久性、コストパフォーマンス等において外装材として総合力の高い建材です。以下に、メリットとデメリットをまとめてみました。

ガルバリウム鋼板のメリット

デザイン性の高さ

ガルバリウム鋼板は、シャープな印象を与える素材でカラーバリエーションも豊富です。そのため、スタイリッシュなデザインと相性が良い外装材です。特に、熱反射率が高く、耐熱性も高いため、黒やダークブルーなど、他の建材では難しかったダーク系の色のラインナップを実現しているため、おしゃれな住宅デザインに欠かせない素材となってきました。

 

錆びにくい

ガルバリウム鋼板は、金属でありながら錆びにくい建材です。錆は耐久性のみならず、デザイン性も損なうため、錆びにくさ、防錆性能はデザイン性と機能性の観点からも重要です。

 

耐久性がある

ガルバリウム鋼板の耐用年数は都市部や田園地帯で20年~30年です。ガルバリウム鋼板の開発元のアメリカのベスレヘム・スチール社の実験結果によると、ガルバリウム鋼板はメーカー保証でも都市部や田園地帯で25年程度、海岸地域でも15年程度となっています。

 

軽量で耐震性が高い

外壁として使用するガルバリウム鋼板の平均的な厚みは、薄さ1mm未満(0.35mm程度が多い)です。そのため、金属でありながら、他の外壁材と比較しても軽いため、地震でも崩落などの危険性が少ない建材と言えます。

 

熱(熱反射、耐熱性)にも強い

ガルバリウム鋼板は、太陽光の日射熱などの熱反射性能が70~75%と高く、他の金属系のサイディングと比較すると夏の表面温度・屋内温度を抑えやすくなっています。また、アルミと亜鉛の合板メッキ中の容積の80%がアルミニウム成分のため亜鉛メッキのみのトタンよりも耐熱性も高くなっています。そのため金属サイディングではガルバリウム鋼板が黒や濃い目のカラーの外壁を使用する際には多く採用されています。

 

ランニングコストが抑えられる

ガルバリウム鋼板は、初期費用は一般的なサイディングとほぼ同様の費用がかかります。1㎡あたり4,000円~6,000円程度が相場です。ランニングコストは、一般のサイディングは10年程度で張替えが必要ですが、ガルバリウム鋼板は10~15年程度のサイクルでのメンテナンスですみます。他の外壁材と同様にメンテナンスフリーではありませんが、基本性能としての耐久性が高いうえに、一般的な手入れは水をかけて流す程度ですみますので、外壁材としての総合力は高いといえるでしょう。

ガルバリウム鋼板のデメリット

一方で、ガルバリウム鋼板の建材は、個性的な素材であることから、その特性に応じてデメリットもあります。

デザインに好みが分かれる

ガルバリウム鋼板の特徴の1つであるシャープさ、かっこいいデザインの外観が演出できる一方で、倉庫のようで好みではない、という方もいますので、デザインの好みには個人差があります

耐久性を維持するには確かな施工とメンテナンスが重要

ガルバリウム鋼板は耐久性の高さが魅力の1つです。しかし、十分な耐久性を維持するためには確かな施工とメンテナンスが重要となります。具体的なメンテナンスの方法については、次項でご説明します。

 

ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法

ガルバリウム鋼板の外壁のメンテナンスは、年1~2回程度、定期的に全体を水で洗い流しをする必要があります。晴れた日にガルバリウム鋼板で覆った場所全体に水をかけるだけで、ブラシなどでこする必要はありません。高圧洗浄も避けた方が良いです。

普段雨がかからない軒下、バルコニー下など、日当たり、風当たりがよくない場所などは、雨で汚れや付着物が洗い流されにくいため、「白錆び」の原因となる付着物を定期的に水をかけて洗い流してください。特に、塩害の可能性がある海や川の近隣や、軒の出が少ない場合などは、数か月に1階程度に水かけの頻度を上げるなど、できるだけ長持ちさせるためのメンテナンスに気を配ったほうがよいでしょう。

また、外壁に傷がついた場合に発生する「赤錆び」対策も必要です。外壁に傷がなければ発生しないのですが、台風などの影響で飛来物がぶつかったり、小石や物がぶつかったりすると、傷がつく場合があります。傷から錆が広がる可能性がありますので、目視による傷や錆びの有無などの確認が重要です。赤錆対策は、メッキ層を保護する塗膜補修で行います。

このようにガルバリウム鋼板の耐久性を維持するためには、地域性やコンディションを踏まえたメンテナンスを行うことが重要となります。ガルバリウム鋼板を使った家づくりは、このようなガルバリウム鋼板の特徴を理解して、家づくりのコンセプトや総合的な住宅性能を十分確保できるか、メンテナンスのしやすさなども地域に応じて異なりますので、地元の工務店に相談しながら導入を検討するとよいでしょう。

<関連情報>
ブルーハウスの建築家とつくる家
建築家とつくる家 リビング編

まとめ

建築家とおしゃれなデザインの家づくりをする際や、ガレージハウスを建てる際にガルバリウム鋼板を使うことで、黒やダーク系のカラーリングのシンプルモダンなデザインの家づくりがしやすくなります。ガルバリウム鋼板は、外壁材としてデザイン性、耐久性などの機能性などのバランスの良さが魅力です。外壁は、家のイメージを決める重要な要素になりますので、建てる家のイメージとガルバリウム鋼板の素材のイメージがあっているかどうかが、第1の選択のポイントになるでしょう。また、錆びにくく耐久性の高い金属製の建材とはいえ、錆びないわけではありませんので、美観と耐久性を維持するためにも定期的なメンテナンスが重要となります。地域によってメンテナンスの仕方も変わってきますので、地元の工務店に相談しながら導入を検討するとよいでしょう。

 

愛知・名古屋・豊橋・豊川でおしゃれな注文住宅を建てるならブルーハウスにご相談ください

愛知で自分たちらしい最高の家づくりをしたい。人生を最高に楽しむために、毎日が快適に暮らせる家づくりをしたい。そんなお客様の想いをかたちにしていくのが、私たちブルーハウスの仕事です。

家族のかたちや暮らし方はそれぞれ違います。だから、家だって1つひとつ違っていいはず。ブルーハウスは、お客様の想い×理想の暮らしを実現する家づくりを、建築家のクリエイティブと、完全自由設計の注文住宅を手掛けてきた工務店の確かな施工技術でお手伝いします

もちろん耐震・断熱・気密・素材・耐久など住宅性能も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。

オンライン相談やファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も実施中です。愛知での注文住宅の家づくりについて、各種お問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください

▼今、愛知で家を建てると、住宅ローン減税が、よりお得になるって本当?

愛知で建築家とおしゃれな注文住宅を建てるなら

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー

☆後悔しないための家づくり勉強会☆講師:下山 信武