注文住宅の予算はどう決める?年収別にプランを検討する方法は?


注文住宅で家を建てたい!と考えたとき、どのように予算を組めば、自分たちらしい家づくりができるのか? 無理なく返済できるのは、どれくらいの予算にすればいいのか? 悩みどころですよね。そこで今回は、年収別に予算を検討する方法をご紹介します。注文住宅を建てた世帯の年収や予算の内訳、愛知県の場合は実際はどれくらいの予算で家を建てているのか?気になるところです。住宅購入予算の計算方法や計算例もご紹介していますので、ぜひ自分たちらしい家づくりの参考してくださいね。

目次

 

注文住宅の購入予算の実際(アンケート調査結果)

注文住宅で家を建てる場合に、実際にはいくらの予算で建てたのか?住宅金融公庫が実施した住宅ローン利用者へのアンケートから見えてきた、注文住宅の実際の予算事情をご紹介します。

独立行政法人住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2018年度)」によると、注文住宅で家を建てた世帯の平均年収は、以下のようになっています。

注文住宅を建てた世帯の年収(単位:万円)

 

世帯年収

平均値

中央値

全国

592万円

521万円

東海圏

595万円

535万円

愛知県

618万円

550万円

出典:独立行政法人住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2018年度)」に基づき弊社で作成

 

注文住宅を建てた世帯の年収

2018年度に注文住宅を建てた世帯の年収は、
・全国平均で592万円(中央値522万円)
・東海圏では595万円(中央値535万円)
・愛知県では618万円(中央値550万円)
となっています。

平均値よりも、中央値のほうが実際の平均的な世帯像を示していますので、愛知県で注文住宅を建てる世帯は年収550万円が平均的と言えそうです。

愛知県で注文住宅を建てた世帯年収

もう少し具体的にみてみると、じつは愛知県でもっとも注文住宅を建てた世帯数が多いのは年収400万円~500万円の世帯です。次に多い層が500万円~600万円の世帯です。愛知県では年収500万円以下でも多くの世帯が注文住宅を建てていることがわかります。かならずしも一般的に言われている600万円以上の年収が目安ということが、かならずしも当てはまらないということがわかります。

 

住宅購入資金の内訳

では、もう少し具体的に購入予算の内訳をみていきましょう。注文住宅を購入するための資金は、どのような内訳になっているのでしょうか?

先ほどの住宅金融公庫の調査結果によれば、愛知県では、自己資金654万円、借入金2,884万円(公庫+民間金融機関等)、合計3,538万円で注文住宅を建てていることになりますので、自己資金は購入額の18%となっています。一般的には建築費の80%が住宅ローンの上限とされていますので、借入枠を十分活用して購入している世帯が多いようです。

 

 

年収の5倍が予算ってホント?

続いて、一般的に、住宅購入予算は年収の何倍程度とされているのでしょうか?

一般的には、年収の5倍程度が住宅購入予算の目安とされているのですが、注文住宅を建てる場合の実際はどうなのでしょうか?

 

愛知県の世帯年収の何倍の予算が平均的?

先ほどのフラット35の統計によると、愛知県の場合、世帯年収の6.2倍の住宅を建てています。

実際には、世帯年収の5.5倍~5.9倍の建築費をかけて注文住宅を建てている方が最も多く、次いで、年収の6.5倍~6.9倍で注文住宅を購入しているという結果が出ています。

世帯収入が500万円の世帯と800万円の世帯では、収入の差ほどは生活の固定費(光熱費や保険料など)の割合の差がありませんので、年収の何倍かというよりは、実際に毎月の返済負担を考慮して検討していく必要があります。

年収の5倍が住宅購入の予算の目安とはいえ、それぞれの家庭の事情や家族構成によっても変わってきますので、あくまでも目安として考えておいたほうがよいでしょう。

 

 

適正購入予算は?実際の年収をあてはめて計算してみよう


では次に、実際に住宅購入予算の目安を計算してみましょう。

住宅購入予算=年収×年収倍率+自己資金-諸費用

で求められます。

 

住宅購入予算の計算例(愛知編)

たとえば、愛知県で注文住宅を建てた方の平均的な世帯年収550万円、年収倍率5.5倍、自己資金654万円の場合をあてはめてみると、

 

年収:550万円 × 年収倍率:5.5倍 +自己資金:654万円 = 3,679万円

になります。さらに、ここから、住宅ローンに含めることができない諸費用(不動産仲介手数料や登記手続き費用等)が一般的に150万円と言われていますので、3,679万円-150万円で計算すると、世帯年収550万円の場合、3,529万円が住宅購入予算となります。

なお、この額に新居に引っ越すための引っ越し代や仮住まいの費用などがあれば追加してください。

なお、同様の条件で、

世帯年収400万円の場合の住宅購入予算は2,704万円、
世帯年収600万円であれば、住宅購入資金3,804万円

という結果となりました。

今回は、愛知県で注文住宅を購入した世帯の平均像を参考に算出してみましたが、実際の年収や自己資金をあてはめてそれぞれの住宅購入資金の目安を計算してみてください。

注文住宅は、理想の家づくりに向けて予算を調整しながら建てていくことができます。生活を圧迫しない範囲で、きるだけ余裕をもったプランを検討していくことをおすすめします。

 

 

まとめ

住宅購入予算は、年収に応じて、目安となる適正予算が計算できます。住宅ローンを組む際には、生活を圧迫しないような返済計画をたてられるように、できるだけ自己資金を準備するなどして、計画的に進めていく必要があります。

自分たちらしい理想の家づくりを目指すには、理想の暮らしへの想いと適切な予算管理が必要不可欠になります。設計の自由度が高い注文住宅だからこそ、建築費用はある程度余裕をもってみておきたいところです。

一方で、自由度の高い注文住宅とはいえ、現実的には限られた予算の中で、できること、できないことを選択しながら、1つひとつ自分たちの想いを叶えていくというプロセスが必要になります。そんな時は、ぜひ信頼できる工務店の担当者に自分たちの想いをぶつけてみてください。あなたの理想を叶えてくれそうな経験豊富な工務店なら、あなたの夢を叶えてくれる、そんなアイディアがきっと見つかるはずです。

 

愛知で注文住宅を新築するならブルーハウスにご相談ください

お客様にとって最高の家づくりを。私たちブルーハウスは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。「愛知で自分たちらしい注文住宅を建てたい!」という方は、豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。名古屋デザインラウンジ豊橋ショールームはこちらです。まずはお気軽にご相談ください。