ブルーハウスで家を建てたお客様の暮らしについて伺いました

LIFE STYLE施主様の声

他社で難しいと言われたことも「それは面白いですね」と言って色々と提案をしてくれました。

他社で難しいと言われたことも
「それは面白いですね」と言って
色々と提案をしてくれました。

[ カフェ風の家/ ]

家を建てる前は賃貸アパートに住んでいました。
ここの土地はもともと両親の土地で、いずれ家を建てるなら、ここを使っていいよって言ってもらえたことがきっかけで家を建てることになりました。
家を建てるにあたり、「自然素材」や「漆喰」を使った家がいいと思っていたので、そういう家が得意な工務店さんを中心に何軒か回り、その内の1社がブルーハウスさんでした。

最初にイメージを伝えたのは立ち話だったんです。
「土地を見ながらお話させていただけませんか?」と担当の方に言われて、土地を見ながらの立ち話で「だいたいこういうお家を想像してます」ということを伝えました。そしたら「わかります」と言ってもらえて、実際にできた間取りがドンピシャだったので、すごい!と感動しました。

その後も何軒か他の工務店さんを見には行きましたが、ブルーハウスさんの間取り図が忘れられなくて、すぐにブルーハウスさんにお願いすることに決めました。 家を建てるなら、三角屋根の家ではなく、シャープな印象の四角い家を理想としていて、なおかつロフトを作りたかったんです。
ですが、他社だと四角い家でロフトを実現させるのは難しいと言われてしまって…….。

でも、ブルーハウスさんは「それは面白いですね」といってくれて、色々と提案をしてくださいました。
他社だと、間取りが好みじゃないところもあったんですが、ブルーハウスさんは私たちの生活スタイルを考えて、間取りを考えてくれてるなっていうのがすごく分かった点も良かったです。

主人は外構工事の仕事をしているんですが、汚れてどろどろで帰ってきても玄関を通ることなくベランダから入って、すぐにお風呂場に行ける導線になっています。

私は将来的に、自宅に人を呼んでできる仕事がしたいなって考えが最初にあったので、玄関を入ってすぐに部屋があります。そこを閉めちゃえば、トイレと玄関にすぐ入れるので、生活スペースを見られることなく人を呼べるような間取りにしてもらいました。

坪庭もあるので今後、お庭をつくっていくことも楽しみです。

職業や生活スタイルを考えて、こういうことをしたら便利になるっていうのをすごく考えて提案していただけたので、非常に納得しながら家づくりに取り組むことができました。

家は漆喰とレンガを使った家なのですが、主人がかわいい家にいるのが想像できなくて、
かっこいい要素も取り入れて欲しいとお願いしました。

手すりにアイアンを使用して、同じ素材でテレビ台をオーダーでつくってもらいました。
壁がずどんっと大きいので、テレビ台は通常のテレビ台よりも大きいモノを入れて、板は主人の手作りです。部屋の所々をアイアンにすることで統一感がでています。
家のメインカラーも黒・グレー・白・茶色にすることで、全体的に落ち着いた印象になっています。

全て造作で造られたキッチン。奥様の身長に合わせて使いやすく、そしておしゃれ!

全て造作で造られたキッチン。奥様の身長に合わせて使いやすく、そしておしゃれ!

要所に使われる黒がかわいさの中にクールな印象をプラスしています

要所に使われる黒がかわいさの中にクールな印象をプラスしています

キッチン横には黒板が。家族の連絡板になったり、お子様たちの遊び場になったり。

キッチン横には黒板が。家族の連絡板になったり、お子様たちの遊び場になったり。

キッチンもすごく気に入っています。
コの字のキッチンですべて造作でつくっていただきました。コの字の方がスペースが小さくても有効活用できますよと提案していただき、机も全部造り付けにしてもらいました。

私は背が低いので、棚の位置や高さはちょっと低めになっています。
収納もコンパクトなのにしっかり収納できて、とても使いやすいキッチンです。

最近の住宅はリビングと和室が全部続いていて、広々とした家が多いですが、うちはリビングと和室を独立させました。リビングに使えるスペースは狭いはずなんですが、空間を上手に使っていただいたので、全く狭さを感じないんです。

主人が希望していた吹き抜けも、上手く取り入れてもらい、開放感のあるリビングになってとても満足しています。 うちの扉は引戸が多いんですが、「引戸の方が安く抑えられますよ」というアドバイスが元でこうなっています。

抑えるところは抑えて、使うところは使う。お金をかけられない面はどうしてもでてくるので、お金の面でもしっかりと相談にのっていただきました。

家づくりに関しては、担当の方のセンスがよかったのでほとんどお任せです(笑)。
間取りの段階で、これだけのモノができあがってくるのが、すごい!と思っていましたし、提案していただくモノも全部良い!!という印象を持っていたので、担当の方のセンスを非常に信頼していました。

例え意見がぶつかったとしても、ここの間取りはこういう理由があるから、こうなっていますっていう説明をしっかりしてもらえたので、不安もなくお任せすることができました。
本当にいい方に巡り会えたなって思っています。

見学会にも2軒程行きました。
仕事をしていたので、見学会の日にちには行けなかったのですが、他の日でアポを取っていただきました。 2軒とも雰囲気が違ってそれぞれの良さがあったので、参考にしたい部分も多かったです。

見学会に行くまで、ブルーハウスさんのイメージはプロバンス風の注文住宅をつくるイメージを持っていました。
しかし実際に見学会に行ってテイストが異なる2棟を見たら、自分が持ってるイメージの家も大丈夫かなって確信が持てました。
住み始めて1年半になりますが、家に居ることが楽しくて帰ってくるのが毎日楽しみです。

私はインテリアも好きなので、観葉植物やドライフラワーを日に日に買いあさって植物ばかり増えてます(笑)。
買い物に行くときも、これを飾ったらかわいいかな?と考えて買い物することが増えて楽しくなりました。

ロフトは子供達の遊び場。奥の黒い壁は黒板になっています。

ロフトは子供達の遊び場。奥の黒い壁は黒板になっています。

シャープな印象の四角い外観。<br />
ロフトの設置とこの外観の両立は難しいと他社では言われてしまいましたが、実現してもらいました。

シャープな印象の四角い外観。
ロフトの設置とこの外観の両立は難しいと他社では言われてしまいましたが、実現してもらいました。

以前は賃貸アパートだったので気になっていた騒音の面も、今ではほとんど気になりません。
隣の家と密着していないつくりになっているんですが、それも土地を見ながらお話したときに考慮して下さった点です。周りの環境を考えてつくっていただいたので、とても快適に生活しています。

家づくりをする上で担当の方との相性はとても大切です。
疑問や質問を鵜呑みにせず、真摯に向き合ってくれる方なら疑問にもしっかりと答えてくれるはずです。
質問をして、どう答えてくれるのかを見るのは大事ですし、担当の方とコミュニケーションが上手く取れないと後々ずれがでてくるので、こちら側もイメージをしっかり伝えることが大切だと思います。

私は自分の好みを伝える際に、写真などを貼り付けたモノを持っていきました。床はこういう色が好きで、部屋の雰囲気はこうしていきたい、曲線じゃなく、シャープなつくりで、っていうのをプレゼンテーションするように伝えました。

言葉で伝えるよりも目で見た方が伝わりやすいですし、自分の好みを明確に伝えることができます。
例えば、白いタイルをイメージしていても、相手が同じモノをイメージしてくれるわけではありません。
好きなモノをしっかりと伝えて、イメージのすり合わせをしていくことで本当に理想の家づくりをしていくことができるはずです。

同じカテゴリの他の事例

Back to list

他の家もご覧ください

Page Top

8Contact お問い合わせ・資料請求

ä ë

Copyright © 岐阜 豊橋 名古屋を中心とした自然素材住宅 注文住宅のBLUE HOUSE Allrights Reserved.