ホテルライクな家をつくるためのコツ7選!|くつろぎの家を作るために考えるべきこと

ホテルライクなくつろぎのリビング

「ホテルのようなおしゃれな空間にしたい」
「ホテルのようなくつろげる家をつくりたい」

家づくりを始めて、こういった部屋づくりを目指す人も多いでしょう。

どうすれば高級ホテルのような「おしゃれでくつろげる空間」を作ることができるのでしょうか。

 

実は、様々なホテルを建築的側面から見てみると、いくつかの共通点があることが分かります。

今回はその共通点を「ホテルライクな家づくりのコツ」としてまとめてみました。

おしゃれでくつろげる空間を作りたいと思っている人は、ぜひ最後まで見てみてくださいね。

<コラムのポイント>

・「ホテルライクな家」づくりのコツ7つが分かります

ホテルライクな家づくりのコツ

外とのつながりで得られるホテル感

ホテルライクなおしゃれな家づくりをするためには、考えるべき「7つのコツ」があります。

実際にはもっと多くの考えるべきポイントがありますが、全て網羅すると1冊の分厚い本になってしまうので、常に心に留めておくべきコツを抜粋してお伝えします。

 

リビングの計画を考えるとき、寝室の計画を考えるとき、あらゆる場面で7つのコツを思い出してみてください。

おしゃれでくつろげる、ホテルライクな家に一歩近づくことができるでしょう。

『統一感』壁・床・家具 空間を統一する

色味の統一で得る上質なダイニングキッチン

ホテルライクな家にするコツ、1つめは家全体で「統一感」を演出することです。

床や壁、天井の色や素材、家具を同じ雰囲気のモノでまとめることで統一感を出すことができます。

 

色を例にすると、高級なホテルでは主な色味を2~3に絞り内装を設計します。

ホテルの雰囲気に合うように、白・黒・茶など、シックでモダンな色味を基調にして、植物や絵画などでアクセントカラーを設定して演出します。

その結果、空間に統一感が生まれ、おしゃれな空間を演出することができるのです。

 

家づくりでも、ベースとなる色や素材を決め、その色を中心に床・壁・天井、さらに家具を選択すると統一感が出て、モダンな雰囲気を醸し出すことができるでしょう。

『素材感』素材にこだわる

多様な素材を上手く組み合わせたリビング

次に「素材感」にこだわりましょう

上質な素材にこだわると空間全体に高級感が生まれます。

特に手足が触れる部分、視線と近い場所、面積の多い場所の素材にこだわると雰囲気がグッとよくなるでしょう。

 

高級なホテルではロビーの壁や床が大理石で統一されていたり、足ざわりのよい絨毯が敷き詰められています。

面積の多くを占め、私たちに触れる、または目線が近い場所に上質な素材を使うことで空間全体の高級感を演出することに一役買っている好例です。

 

リビングにウォールナットやチーク材など、深みのある色を持つ無垢材を用いたり、壁面に漆喰などの塗り壁を用いると高い質感が得られるでしょう。

『余裕感』横の広さ 縦の広さに余裕を

縦横の広がりを感じるリビング

3つめは「余裕感」です。

横方向の広さ、縦方向の広さを感じると空間に広がりを感じ、家全体に広く大きな印象を与えることができます。

 

ホテルではエントランスの先、ロビーを思い浮かべると分かりやすいです。
2階・3階まで吹き抜けとなった高い天井、大きなソファをいくつも並べてまだ余裕がある奥行き、この余裕感、広がりこそホテルライクといえるでしょう。

 

一般住宅でも広がりを持つ余裕感のある家づくりは可能です。

よく使われる手法は、LDK和室を一体の空間に配置して、横方向の広がりを確保する方法です。吹き抜けと一体にできれば、横に加えて縦の広がりも演出でき、ホテルライクな家づくりに寄与するでしょう。

 

家具の選び方にも気をつけて、低めの家具を選択したり、ハイバックソファなど背が高い家具は壁側に寄せる計画にすると広がりを確保できます。

ソファや収納を建築化して備え付けにすると、一体感も生まれてさらに余裕のある空間を演出できるでしょう。

『低さ』天井が低い場所も必要

天井を低くすることで落ち着きを付与したダイニング

4つめは「低さ」です。

余裕感と対照的なコツに疑問を抱く人もいると思いますが、実はホテルライクな家づくりに欠かせない要素となります。

 

ホテルのロビーは高く開放的、一方でカフェスペースや待ち合わせスペースの天井を低くしているホテルを見かけます。

これはわざと天井を低くして、空間に落ち着きを与えています

天井高の高い場所と低い場所、どちらも有効に活用することで、高級感の演出とくつろぎの演出を同時に行なうことができるのです。

茶道のための茶室も天井高が「頭がつくのでは」と思うくらい低いですが、落ち着いた高級感のある部屋を演出しているのが思い出されます。

 

家づくりでも、ダイニングの天井は高く吹き抜けを設けて、リビングの天井は低く落ち着きを演出するなど、天井の高低で演出を意識すると、くつろげる空間に磨きがかかるでしょう。

『くつろぎ方』あなたのくつろぎ方は

ソファでもじゅうたんでもくつろげる多用途なリビング

5つめは「くつろぎ方」を考えることです。

人によってくつろぎ方は変わります。

ソファに座って本を読むのが一番、じゅうたんを敷いてゴロゴロするのが一番、窓際で外の空気を感じながら落ち着きたい、それぞれのくつろぎ方があるでしょう。

 

静かに本を読むためのスペースをリビングの一角に設ける、じゅうたんを敷くための広めのリビングを確保する、窓際の光がよく当たる場所に椅子を置く場所を用意する、設計段階でくつろぎ方を考えれば家は一層くつろげるホテルライクな空間になります

『照明計画』間接照明を上手に使う

間接照明を使用したおしゃれなリビング

6つめは「照明計画」を考えることです。

高級なホテルは例外なく綿密な照明計画を練り、上質な空間を作っています。
間接照明を多用して壁や天井から優しい光が降り注ぎ、打ち合わせスペースなど光量が必要な場所には補助照明を確保し、おしゃれでありながら機能的な空間を提供します。

 

間接照明を使えばリビングやダイニングはホテルライクな空間にグッと近づくことになります。

ただし、ホテルのような空間づくりに寄与する「コーブ照明」や「コーニス照明」といった「建築化照明」は設計時に計画しないと実現できません

ホテルライクな空間を作りたい人は早めに相談する必要があります。

『生活感の排除』すっきりした部屋

生活感を排除した綺麗なリビング

最後の7つめのコツは「生活感の排除」です。

どれだけ家づくりがうまくいっても、生活感が溢れていてはホテルライクな雰囲気はなくなってしまいます

 

高級ホテルで掃除機が無造作に置いていたり、フロントの目につく場所に電話が置いていたりすることはありません。

ホテルでは生活感を与えるようなモノが目に触れないよう徹底的に排除し、上質な空間を作ることに成功しています。

 

生活感を排除するためには、生活感を感じるものをなくすことが重要です。

電気配線のコードやゴミ箱など、生活するのに必要なものは数多いですが、それらを収納の中に埋め込んだり、人の目に触れない場所に設置することが大事です。

生活感を見せないために生活が不便になっては本末転倒なので、どこまで生活感をなくすのか、どうすれば利便性を犠牲にせずに済むのか、考えながら家づくりをすることが求められます。

まとめ

ワクワク感を感じさせるエントランス

ホテルライクな、おしゃれでくつろげる空間づくりを目指すには「家を設計するとき」が勝負です。

間接照明や造作家具は家を建ててからでは設置できないものもあり、設計当初から計画に織り込むことが大事です。

家具についても設計の段階から考えておけば、理想の家具に対してちょうどよい大きさのリビング・ダイニングを作ることができます。

今回ご紹介した「ホテルライクな家をつくるためのコツ7選」を心に留めて、おしゃれでくつろげる家を作りましょう

建築家とつくる家 オープンハウスを開催します

豊橋市のオープンハウス

豊橋市「建築家が描くガルバリウムのスクエアな家」の完成見学会を開催します!
リビングに配置した大きな窓と吹き抜けで明るいリビングを実現しています。ぜひ見学に来てくださいね。

大好評の豊橋平屋モデルハウスも見学ご予約受付中です!貴重な夜のモデルハウスが見られるイベントも開催します!ナイトツアーご希望の方は下記のバナーからお申し込みください。

愛知・名古屋・豊橋で建築家と建てるおしゃれな注文住宅はブルーハウスにお任せください

ホテルのようなくつろぎ空間を実現したいと考えている人は、ぜひブルーハウスに思いの丈を語ってください。

ブルーハウスには10人の建築家と専属の設計士が家づくりに参加しています。

あなたの考える「ホテルライクな家」を多くの設計士の視点で実現することを約束します

「住んでいて満足感の高いおしゃれな家」

「その空間にいるだけで落ち着く、くつろげる家」

満足する設計を致しますので、ぜひブルーハウスにご相談ください。