名古屋でガレージハウスを建てるなら|ビルトインガレージのメリット・デメリットと土地選びのポイント

住宅とガレージが一体化したガレージハウス

家を建てるとき、車を停める場所をどうするかで悩む人も多いと思います。

最近は住宅とガレージが一体化したビルトインガレージ(ガレージハウス)が、土地を有効活用できる家の建て方として人気が高まっています。

今回は、ビルトインガレージを検討するときに知っておきたい、メリットや注意点と、土地を選ぶ際のチェックポイントについて解説したいと思います。

目次

 

住宅一体化ガレージを作るメリット

住宅と一体化したガレージのある家が注文住宅でも人気が高まっています。その理由として、以下のようなメリットがあることが挙げられます。

車の乗降や管理が楽になる

家の中から車に直接アクセスできるメリット

家とつながった構造のガレージなら、雨や風の強い日でも屋外に出ることなく車に乗り込むことができ、帰ってきた際も車から降りてすぐに汚れずに家の中に入ることができます。

これは一体化ガレージの最大のメリットです。

住宅とつなげたカーポート(柱と屋根のみで覆われた駐車用スペース)でも、ある程度は天候の影響を受けずに済みますが、ガレージはさらに壁やシャッターがあるので車も人もより安全になります。車を綺麗に保ちたい人にとってはカーポートよりも四方を壁やシャッターで囲まれたガレージが良いでしょう。

車は天候の影響の他にも盗難やいたずらなどにも注意する必要がありますが、一体化ガレージは、家と分離しているガレージよりも家の中にいてもガレージの変化に気づきやすいため安心感があります。

ガレージで延べ床面積条件を緩和できる

ガレージハウスの施工事例

ガレージハウスの外観

ガレージ(駐車場以外にバイク、自転車置き場、誘導車路も含む)は、住宅部分の1/5までの面積であれば、住宅全体の延べ床面積計算の対象外となる特例があります。

例えば、100㎡の土地で容積率(敷地面積に対する延べ床面積の割合)100%の場合、100㎡の1/5の20㎡までのガレージなら、延べ床面積に含まれません。つまり、この土地にはガレージを合わせて120㎡までの建築物が建てられるということになります。この条件を上手く利用して設計すればガレージを入れても居住スペースの間取り作りに余裕ができます。

ちなみに、一体化ガレージ以外の家と分離したガレージやカーポートも1/5の条件を満たせば延べ床面積に算入されません。

ガレージ面積は建ぺい率には緩和がかからないので注意

ガレージ部分は容積率の緩和(延べ床面積の緩和)はありますが、建ぺい率(敷地面積に対する建築面積(=建物を上から見たときの面積)の割合)の緩和はありません。

実際には、車庫の柱から1mまでが「建築面積」に算入されない条件はあります。

  • ①外壁のない部分が4m以上連続している
  • ②柱の間隔が2m以上
  • ③天井の高さが1m以上
  • ④地階を除く階数が1である

この条件は、カーポートであればほとんどの場合満たすことができますが、ビルトインガレージや独立型ガレージの場合は、①の「外壁のない部分が4m以上連続」という条件を満たすことはほぼないため、壁で囲まれたガレージについては建ぺい率の緩和はないと考えたほうがよいでしょう。

ガレージと住宅を横に並べて建てる場合は、敷地に余裕がないと建ぺい率を超えてしまう場合があります。

よって、限られた敷地面積でも建ぺい率を超えずにガレージを作るために、家の中に組み込む(ビルトイン)という方法が増えているのです。

住宅部分の1/5以下の面積なら固定資産税もかからない

ガレージは、住宅一体化でも分離型でも住宅部分の1/5以下の面積なら延べ床面積に算入されないというお話をしました。延べ床面積に入らないということは、固定資産税の計算からも除外されるということです。

同じ延べ床面積でもガレージのある家とない家では、固定資産税の額が違ってくるということになります。

ただし、自治体によって固定資産税計算時の評価は異なりますので、税金のメリットを受けたい場合は事前に依頼する工務店や設計士によく相談するようにしましょう。

趣味を楽しみ、こだわりの空間を作れる

絵の中から愛車を眺められるこだわりのガレージ

ビルトインガレージを望む人の中には、車庫としてだけではなく、趣味の作業やディスプレイをして楽しむ場所や秘密基地のようなくつろぎスペースとして使用したいという人が多いようです。

居住部分からすぐにアクセスできることから、テレワークなど仕事をガレージで行う人もいます。

このようにガレージを多目的に使用したい場合は、住宅と繋げた一体化ガレージがエアコンや水場などの設備を整えやすいほか、設計の段階で断熱性や室内の内装などにこだわることができるのでおすすめです。

 

ガレージハウスのデメリット

構造の強度維持にコストがかかる

ガレージには広い間口が必要です

ガレージには広い間口が必要です。その為、ガレージの上に居住スペースが載る形のビルトインガレージは構造的に弱い部分が多くなります。

そのため、ガレージ部分をRC造にしたり、しっかりと構造計算を行って耐力壁を適切に確保したりするなど、設計や構造部分の施工コストが高くなりがちです。

木造でも大きな開口部を確保する工法(木造門型フレーム、SE構法など)はありますが、一般的な木造軸組構法よりはコストが高くなります。

排気ガスやエンジン音への対策が必要

住宅と分離している独立型のガレージと比べて、住宅と一体化した構造のガレージハウスは、居住部分に車の排気ガスが入り込まない工夫、エンジン音が響かない工夫が必要です。

実際、ビルトインガレージのアイドリングの排気ガスで一酸化中毒になったという事故も起きています。

こうした事故を防ぐためには、アイドリングをする際はシャッターを開ける、ガレージ内に換気扇や排気ダクトを設置する、ガレージから居室へつながるドアや窓部分の気密性を高め、空気が通らないようにするなどの工夫をしましょう。

また、車のエンジン音やシャッターの開閉音も、早朝や深夜は特に響きやすく、住宅と一体化していると振動が気になる場合もあるかもしれません。音の問題に関しては、壁に吸音材を使用するなど防音に関する対策もできれば行っておきたいです。

 

ガレージハウスに適している土地や条件など

ガレージハウスに限らず、敷地内にガレージを作る場合はその位置取りが大切です。ガレージの位置と大きさによって、住宅の設計が決まってくることも多いです。

従って、ガレージを作るのになるべく向いている土地を選ぶことが望ましく、車を入れづらいなどの問題が起きないようにしましょう。

 

車に合わせた土地選び

角地はガレージ位置の選択肢が増える

角地(2方を道路に囲まれた土地)は、ガレージの位置の選択肢が多くなります。玄関とガレージで2方向を利用することもでき、開放的な家になりやすくなります。設計の自由度が高くなるという点では角地は有利です。

ただし、裏を返すと人目につきやすくプライバシーや防犯の面はより気を遣う必要があることには注意が必要です。

前面道路の幅や交通量

ガレージに面した前面道路の広さは、ガレージの大きさに関わってきます。前面道路幅が狭いと、直角駐車するために、ガレージの間口がたくさん必要になります。

ガレージの間口は、車1台なら最低3m以上必要ですが、前面道路幅が狭いと予想以上の間口が必要で間取りに影響する可能性もあるため、できれば広めの前面道路幅(最低4m以上)がある土地が望ましいです。

また、道路の交通量もチェックしておきたいです。

旗竿地、傾斜地などのポイント

土地を探していると「旗竿地」や「傾斜地」など少し特殊な土地を見ることも多いと思います。普通の土地よりも安く設定されていることが多いですが、採光や通風に工夫が必要だったり、車を停めにくかったりと敬遠されることも多い土地です。

しかし、旗竿地でも旗部分にビルトインガレージのある家を作っている例は多くあります。土地の費用が安くなる分、設備や内装にお金をかけられるという考え方もできます。

旗竿地の設計を依頼する場合は、難しい土地でも対応できる建築家などの設計のプロに依頼するのが最もおすすめです。

傾斜のある土地の場合は、傾斜を活かして半地下にガレージを作るのも一つの方法です。ガレージの上がスキップフロアになるような構造の家も最近多くなっています。ただし、傾斜地に家を建てる場合は、地盤の状態をよく確認する必要があります。地盤調査や元々ある擁壁の安全性などをしっかりと確認することが重要です。

必要なガレージの面積を決めるには

どんな車を何台停めるかを具体的に考えよう

ガレージの面積は、どんな車を何台停めたいかを具体的に考えて決めることがポイントです。一般的な乗用車1台に必要なガレージの面積は、幅3m、奥行き6m程度です。

開口部の高さは、車の全高によって変わってきます。セダンの平均的な全高は1.5m程度ですし、ハイエースなどのワゴンなら2m以上になります。独立型ならばガレージの大きさ、高さは家の設計とは直接関係ありませんが、ガレージの上に居住スペースが載るビルトインの場合はどんな車を停めるかによって、家の設計にも大きく影響を与えるのです。

また、駐車以外にも仕事場として使う、ディスプレイをする、家具を置くなどの使い方をしたい場合は、その分の面積も考慮しましょう。

 

まとめ

今回は、ガレージハウスのメリットと、ガレージハウスを建てる土地選びのポイントについて解説しました。

ガレージハウスは便利でおしゃれ、土地を有効に活用できる点で人気です。

ただし、構造に対するコストが高くなる可能性や住宅と一体化することならではの排気ガスや音の問題など注意する点もあります。

こうした問題を解決しながらガレージハウスを建てるなら、設計のプロである建築家と建てるのがベストと言えるでしょう。土地によって様々ある条件をクリアし、なおかつ快適な住環境も実現するには、オーダーメイドのプランが不可欠と言えるでしょう。

名古屋でガレージハウスを建てるなら、土地探しのお手伝い+建築家の設計ができるブルーハウスにお任せください

ガレージハウスは、住宅と一体化した洗練されたデザインはもちろん魅力ですが、構造の強度や土地に合わせた駐車計画など注意すべき点もたくさんあります。

ブルーハウスなら、土地や希望に合わせたあなただけのガレージハウスを、建築家のクリエイティブと地域密着の工務店の確かな施工技術でお届けします。完全自由設計で培った経験と実績を生かし、断熱、耐震などの施工面も十分な性能を持たせています。

安心して愛車とともに暮らせるガレージハウスを建てたい方は、ぜひブルーハウスにお任せいただきたいと思います。

耐震・断熱・気密・素材・耐久など機能性も業界最強クラス最長60年保証、24時間365日のコールサービスで家づくりのトラブルにも対応しています。土地探し、資金計画、間取りなど、まずはお気軽にご相談ください。各種お問い合わせはこちらまでオンライン相談会ファイナンシャルプランナー(FP)による無料相談も開催中です。

愛知で建築家とつくる家づくりデザインカタログはこちらから
家づくりカタログの画像

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー

☆後悔しないための家づくり勉強会☆講師:下山 信武