1

高耐震を実現する      『高性能モノコック工法』

日本の木造建築で最も多い工法が
「軸組工法」。

耐震に強い「2×4工法」。

「軸組工法」と「2×4工法」

両方のメリットを組合せた工法

『高性能モノコック工法』になります。

また柱や梁の接合部分を専用金物を
使用し、より強度の高い構造に
なっています。

自由性を保ちながら高い耐震性能と
快適性を実現します。

 

2

高耐震を実現する『EXボード』

高耐震の要になるのが耐力面材

『タイガーEXボード』

 

 

壁全体で力を受け止めるため、
筋交いよりも高い耐震性を実現します。
ブルーハウスでは外周部すべてに

施工することで真に強い家を
実現します。 

 

点で繋いで支える軸組工法(在来工法)と違って、面で支える工法を
木造枠組壁工法(2×4工法)
と言います。
面で支えることで耐震性が高いのが

特徴です。

 

 

◎確かな耐震性

筋交いは端部のみの固定ですが、
タイガーEXボードは全面を固定
するため、一部にかかる負担が
軽減されます。

・取り付けはくぎのみ。
筋交いと異なり、柱・梁の金物と
干渉しやすい、接合金物を
使用しません。

 

◎施工性の向上

筋交い材を省略することもできるため、グラスウールなどの断熱材挿入が
容易です。

断熱材を充填しやすいので、断熱性能を確実に発揮しやすくなります。

関連ワード

関連キーワード
関連キーワード
関連キーワード

 

 

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー