日本の住宅の多くは現在、アルミ樹脂複合サッシを採用しています。ただし世界の住宅先進国ではオール樹脂サッシが普及しています。これは、結露に対しての意識の差です。結露は耐久性や断熱に大きな悪影響を及ぼします。日本の住宅は消耗品のように古くなったら建て替えるを繰り返していますがヨーロッパなどの住宅先進国では家は何世代にもわたって大切に受け継がれるものです。世界はSDGsを真剣に考えサステナブルな生活を実現しようと既に動き出しています。日本はどうでしょうか?これからの世代に美しい地球を残すためにもBLUEHOUSEは消耗品ではな日本の新しい家の価値を創り出していくという使命を持っていると考えています。