気密と断熱はセットで考える

高い断熱性を実現したところで家に隙間があったら意味がありません。
ダウンジャケットをイメージしてみてください。

断熱は中綿のダウンです。
できる限り良質のダウンに厚みを持たせることでより良いダウンジャケットになると思います。
そして、気密はそのダウンジャケットに穴が空いているか空いていないかです。

どんなに良質なダウンを使用したダウンジャケットでも穴が空いていては意味がありません。
冷たい風が穴を通り体を冷やしてしまいます。

住宅も同じで断熱だけを良くしても、効率が悪くて仕方がありません。
断熱は、気密どちらも良くすることで過ごしやすい温熱環境を獲得することが出来ます。

気密は低コスト

先程のダウンジャケットでも話しましたが、
断熱は高い性能を持った断熱材
をできる限り厚みを持たせる必要があります。

その為、どうしてもコストが高くなってしまいます。
気密はそうではありません。
施工性とコツで高い気密を獲得することが出来ます。
特に大工の腕と丁寧さは気密に直結します。
1つ1つを組み立てることによってできる木造住宅は大工の腕1つで全く違う気密性能になるのです。
だからこそ、良い大工とコツを知っている住宅会社を選ぶだけで高い気密性能は獲得できると言えるでしょう。

 

 

 

関連ワード