背伸びしたプライス

価値ある暮らし

ブルーハウスでは、質の高いお住まいを納得の価格でお客様に提供できるよう取り組んでいます。お客様の想いやこだわりをカタチにする建築家の設計技術・高気密・高断熱で耐震性の高い安心安全な家の価値をお届けしたい。そのために、あらゆる無駄なコストの削減に努めています。
ブルーハウスは、より多くのお客様に『価値ある暮らし』への夢の実現に『背伸びしたプライス』でお応えいたします。

point1家づくりにかかる
余分費用のカット

注文住宅のコストが上がる理由は、集客サービスやイベント・建材の購入にかかる流通ルートや人件費などが挙げられます。これら中には、建築会社の目利きや努力で抑えられるものが多くあります。ブルーハウスでは、抑えられるコストや無駄な費用を最大限カットして、お客様により納得いただける価格を提供しています。

家づくりにかかる余分費用のカット

コストアップ

無料サービスに隠れた
コストアップ

多くの建築会社では、契約前の呼び込みとして『無料のプラン作成』や『無料の敷地調査』のサービスを実施しています。良心的なサービスではありますが、実はそれにかかる費用は、契約したお客様の見積もりに上乗せする仕組みなのです。 ブルーハウスでは、このような契約に至らない方へのサービス料金をお客様が背負うことがないよう、家づくりにかかる見積もりを正当な価格で算出いたします。プラン作成や敷地調査に対して、その都度費用をいただくことで、お客様それぞれに対して適正な費用のみを請求いたしますので、ご安心ください。

コストカット

建材の仕入れルートから
コストカット

一般的に工務店は、建材メーカーから買い付けた問屋・商社などから家づくりに必要な建材を購入します。このルートは、建材メーカーの直接販売価格に問屋・商社の人件費・事務所、倉庫維持費などが上乗せされる仕組みになっています。 そのためブルーハウスでは、建材メーカーから直接発注を行い、この上乗せ価格の無駄をカットしています。また、建材の価格に含まれている「住宅会社倒産リスクへの保証費用」を先払いすることでコストダウンをはかります。 建材の品質ランクを落とすことなく、最大限のコストカットに努めることで、適正な建築価格をお客様にお届けできます。

point2暮らし始めてからの
ランニングコストを考えて

価格にもこだわった家づくりに成功しても、いざ暮らし始めると資金繰りや生活費用に苦しむことになっては困ります。カタチだけの家づくりではなく、住んでからも満足できるように気を配ったコスト計画を行っています。

暮らし始めてからのランニングコストを考えて

省エネ住宅

高気密・高断熱の
省エネ住宅

家が完成して、暮らし始めると住宅ローンの返済と同時に電気代やガス代という光熱費が発生します。住宅の低価格にこだわり、家の性能を妥協してしまえば結果的にランニングコストの悪い住まいになりかねません。例えば、数百万円高い高性能住宅の方が、毎月の光熱費支払いを踏まえると「住宅ローン+光熱費」の費用が高性能にかけた費用よりも安くなる可能性があるのです。 ブルーハウスでは、気密性・断熱性の高い省エネ住宅を無駄なコストを削減した価格で提供しています。そのため、数百万円高い高性能住宅を選んでも一般的な住宅に住むよりも、毎月の光熱費を抑えやすく、なお他よりも元を取りやすい住宅価格をお客様にお届けします。

計画づくり

人生の3大支出に対応する
計画づくり

暮らしにかかる費用は、住宅ローンや光熱費だけではなく、その家に住むご家族の生活費・お子様の教育費・老後費用など人生の大きな支出を頭に入れておくことが重要です。 ブルーハウスでは、お客様のライフプランをシュミレーションして、
人生の3大支出を考えたローン計画ではなく、無理のない返済計画のお手伝いを行っています。そして、この計画に沿って無理のない、家づくり計画を進めていきます。 打ち合わせを進める過程で予算が膨れ上がり、この計画が崩れることがないようにコントロールするのが私たちの務めです。