ブルーハウスが手がける造作家具。 | 家づくりコラム

COLUMNブルーハウスの家づくりコラム

ブルーハウスが手がける造作家具。

[ デザイン/ ]

ブルーハウスの家づくりコラム

既製品の家具も良いけれど、世界にひとつだけのオリジナル家具も魅力的ですよね。
今回はブルーハウスだからこそできる造作家具のご紹介です。

 

 

■造作家具とは?
1からオーダーメイドで造る家具ですので、デザイン・仕様・サイズをミリ単位で指定することができるのが特徴です。既製品の家具とは違い、棚を置いたら少し余分なスペースができてしまった…ということもなく、ピッタリと幅があった棚や机などを造ることができます。奥行きや幅がないような場所、デッドスペースなど、空間を余すことなく活用できるメリットもあります。

 

 

■ブルーハウスが手がける造作家具の魅力

ブルーハウスの造作家具の特徴は、デザイン性の高さを住む方の暮らし方に合わせたさまざまな工夫やご提案です。

お客様のご要望に沿って様々なご提案をさせていただきます。家は家族が長く生活する場所。そしてそこにはすべて家具が存在します。長く暮らす家だからこそ、何年も何十年も愛着を持って使いつづけていただきたい。そんな想いで一つずつ丁寧につくらせていただいています。

■施工事例から見る実際の造作家具

ここからは、実際のお客様の事例から具体例をご紹介させていただきます♩

 

<270°の円卓テーブル>

もともとリクエストをいただいていたのは半円のテーブルでした。お客様が本でとある半円テーブルをご覧になられ、「これいいな」となってリクエストをいただいた流れです。ただ、半円だと座れるスペースが狭くなってしまうかも…とご相談いただき、ご家族がゆったりと座れる270°の円卓テーブルをブルーハウスからご提案させていただきました。

 

 

<たっぷり収納できる8つの棚>

収納スペースがたくさん欲しいとのことでしたので、壁面にたっぷり収納できる棚を造作でつくらせていただきました。一つの場所にまとめて収納スペースをつくることで出し入れもしやすくなります。

 

 

<テレビのサイズに合わせて造作した壁面収納>

造作家具の中で特に要望が多いのが、テレビボード。こちらのお宅では、壁一面を本棚にし、真ん中にテレビを納めるスペースも入れてご提案をし設計をさせていただきました。こうした可変性の高さも造作家具の魅力です。他にも多くのテレビボードの事例があるので一挙にご紹介します。

 

 

<壁にぴったり合わせたテレビボード>

造作であればこのように壁と壁にぴったりのサイズで造ることができます。収納棚の役割も兼ねており便利です。

 

 

 

<空間としてデザインされたテレビボード>

こちらは垂れ壁の幅にテレビボードを納め、間接照明を合わせることでひとつの空間になるように設計。レンガ貼りの壁にテレビを浮かせた壁掛けにすることで配線器具を隠すことができます。無駄のないスッキリとした空間に仕上がりました。

 

 

 

<ランタンタイルが可愛い壁面>

壁面収納の家具とテレビボードを組み合わせたタイプです。家具の色味に合わせて施されたランタン型のタイル(コラベル)がアクセントになっています。

 

 

 

<存在感のあるテレビボード>

存在感抜群のテレビボード。造作家具は職人さんがひとつひとつ作るので手間はかかりますが、納まりの良さ・デザイン力の高さは他とは比べ物になりません。

 

 

<小上がり下の収納>

こちらのお宅では「物を出しておくことが嫌いなので収納できる場所もたくさん確保したい」とのご希望をいただきました。このことを考慮して和室を小上がりにすることで、その下に収納スペースを確保。空間を余すことなく活かしています。アーチ型の入り口も造作でつくらせていただきました。

 

空間の中で段差を活かした小上がりスペースがあればその下に収納スペースを付けることも可能です。お子様のおもちゃや布団などを収納することができますし、急な来客の際もササッと片付けてリビングをスッキリ見せることができます。

 

 

 

<将来性を考えた勉強机>

お子様が大きくなったときのことを想定して、造作で勉強机をつくってしまうのもおすすめです。机を後から買う必要がなくなりますし、デザインを統一することができるのでお部屋のイメージも損なうこともありません。

この場所は現在多目的スペースになっていますが、将来少し改築して子供部屋にする予定です。

 

 

 

<曲線が美しいデスクスペース>

机もお仕事用、お子様の学習用などさまざまな用途に合わせてご提案させていただきます。

形に変化を付けた造作デスク。このように曲線を付けることでリズム感が生まれあたたかみのある空間が生まれます。部屋のどこかに家族共有のデスクスペースを設けても造作であれば違和感なく溶け込みますね。

 

 

 

<工作室のような空間>

こちらのお宅は教室みたいなイメージで、将来工作や宿題などの作業ができる部屋をつくりたいと要望をいただき、工作室をイメージした一室を設けました。洗面スペース・デスク・テレビ台・収納棚など、この部屋のものはほぼ造作で製作しています。

 

 

 

<プロジェクター周りの造作>

通常ではできない物もつくれてしまうのが造作家具のおもしろさ。

こちらのお宅ではプロジェクターの形に合わせて周りをオリジナルで製作させていただきました。既製品ではつくれない物をつくることができるのも造作家具ならではですよね。

 

 

 

<書斎スペース>

旦那さまの趣味部屋に造作の机・本棚をつくりました。

空間を無駄なく活用して趣味の漫画本をすっきり収納。座りながら本が取り出しやすくなる位置に配置しています。床と家具の色味を合わせることでまとまりが生まれました。

 

 

 

<階段下のデスクスペース>

階段の下も有効活用。階段の下にワークスペースを造作でつくることでリビングを有効的に活用しています。「ここの場所余ってるから何か作りたい」と思ったときにできてしまうのが造作家具です。欲しい場所に欲しいサイズの家具ができるのは家づくりにおいても嬉しいことですよね。

 

 

 

<見せるキッチンカウンター>

カウンター横の収納スペースも見せる棚にすることでグッとおしゃれな空間に。せっかくオーダーで作るなら自分の好きを詰め込みたい。お気に入りの雑貨や食器を飾って視覚でも楽しむこともできます。

 

 

 

<お気に入りの取っ手>

「インスタグラムで見つけたあの取っ手をつけたい」そんな要望だって造作家具だからこそできること。

フォークとスプーンの取っ手が食器棚のキュートなアクセントに。

 

マリンテイストデザインの家に合わせて、取っ手も可愛いシェルモチーフに!

取っ手部分を好みの物にできるのも造作ならではの魅力。使いやすさだけでなく遊び心もプラスすることができます。

 

■まとめ

 

今回は、造作家具にフォーカスしてご紹介させていただきました。メリットが多い造作家具ですが、もちろんデメリットもあります。

 

・造作家具をたくさん取り入れると費用がかかる

・建物に固定してしまった家具は動かせないので、ライフステージの変化や子どもの成長に応じて部屋の使い方や間取りを変えられない

 

といった点もござますが、ブルーハウスではお客様の予算感をお伺いし、理想のライフスタイルをしっかりとヒアリングして、考え抜いた上で最適なプランをご提案させていただきます。ですので、まずはどんなことでも私たちにご相談くださいね。

 

 

ブルーハウスは「お客様の想いを反映した住む人にとって最高の家づくり」をしています。注文住宅はデザインに優れた箱だけの家だと思われがちですが、ブルーハウスでは断密性・気密性はしっかりと。家具はお客様の暮らし方に合わせてデザイン・製作させていただいています。この他にもブルーハウスの家づくりにはこだわりがたくさん詰まっています。「こんなことできるかな」「あんな風にしたいな」という想いをぜひ、私たちにお聞かせください。名古屋・豊橋ではショールームの見学会も随時開催しています。是非そちらもお立ち寄りください。

 

名古屋・豊橋を中心とした注文住宅を手がけるブルーハウス。

気になった方は、まずは気軽に資料請求してみてください。

>> 資料請求のお問い合わせはこちら

あなたにおすすめの記事
その他の人気記事

Back to list

Page Top

お問い合わせ・資料請求 8Contact お問い合わせ・資料請求

ä ë houzz

Copyright © 岐阜 豊橋 名古屋を中心とした自然素材住宅 注文住宅のBLUE HOUSE Allrights Reserved.

< /html>