お客様の暮らしに合わせた、ブルーハウスだからこそできるリビングルーム | 家づくりコラム

COLUMNブルーハウスの家づくりコラム

お客様の暮らしに合わせた、ブルーハウスだからこそできるリビングルーム

[ デザイン/ ]

ブルーハウスの家づくりコラム

 

ブルーハウスがリビングをプランするときに大切にしているのは、「そのお客様にとって居心地の良い、暮らしやすいリビングにすること」です。

 

リビングの役割は、家族が集って会話をしたり、テレビを見たり、それぞれが好きなことをしながら過ごす場所。毎日の生活に欠かせない場所だからこそ”心地いいものにしたい”。家族にとって最高の家づくりをするためには、リビングルームを家の中でいちばん居心地のいい空間にして、家族が自然に集いたくなる場所にすることが大切だと考えています。

 

【良いリビングづくりのポイント】

・採光

・通風

・窓の位置と配置

・家事動線、生活動線

・コンセントの位置

・家具、家電の配置

・生活シーンに応じた照明計画

 

これらの基本を抑えた上で、ご家族の暮らしを想像してプランを作成します。「家族と会話を楽しみながら料理をしたい」であれば、対面キッチンにしてキッチンからリビングまで見渡せる動線に。「家族で楽しく食事をしたい」と考えれば、ダイニングを中心としたリビングになっていきます。「床に座るリビングにしたい」であれば、ブルーハウスの床材はすべて無垢材を使用していますので、床でごろごろ転がっても気持ちがいいですし、目線が下がるのでお部屋全体が広く感じるなどのメリットもあります。このように家族のカタチの分だけリビングのカタチも変わってきます。

 

 

今回はそんなリビングづくりの基礎知識から、ブルーハウスだからこそ叶えられるリビングの魅力を実際にブルーハウスで建てられた施主様の事例を交えながらご紹介していきます。

 

 

それではさっそく、見ていきましょう〜!

 

 

 

 

 

【中庭のあるリビング】

こちらの施主様は家づくりをする際、特にリビングにこだわって間取りの計画をされました。キッチンからリビングまでストレートに見渡せるので、お子様たちの様子をキッチンに立ちながら見ることができる「ママ目線」の動線になっています。

 

中庭を設けているので、リビングに光と風を程よく取り入れることができます。また中庭でバーベキューをすることもあるのですが、キッチンとの距離が近いので準備も楽ちんです

 

<施主様の声>

◇リビングは一番こだわった場所です。キッチンに立ちながら子供が宿題するのを見ていたりとか、やっぱり一日のほとんどをここで過ごすので自分の居心地のいいようにしたいなって思ってました。中庭を作ったのでそこから光も入ってすごく明るくなりました。やって良かったなって思ってます。

 

 

 

【吹き抜けのあるリビング】

 

カフェ風のリビングが素敵なこちらのお宅は、吹き抜けを設けることで開放感・通風・採光を存分に取り入れることができるリビングになりました。最近では、和室とリビングをひと続きにした間取りが多いですが、施主様のご要望で、和室とリビングを独立させたプランにしたため、限られたスペースを有効的に使い、狭さを感じないつくりになっています。

 

吹き抜けは、採光を取り入れる方法で依然として人気の高い方法です。吹き抜けにすることで、家全体につながりを持たせることができますし、お部屋も明るくなります。

 

<施主様の声>

◇リビングと和室を独立させました。リビングに使えるスペースは狭いはずなんですが、空間を上手に使っていただいたので、全く狭さを感じないんです。主人が希望していた吹き抜けも、上手く取り入れてもらい、開放感のあるリビングになってとても満足しています。

 

 

 

【白を基調とした明るいリビング】

こちらのお宅は、大きな窓を設けることで、光がたっぷり入る明るいリビングになっています。内装も白を基調とすることで、お部屋全体に明るい印象を与えています。

 

明るい空間づくりをしたいなら、リビングの色はなるべく、白や明るい色味を選ぶことをおすすめします。特に白は最も光を反射・拡散させる色なので、なるべく白をメインとした空間づくりをすることで部屋に光量が少ない場合でも明るさをかなり感じることができますよ。

 

<施主様の声>

このお家のこだわりは「明るい家」です。リビングには南側と東側に大きな窓があり、その他にも2、3個小さな窓があるので、どこでも外の明るさを感じられるんですよ。また、所々につくっていただいた造作家具もお気に入りです。キッチン、テレビボード、洗面、収納など希望に合わせてオリジナルでつくっていただきました。

 

 

 

 

 

【プロジェクターのあるリビング】  

こちらの施主様のお宅は、白を基調としたかわいらしいリビングに仕上がっています。

 

プロジェクターで投影したいとのご要望を受けて、既成の機械に合うように、プロジェクター周りも造作でつくっています。

 

 

このように大きなスクリーンに映像を映し出すことができるので、自宅に居ながらも、まるで映画館で観てるかのような迫力を味わえます。家族揃って、映画を観るのが楽しみのひとつになりそうですよね。

 

アーチ型の開口からつながる和室は、スキップにすることでその下に収納スペースを設けています。

 

 

 

 

テレビ台もお部屋の雰囲気に合わせて造作でつくらせていただきました。

 

 

 

<施主様の声>

リビングは家族が集まる場所ですし、広々と使いたかったのでたくさん要望を出しました。妻がフレンチナチュラルなテイストが好みなので家全体もそんな雰囲気になっています。見た目が優しい色使いでかわいくなるようにしました。プロジェクター周りも造作です家具はテレビボード、プロジェクター周り、アーチ、テーブルなど…ほとんどを造作してもらいました。

 

 

 

 

【デザインもバリエーションも豊富】

 

他にもブルーハウスでは豊富なデザインとバリエーションのリビングごご提案させていただいています。

海外のお宅のようなリビングルームは、テレビの大きさに合わせて棚を造作。

大好きな愛車をリビングに居ながらでも眺められます。

 

異国のカフェに入ったような雰囲気のリビングはほっとやすらぐ場所。

 

 

ブルーハウスでは、このように施主様のご要望に合わせて、様々なリビングをご提案させていただいています。デザインが優れていることはもちろんですが、常にお客様と全力で向き合い、じっくりとお話させていただいた上で、「住む人にとって最高の家」になるように努めています。

 

ブルーハウスは叶えたい夢を、叶えたい暮らしを叶えられる場所です。どんな些細なことでも私たちにお聞かせくださいね。お客様の想像を超えたご提案ができる注文住宅会社として、全力で家づくりを行っていきます。

 

 

 

あなたにおすすめの記事
その他の人気記事

Back to list

Page Top

お問い合わせ・資料請求 8Contact お問い合わせ・資料請求

ä ë houzz

Copyright © 岐阜 豊橋 名古屋を中心とした自然素材住宅 注文住宅のBLUE HOUSE Allrights Reserved.

< /html>