豊橋市でローコストの家づくりを成功させる秘訣は工務店選びにあり

シンプルさとかわいさを両立した注文住宅

以前の記事で、トレンドのローコスト住宅の特徴を分析し、コストを抑えても満足な家を建てる方法についてお話しました。

【基本編】ローコスト住宅に学ぶ!名古屋でコストを抑えた住宅の実現法

この記事で述べたように、お金のかけどころ、抑えどころを施主自らコントロールして家を建てたい場合は、要望に柔軟に対応しやすい、0から自分の家のプランづくりを行うことができるフルオーダーの注文住宅が向いています。

大手ハウスメーカーなどが提供している、規格がある程度決まっている注文住宅とは真逆のイメージになります。

フルオーダーの注文住宅が、規格住宅より必ず高くなるかというと、そうではありません。むしろ、フルオーダーだからこそ、自分に合った予算で、こだわりのつまった家づくりをすることができます。

今回は、ローコストでも満足のいく、フルオーダーの注文住宅を建てる際にぴったりのパートナーである地域工務店やハウスビルダーの選び方について解説いたします。

コストを抑えて満足な家づくりをするために必要なパートナーを見つけるのにお役立てください。

目次

家のコストを決める要素

はじめに、家づくりのコストに影響する要素について簡単におさらいします。

家の形と間取り

凹凸の少ないシンプルな箱型の家

どんな家を建てるにもまず、基本となるのは家のつくり(形)です。凹凸の少ない、真上から見て長方形や正方形になるようなシンプルな形になるほど、構造的に強く、コストも抑えられます。

逆に、複雑な形になるほど、壁の長さや柱の数が増え、下地材や仕上げ材、コーナー処理の数も増えるためコストアップします。

また、家の大きさ自体も大きければ大きいほど当然コストは増えます。敷地条件いっぱいに家を建てたほうが広くなって良いと思うかもしれませんが、家族の人数やライフスタイルに家の広さが合っていないと、実際は広すぎて目が行き届かない、掃除などのメンテナンスが大変という住みにくさの原因になってしまうことも。

敷地と家の大きさ、外構の広さのバランスを重視した家

敷地が十分ある場合でも、本当に自分たちが必要な広さはどれくらいかを見極め、適切な大きさの家を建てるのが賢い方法です。その分、庭や外構を充実させることもできます。

壁の少ない開放的なLDK

間取りについても、部屋数が少ないほどコストダウンします。部屋数が増えると間仕切り壁やドア、収納や照明、エアコンなどの機器も増え、その分工事費がアップするからです。最近では、大きな部屋を少なく作って、パーテーションや間仕切り棚などでライフステージに応じて仕切り方を変える可変的なプランの間取りが増えています。

敷地や地盤の条件

家づくりのお金は「建築費」と「土地代」に大きく分かれます。敷地の価格によって、建築費にかけられるお金が変わってきます。南道路など日当たりの良い土地や周辺の建物が密集していない土地、通勤や通学の利便性が高い土地は人気が高く、地価も高くなります。

しかし、一見条件が悪い土地に見えても、家の形や位置、間取りの工夫でカバーできることもあります。土地代が安く済めば、その分建築費にお金を回せるので様々な工夫ができることも多いです。

吹き抜けリビングで採光量をカバー

もちろん、法的規制や地盤の問題もありますので、土地探しから関わってくれる工務店やビルダーに条件を克服できる設計が可能かを相談してみましょう。

構造、工法の違い

住宅は建物の構造によって、工法も変わってきます。それぞれの工法で、材料や工事の進め方の違いがあり、間取りの自由度や工期、費用も変わります。

 

表1・住宅のおもな工法のメリットと注意点

  メリット 注意点
木造軸組工法

様々な間取りプランに対応できる

増改築や修繕がしやすい

比較的ローコスト

2×4工法に比べてやや工期が長い
2×4工法

耐震性が高い

隙間ができにくいため断熱性・気密性・防火性が高い

工期が短くコストダウン

大きな開口部を取りにくい

リフォームや増改築がしにくい

RC造(鉄筋コンクリート造)

耐震性・耐火性・耐久性が高い

モダンな外観

工期・コストともに高め

地盤によっては補強が必要

クレーン車などが必要な場合、敷地によっては対応できない

木造3階建て

住宅密集地や狭小地でも比較的柔軟なプラン対応が可能

RC造よりコストを抑えられる

RC造と木造など混構造の場合確認申請に費用や日数がかかる

高さ制限や防火性能に対して2階建てとは異なる規定がある

 

工務店との家づくりとコスト

工務店の家づくりの坪単価の傾向

一般的には、ハウスメーカーよりも工務店の方が、坪単価が安いとよく言われます。

しかし、これはあくまで平均値の比較であると思います。実際には、工務店やハウスビルダーも無垢材などの材料や、構造へのこだわりのある家づくりを売りにしている場合は、コストは高くなります。

ハウスメーカーの建築条件付き土地などで建てるセミオーダーの注文住宅は、使用する部材や設備が決まっているので本体価格の予測が立てやすいですが、工務店のフルオーダーの注文住宅は、坪単価に含まれる工事範囲、含まれない工事範囲が企業ごとに異なり、見積書の仕様も異なる場合があるので注意しましょう。

工務店やビルダーがハウスメーカーより安くなるのはどんなとき?

土地を先に用意し、建物の工事契約を依頼する場合は、自由に施工者を選ぶことができます。このように同じ土地で、同じグレードのフルオーダーの注文住宅を建てるときのコストで比較すると、工務店が有利な場合が多いです。

その理由は、大手ハウスメーカーは広告費やモデルハウスの建設などの費用、自社や外注先の人件費、自社工場での研究開発費用など、会社運営・維持にかける費用が多いため、その分家づくりの費用も高くなる傾向があるからです。

地域に根ざした工務店やハウスビルダーは、独自の材料調達ルートを駆使して材料費のコストダウンをするなど、地域情報に強いからこそできる工夫を行っているところもあります。それぞれの個性をよく知れば、自分に合った家づくりをしてくれる工務店やビルダーが必ず見つかります。選択肢の多さも地域密着の会社を選ぶメリットと言えるでしょう。

 

ローコストに住宅を建てられる工務店の選び方、探し方

インターネットで探す

家づくりの情報収集の基本はインターネットが主流です。ホームページがきちんとしている、頻繁に更新されているところは、コスト意識が高い傾向にあります。

社長や社員のブログなどからも、時代に即した家づくりをしているか、品質とコストのバランスをどう考えているかなどを知ることができます。

従業員の年齢層や社風もチェック

若いスタッフがいて少数精鋭の工務店もおすすめです。今の住宅事情や政府の支援の活用法など、最新情報を取り入れて業務に生かしているか、柔軟に変化しようとする社風かなど、お客様の「指示待ち」ではなく「どんどん提案」してくれそうかというところもポイントです。

提案の延べ床面積(坪単価)の安さではなく構造、デザイン、性能面で検討する

複数の工務店やビルダーの見積りを比較する場合は、坪単価が高いか安いかだけで決めるのではなく、その理由をしっかりと理解して検討しましょう。

今回お話したように、住宅は選ぶ構造やデザイン、性能によって同じ延べ床面積でも価格が変わります。多少コストがかかっても構造など躯体の耐久性に関わる部分や断熱性、屋根や外装などはしっかりしたものを選びたいもの。見積もりを見てどこにコストをかけているかを把握することで、自分が納得できるプランを見つけることができるでしょう。

 

まとめ

地域工務店やハウスビルダーは、全国的な知名度は大手ハウスメーカーより低いですが、地域を知り尽くしたプロであり、それぞれの強みを活かした家づくりができることが特徴です。また、要望に対して柔軟に対応できることから、こだわりの注文住宅を建てたい人に向いています。

ローコストでも満足の家づくりを成功させるには、それぞれの工務店の得意とする構造や工法、コスト意識をよく知り、自分の価値観に合うサービスを提供してくれるパートナーを見つけることが重要です。

豊橋市でコストを抑えても満足できる家づくりはブルーハウスにお任せください

ブルーハウスは、豊橋市や名古屋市をはじめとする愛知県全域と、岐阜県、三重県、静岡県の一部を対応エリアとし、常にそれぞれのお客様に合う家づくりを時代に即してアップデートしながらご提供しています。

土地探しや資金計画からアフターメンテナンスまでサポートさせていただくことで、ただ家をつくるだけではなく、お客様の長きにわたっての生活の質の向上、理想を実現した暮らしを叶えるお手伝いをいたします。

家のプランづくりにおいては、建築家とのコラボレーションで高品質・高性能かつ、少しだけ背伸びしたプライスでの建築家住宅、デザイン住宅をお届けします。

地域ハウスビルダーと建築家住宅のメリットを兼ね備えたブルーハウスで、理想のおうちづくりをしてみませんか?

建築家と建てる家に興味があるけど、建築費が高額なのではと不安に思われている方、要望があるけれどどこに頼めばいいか分からないという方は、ぜひ一度ブルーハウスにご相談ください。

ブルーハウスは名古屋市、豊橋市にショールームを設けています。こちらから簡単に来場予約いただけます。また、ブルーハウスの家づくりの実例を掲載したカタログを無料でお届けすることもできます。デザイン集の他、家づくりの流れが分かるお施主さまへの密着ストーリーや、ブルーハウスの家の基本的な性能まで約70ページの盛りだくさんの内容となっていますので、ぜひご一読ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、5月から、ショールームにお越しいただく場合でも安心してご相談いただけるよう、各時間1組様限定の完全個別制の相談会も開催します。会場はブルーハウスの名古屋、豊橋のショールームです。

完全個別勉強会『建築家とつくる家』<名古屋・豊橋ショールーム>05.25 [Mon] 〜 06.30 [Tue] 

完全個別勉強会『建築家とつくる家』

完全個別勉強会『家カフェ』<名古屋・豊橋ショールーム>

05.25 [Mon] 〜 06.30 [Tue] 

完全個別勉強会『家カフェ』

また、4月から、無料のオンラインでの家づくり相談会を開催しております。

★毎日開催★オンライン勉強会『家カフェ』06.01 [Mon] 〜 06.30 [Tue] 

★毎日開催★オンライン勉強会『建築家とつくる家』06.01 [Mon] 〜 06.30 [Tue] 

GoogleハングアウトとPCカメラ、マイクを使用して、顔を見ながらご相談いただく形式です。できる限り、実際にショールームにお越しいただいて行うご相談と遜色ない対応をさせていただきます。お気軽にお申し込みください。

ローコストに住宅を建てる方法についてはこちらでも解説しています。

【間取り編】ローコスト住宅に学ぶ!名古屋でコストを抑えた住宅の実現法

豊橋でおしゃれな新築一戸建てをローコストに建てるには|相場と予算はいくらでどんな家?