名古屋で建てるおしゃれな注文住宅~工務店・ハウスビルダー・アーキテクトビルダーとは?

家づくりにおいて最も重要かつ時間がかかるのが、家づくりのパートナー探しの段階なのではないでしょうか?

こんな家に住みたい、こんな暮らしがしたいという家自体の要望の決定は、自分の中で優先順位をつけたり、家族内で話し合ったり、インターネットで情報収集したりといった方法で行うと思います。

そして、そんな希望の注文住宅をつくるパートナーを探す段階になると、住宅会社の種類の多さに戸惑ってしまうかもしれません。また、本体価格や坪単価が会社ごとに異なるのはなぜか、掲載されている事例と異なる家も作れるかなど、様々な疑問も湧き上がります。

そこで今回は、日本の新築市場を支える地域工務店とハウスビルダーについてその業務範囲と注文住宅を依頼するメリットについて解説したいと思います。

目次

 

地域限定、密着型の工務店のメリット

地域工務店とはおもに1つの地域を対応エリアとし、設計、施工まで一貫した地域密着型の家づくりを行っている企業を指します。

大手ハウスメーカーのような商品・ブランドとしての住宅(仕様の決まった建売や注文住宅)を持たないことが多く、施主の希望する条件に応じて0から作る完全オーダーメイドの注文住宅をつくります。

地域密着型の工務店のメリットは、小回りの利く対応の早さです。施主との距離が近く、呼べばすぐに来てくれる安心感があります。打ち合わせを繰り返す家づくりにおいてスピード感は重要であり、施主も疑問やアイデアの熱が冷めないうちに話し合うことができるので中身の濃い打ち合わせができると思います。

また、設計と施工の契約が同一のため責任の所在が明らかで、建築中に起きた疑問点や不安な点を誰に伝えれば良いかと悩む必要がありません。

地域に根付いた企業のためその地域の情報に精通しており、地域事情に合わせた住みやすい家という視点からの提案力もあります。住んでからのメンテナンスや困ったことが起きた時の相談もしやすく迅速かつ良心的な対応が望めます。

地域を限定せず全国展開している工務店も存在します。こうした大規模な企業は主に自社ブランドの住宅商品を販売、建築しています。工務店と名前はついていますが業務内容は大手ハウスメーカーと同じで、自社工場を持ち各種部材を生産、組み立てを行い、均一な品質の住宅を全国に提供します。

 

ハウスビルダーとは?工務店とハウスメーカーの中間的立ち位置

ナチュラルフレンチの家

住宅会社が自分の企業をどのように呼んでいるかはそれぞれで、だからこそ呼び方の違いと業務内容の違いに関係があるのかが分かりづらくなっている面もあると思います。ここでは、住宅会社の中でも「ハウスビルダー」「アーキテクトビルダー」と呼ばれる企業の業務について解説します。

「ハウスビルダー」とは、直訳すれば「家を建てる会社」なので、ハウスメーカーも工務店もハウスビルダーと言えるのですが、今の日本の建築業界では、

ハウスビルダー=1~3地域、都道府県を対応エリアに特化して住宅を提供している企業

のことを指していることが多いです。

大手ハウスメーカーと地域工務店の間の規模の広い範囲の企業が当てはまり、全国的な知名度は薄いですが日本の住宅市場を支えている存在と言えます。

ハウスビルダーの規模は大小様々で、自社独自の住宅商品を持っていて建売住宅を販売しているところもあれば、地域工務店のようにフルオーダーの注文住宅を中心に行っているところもあります。

規模の大きいハウスビルダーは「パワービルダー」とも呼ばれ、最大手と言われるビルダーは複数のグループ企業で構成され、年間に数万棟程度の分譲戸建住宅、規格型注文住宅を建築しています。設計、部材の調達、不動産仲介などにアウトソーシング(外注)を徹底して、スピードとコストカットを両立して発展してきたという歴史を持ちます。

中小規模のハウスビルダーは、年間20棟~50棟位の住宅を手がける住宅会社を指すことが多いようです。標準仕様や得意な家づくりの傾向はそれぞれ決まっている傾向がありますが、プラン自体は工務店と同じくオーダーメイドの注文住宅を建てられることが多いです。

オーダーメイドのデザイン注文住宅

材料や設備にこだわれるオーダーメイド型の注文住宅

先ほど解説した大手のハウスビルダーも、現在は建売だけでなく規格型の注文住宅も扱っています。このように、ハウスビルダーで家を建てるメリットは、「地域密着型のメリットもあり、一定の品質を保ちつつフルオーダーまたはセミオーダーの注文住宅ができる」という点にあると思います。

エリアを絞ることで地域密着型の対応ができ、なおかつ規格化する部分を設けることでコストカット、工期短縮などの強みも持っているのがハウスビルダーのメリットと言えるでしょう。

 

アーキテクトビルダーとは?建築家と工務店の中間的立ち位置

建築家とつくる憧れの暮らし 平屋

 

 

アーキテクトビルダーとは、「設計と施工の両面に責任を持つ作り手」を指す言葉です。ウィーン出身の都市計画家・建築家であるクリストファー・アレグザンダー氏によって提唱された言葉で、建築家が「建築デザイン・設計」「住宅の生産(施工)」の両方に関わって行くべきであるという考え方から生まれたものです。

終戦から1970年台ごろにかけて、住宅が大量に早く必要だった時代には、プレハブ工法(建築物の一部または全ての部材をあらかじめ工場で製作し、建築現場で建物として組み立てる建築工法)でつくる住宅が最も効率が良く、現在の大手ハウスメーカーはここから発展してきました。

しかし、大量生産が必要ない現代の日本には、設計業務を行う建築家や設計士と、実際の施工業務を行う施工業者や工務店が結びついてつくる住宅がふさわしい、という考え方から、「アーキテクトビルダー」を目指す、名乗る住宅会社が増えてきています。

今の日本での「アーキテクトビルダー」の言葉の使われ方を見ると、

アーキテクトビルダー=建築家が主導となって住宅の「設計やデザイン」に力を入れ、さらに施工まで一貫して依頼できる会社

という使われ方をしていることが多いようです。

つまり、「建築家と工務店が一体となって質の高い建築物(住宅)をつくる会社」、と考えると良いかもしれません。

建築家とだからこだわれるデザイン住宅

実際に、今まで設計事務所に設計をお願いする場合は施工業者との契約は別々で行うものというイメージがありました。今は、家づくりを依頼した工務店と連携している建築家が打ち合わせに来てくれるというワンストップの家づくりの形態が増えてきています。

このサービスこそが、ブルーハウスの提供している「建築家とつくる家」であり、建築家と施工者のネットワークをつくることで品質の高い注文住宅が建てられる仕組みになっています。

建築家とつくる家

 

おしゃれな注文住宅は工務店でできる?

今回解説したように、工務店とハウスビルダー、アーキテクトビルダー、ハウスメーカーの境界は曖昧であり、呼び方だけでその住宅会社の規模や実力を評価するのはもったいないと思います。

おしゃれな住宅と言っても、どんな住宅がおしゃれと言えるかの価値観は人それぞれです。

大切なのは自分が望むことをしてくれる会社、パートナーを見つけることなので、できるだけ視野を広くして住宅会社を選んでいきましょう。

 

良い工務店を見つけるための情報収集方法

インターネット(HP、資料請求)で検索する

住宅系のポータルサイトや企業HPなどで「いいな」と思う家を見つけたら、その会社がどうやって家をつくっているかを調べましょう。

住宅会社を比較するポイントの一例

  • ● 対応エリア
  • ● 年間施工実績
  • ● その住宅は一つのブランドなのか、施主の思う通りに設計された完全オーダーメイドの家なのか
  • ● 家の間取りはカスタマイズできるのか、どの程度までできるか
  • ● 家の素材やキッチンなどの設備はどの程度自由に選べるのか
  • ● プランニングの進め方(打ち合わせ回数、期間)

また、地域工務店の場合はHPがしっかりしている、頻繁に更新されていると、コスト意識も高い傾向にあります。社長など経営者のブログ、社員のブログなどからも仕事への姿勢を知ることができます。

モデルハウスを見学する

ブルーハウス豊橋ショールーム内観

工務店やハウスビルダーが実際に建てる家の見本としてモデルハウスを持っている場合はぜひ見学しましょう。

無垢材を使った木の家を売りにしている工務店なら、天然木を使った家の住み心地を実際に体験することができます。高気密高断熱などの性能も、今自分が住んでいる家と室内環境の感じ方の違いを知ることができます。

セミナー、完成見学会に参加する

もう一つおすすめなのが、定期的に行われる家づくりのセミナーや完成見学会に参加することです。

セミナーなどのイベントでは家づくりに対する考え方はもちろん、どの段階まで関わってくれるのか(土地探しの相談や住宅ローンの相談など)を知ることができます。

住宅の完成見学会は、モデルハウスとは異なり実際に施主が住むことになる、出来立てホヤホヤの家です。モデルハウスだけでは分からない部分である、施主の要望にどのように応えていったのか、立地や周辺環境への配慮はどう行ったのか、など具体的な話を聞くことができます。

初回相談を利用する

本格的に会社が絞れてきたら、予算や土地の条件や家の希望を提示して個別相談やプラン、見積もり依頼をします。

実際、HPやカタログ、モデルハウスの見学だけではいくらの金額でどの程度の家が建てられるかまでは中々分かりません。施工例に載っている参考金額はあくまで、その土地条件で、施主の希望を含めた上での金額なので、見積もりは施主に合わせたオーダーメイドです。

家を建てたい土地が決まっている場合は条件を伝えて複数の会社に見積りや初回プラン作成を依頼しましょう。同じ条件でも会社によって金額が違うことに驚くかもしれませんが、なぜ違うのか、どこにコストをかけているのかなどを比較すると、それぞれの住宅会社の特徴も分かってきます。

 

まとめ

低層住宅の着工数のうち大手ハウスメーカーの占める割合は2割程度で、残りは地域に根付いたハウスビルダーや工務店が支えています。

全国的な知名度にこだわらず、自分が家を建てる地域のビルダーや工務店をよくチェックすることで、自分に合った家が建てられる住宅会社が見つけられると思います。

特に0からオーダーメイドでつくる注文住宅は、中小のハウスビルダーや工務店の得意とするところです。

おしゃれな、こだわりの注文住宅を建てたいなら、建築家と協力している工務店や土地探しや住宅ローン相談なども含めてワンストップで依頼できるハウスビルダー、アーキテクトビルダーに依頼するのがおすすめです。

地域工務店とハウスビルダーのメリットを併せ持った注文住宅はブルーハウスへお任せください

ブルーハウスは、名古屋市、豊橋市を中心とした愛知県全域と、岐阜県、三重県、静岡県の一部を対象エリアとした「建築家と建てる家」をメインラインナップとしている住宅会社です。

見た目だけではなく「暮らし」をデザインする建築家が、お客様の想いをカタチにし、長く愛せるオンリーワンの注文住宅をつくります。

さらに、使用する素材も身体にやさしい自然素材にこだわり、耐震性・耐久性も高い水準を基本性能としています。

そして、ブルーハウスのスタッフが一丸となって、理想を叶える家づくりのための土地探しや資金計画、建てたあとの保証やアフターサービスまで一貫して行っています。地域密着型だからこそできるきめ細やかな対応でこれまで多くのお客様にご満足いただいています。

名古屋市で家を建てたい方、オーダーメイドの注文住宅を建てたい方はぜひ一度ブルーハウスにお気軽にご相談ください。

4月から、無料のオンラインでの家づくり相談会を開催しております。

オンライン勉強会『家カフェ』04.18 [Sat] 〜 05.31 [Sun]

オンライン勉強会『家カフェ』

GoogleハングアウトとPCカメラ、マイクを使用して、顔を見ながらご相談いただく形式です。できる限り、実際にショールームにお越しいただいて行うご相談と遜色ない対応をさせていただきます。お気軽にお申し込みください。

さらに、5月から、ショールームにお越しいただく場合でも安心してご相談いただけるよう、各時間1組様限定の完全個別制の相談会も開催します。会場はブルーハウスの名古屋、豊橋のショールームです。

完全個別相談会『建築家とつくる家』<名古屋・豊橋ショールーム>05.09 [Sat] 〜 05.31 [Sun]

完全個別勉強会『建築家とつくる家』<名古屋・豊橋ショールーム>

完全個別相談会『家カフェ』<名古屋・豊橋ショールーム>05.09 [Sat] 〜 05.31 [Sun]

完全個別勉強会『家カフェ』<名古屋・豊橋ショールーム>