【基本編】ローコスト住宅に学ぶ!名古屋でコストを抑えた住宅の実現法

最近の住宅市場では「ローコスト住宅」という言葉が浸透してきています。

ローコスト住宅といえば、本体価格が1000万円台、または坪単価20万~40万円台程度の住宅の事を指すことが多いようです。

ローコスト住宅を得意とし専門としているハウスビルダーや工務店も多くなってきています。家づくりは安くできるに越したことはないと思いがちですが、コストを削る部分を間違えてしまうと、後々暮らしにくさを感じることや修繕費、ランニングコストが高くついたなどの問題が起きてしまうことも。

今回は、流行のローコスト住宅の特徴を調査し、注文住宅で特に大切になってくる、家づくりにかかるお金でコストカットできる部分、逆に削るべきではない部分について解説していきたいと思います。

目次

 

ローコスト住宅とはどんな家?

ローコスト住宅とはその名の通り、比較的少ない費用で立てることができる住宅を指します。ハウスメーカーやハウスビルダー、大手の工務店などが扱っていることが多いです。

例えば、名古屋市の新築一戸建ての購入価格相場は約3500万円ですが、ローコスト住宅は本体価格1000万円台、中には1000万円以下で建てられることもあります。

ローコスト住宅は、住宅の材料費や人件費、広告費、オプションや諸費用などを抑えた上で実現しています。間取りパターンを指定する、使う材料を規定する、標準仕様のグレードをできるだけ下げるなどの方法で、デザインや設備へのこだわりを追求することは難しいですが、価格と一定の性能を両立した住宅を建てることができます。

「ローコスト住宅」だけが安い家ではない

ローコスト住宅というと、すでに住宅の1ブランド名のようになっていますが、ローコスト住宅と銘打たれていない会社の注文住宅でも、コストを抑えながらこだわりのある家を建てることは可能です。

大切なのは、ローコスト住宅という名前の家だから安いということではなく、家づくりで見積もられる項目と金額を明確にした上で理由を理解し、「コストカットできる、妥協できる部分」と「削れない、絶対にこだわりたい部分」を自分の中ではっきりさせることなのです。

 

住宅のコストを抑える方法

それでは、家づくりの上で、コストを抑えられる方法についていくつか紹介します。

「やり直し」を減らす

注文住宅を建てるときは、建築家や設計事務所に依頼する場合も、ハウスビルダーやハウスメーカー、工務店に依頼する場合も、建て主の要望にあわせたオリジナルの設計プランがつくられます。

この時、設計前に打ち合わせやヒアリングで要望を伝えますが、新しい家で実現したい暮らしや要望をすべて伝えることができれば、家づくりがスムーズに進みます。

もちろん、設計図を見てから「ここを変えたい」「やっぱりこうしたい」という部分は必ず出てきますし、変更は可能です。それでも、初めにどれだけ自分の要望を伝え切れるかということが、初回プランの具体性に大きく関わります。

建築家に設計を依頼する場合は、2,3回目程度のプラン提案で「OKサイン」を出すことが多いです。設計者の力量にもよりますが、あまりにも設計のやり直しが多いと、追加の設計料が発生する場合もありえます。

住宅のコストを抑える上で最も避けたいのは、工事が始まってからの仕様の変更です。変更に伴うコスト追加はもちろん、工期にも影響してしまうからです。

工期に余裕を持つ

上記でも述べたように、様々な理由で工事開始が遅れると、予定時期に完成させるためには工期を短縮する必要があります。

工期を短縮するには、職人の人数を増やすなどの方法がありますが、その分人件費が増えてしまいます。また、ゆとりを持って仕事をしてもらうことで、職人もいい仕事ができます。

工事中のトラブルなどで、職人の時間にロスができることはよくありますので、そういった可能性も考慮して、ゆとりを持った工期を設定することも、無駄なコストを省く手段のひとつです。

坪単価の安さにこだわりすぎない

コストを下げたいからと、「家を広くすることで坪単価を下げる」という考え方はおすすめしません。

家が広くなるのは一見メリットしかないように思えますが、暮らし方や人数によっては逆に使い勝手が悪くなってしまうこともあります。つまり、「希望があいまいに分散した密度の薄い家」になりやすいのです。

住宅の適正な延べ床面積は、必ずしも敷地条件ギリギリまで広い家とは限りません。ローコストでも居心地の良い家にしたいなら、小さくても家族の希望が濃縮した「希望が詰まった密度の濃い家」をつくる方が、満足度の高い家になります。

部屋数を減らして一体化できる空間を探す

キッチンとワンフロアのリビング、ダイニング

一般的に、小さな部屋をたくさんつくるより、大きな部屋を1つ作るほうがコストダウンします。壁やドアなどの量が減ると、単純に材料費が削減される他、手間(人件費)も削減できるからです。

例えば今人気の平屋住宅などでよくある、キッチン、ダイニング、リビングを仕切らずワンフロアとする間取りが代表的です。他にも、子ども部屋は壁で仕切らず広い共用部屋にして、子どもが増えたらカーテンや間仕切りなどで分けられるようにするなど、アイデアは様々あります。

明朗会計を求める

施工業者と工事請負契約を結ぶ前に、工費の内訳を記した見積書が提示されます。

家づくりに限らずどんな工事やサービスを依頼する場合でも、見積りの金額は「材料の仕入れ値」に「施工業者の利益分」が上乗せされています。

また、材料1つ1つを記載していると膨大な文字数になるため、一定の区分けでひとくくりにしてざっくりとした金額で提示してくる施工業者も多いです。

これは社会の通例のようなもので、「純粋な材料費のみのコスト」は施主の方から聞いて初めて教えてもらえるかもしれない、というやり方です。

本来ならば、こうした見積もりは明朗会計で1つ1つの仕入れ値をきちんと明示したほうが、施主にとって圧倒的に良いはずです。

明朗会計にすることで、施主が「どこのコストが削れるか、どこをグレードアップできるか」というコストのコントロールがしやすくなります。

こうした明朗会計をしてくれる施工業者は少ないですが、あまりにざっくりしすぎている場合は、施工業者に詳細な仕入れ値などを教えてもらえるか一度訪ねてみましょう。

安い土地には理由がある?

土地探しをしていると、相場よりも安い敷地を目にすることがあります。土地に限らず全ての買い物で「理由なく相場より安い」ことはありません。

例えば、擁壁(ようへき)と呼ばれるコンクリートや石などで補強されている土地は、一見、丈夫そうな土地に見えますが、擁壁の経年数によっては劣化していることがあります。

今ある擁壁が構造計算によって法令の基準に適応していない場合、単純に補修しても根本的な解決にはならず、擁壁を一度壊して新しく作り直す改修工事が必要です。擁壁工事の費用は高額なため、土地に思わずコストがかかることになります。

また、地盤が悪い敷地の場合、地盤改良工事が必要ですし、防空壕や井戸、古い家の基礎などの地中障害物が見つかった場合も処分費用がかかります。

全ての安い土地にこういった問題があるわけではありませんが、相場よりもかなり安い土地の場合は、理由があると考えて慎重に検討、調査しましょう。

 

住宅のコストで削ってはいけない部分

次に、家づくりのコストにおいて「しっかりお金をかけるべきポイント」をいくつか紹介します。

基礎や構造など躯体の丈夫さに関わる費用

鉄筋入り耐震基礎「べた基礎」

家全体を支える「基礎」の部分と、柱や梁、壁など建物の骨格にあたる「構造」は、家の基本となる最も重要な部分です。

基礎や構造は一度を作った後で手を加えることができず、予算が少ないからとこの部分の費用を削ると、数年後、数十年後に万一重大な欠陥が出た場合、大規模な修繕工事が必要になります。

家の基本となる、安全性に関わる部分はコストを削らず、しっかりとした地盤や基礎、安定した構造になっているかを確認した上で進めましょう。

屋根と外壁はメンテナンス性を重視する

防水塗料を施した外壁

屋根と外壁は、常に外環境に触れています。雨や風の影響を受けて劣化しやすい部分でもあります。

そのため、定期的なメンテナンスが必要であり、そのための修繕費などは新しい家で生活していく際に確保しておかなければなりません。したがって、屋根材や外壁材の質が、補修やメンテナンス費の高低に直結します。

具体的に発生する補修工事として屋根瓦の老朽化に伴う瓦屋根の葺き替え、外壁の張替えなどがあります。耐久性が高く寿命の長い材料を選べば、その分建築後のメンテナンスコストが抑えられ、美観を保ちやすくなるので、安さだけを重視しない方がよい部分です。

断熱性は住み心地に大きく影響

アイシネンの充填

家の安全性とともに、住環境の快適性に関する部分も重要視したいところです。

屋根や壁、床にしっかりとした断熱材を入れ、窓をLow-E複層ガラスやトリプルガラスなど断熱性の高いものにすることで、季節を問わず快適に過ごせる家になります。

また、冷暖房効率が上がり光熱費を抑えられますし、結露による家の傷みも防げます。

断熱性能は単純に住む人の快不快に大きく影響します。さらに、家の断熱性能が低いために冷暖房器具がたくさん必要になれば、設備代や光熱費にも余計にコストがかかってしまいます。

こうしたことを防ぐためにも、多少予算をかけても一定の断熱性能を持つ家にするのが望ましいです。

直接触れる部分の素材やパーツ

無垢フローリングにこだわった子ども部屋

住宅のあらゆる部分に使う素材にこだわればその分コストがかかりますが、逆に全てをコストカットした材料にしてしまうと、住み心地の低下につながります。

常に手や足が触れる部分の素材やパーツにいいものを使うだけでも、快適性は大きく向上します。例えば、床だけは無垢の木のフローリングを使うなどの方法で、気持ちよく過ごせて、かつこだわりや個性のある家にすることができます。

 

まとめ

建築業界もIT化が進み、家づくりの工程で今まで見えなかった部分が「見える化」されたり、世界中から掘り出し物の建材を見つけて入手したりできるような時代になりました。

こうした時代だからこそ、家づくりのコストを抑える方法もたくさんあると言えるのではないでしょうか。

様々な情報を注意深く検討して、信頼できる建築家やハウスビルダー、工務店とともに家づくりができれば、単純に安い、高いではなく自然と「プライスも規模も自分仕様」の注文住宅になるのだと思います。

これから家づくりをする皆様も、予算が少ないからといって諦めず、様々な視点と方法で自分だけの家を手に入れて欲しいと願います。

名古屋で自分サイズの注文住宅ならブルーハウスにお任せ下さい

ブルーハウスでは、毎回、ご予算や希望に応じてお客様1人1人に合ったプランを0からつくっています。自然素材の快適性と、耐震性を兼ね備えた家をこれまで多数施工させていただきました。

同じものが1つとしてない、自分だけの注文住宅を建てたい方は、ブルーハウスにご相談ください。

ブルーハウスは名古屋市、豊橋市にショールームを設けています。こちらから簡単に来場予約いただけます。また、ブルーハウスの家づくりの実例を掲載したカタログを無料でお届けすることもできます。デザイン集の他、家づくりの流れが分かるお施主さまへの密着ストーリーや、ブルーハウスの家の基本的な性能まで約70ページの盛りだくさんの内容となっていますので、ぜひご一読ください。

5/2(土)、5/3(日)に豊川市にて完成見学会を行います。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お客様同士の接触を避けるためご予約のお時間を1時間間隔に設定させていただいております。ご予約は先着順となりますので、ご希望のお時間がお決まりの方はお早めにご予約ください。

完成見学会 会場:愛知県豊川市

また、同時にブルーハウス初の試み、ご自宅に居ながらこれからオーナー様が住むリアルサイズの家を見学することが出来るイベントを開催します。

お家にいながら完成見学会 豊川市 05.02 [Sat] 〜 05.03 [Sun] 

お家にいながら完成見学会 豊川市

4月から、無料のオンラインでの家づくり相談会を開催しております。

オンライン勉強会『家カフェ』04.18 [Sat] 〜 05.31 [Sun]

オンライン勉強会『家カフェ』

GoogleハングアウトとPCカメラ、マイクを使用して、顔を見ながらご相談いただく形式です。できる限り、実際にショールームにお越しいただいて行うご相談と遜色ない対応をさせていただきます。お気軽にお申し込みください。

さらに、5月から、ショールームにお越しいただく場合でも安心してご相談いただけるよう、各時間1組様限定の完全個別制の相談会も開催します。会場はブルーハウスの名古屋、豊橋のショールームです。

完全個別相談会『建築家とつくる家』<名古屋・豊橋ショールーム>05.09 [Sat] 〜 05.31 [Sun]

完全個別相談会『建築家とつくる家』<名古屋・豊橋ショールーム>

完全個別相談会『家カフェ』<名古屋・豊橋ショールーム>05.09 [Sat] 〜 05.31 [Sun]

完全個別相談会『家カフェ』<名古屋・豊橋ショールーム>