注文住宅 相場と予算はいくらで建てられる?予算別の検討のポイントは?

「自分たちらしく理想の家づくりをしたい!」と思うなら、やっぱり注文住宅がおすすめです。注文住宅であれば、予算にあわせた設計や施工もできます。でも、注文住宅で家を建てるとき、どれくらいの予算があればどんな家が建てられるのか気になりますよね。そこで今回は予算別の戸建ての実例や検討のポイントを紹介します。ぜひ自分たちらしい家づくりの参考にしてください。

目次

 

注文住宅の相場

注文住宅の相場は、広さ、間取り、工法などによって変わりますので一概には言えませんが、独立行政法人住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2018年度)」の統計からは、38坪~39坪程度の注文住宅の建設費は平均2,800万円~3,600万円程度となっていますので、これが一つの注文住宅を建てる際の相場の目安となるでしょう。

 

注文住宅の平均建設費の調査結果

もう少し具体的に見てみましょう。

注文住宅は、それぞれ地域、広さ、間取りなどによって相場が変わりますが、地域別の新築一戸建ての平均建築費は以下のような調査結果があります。

注文住宅の平均建築費

 

敷地面積
(㎡)

住宅面積
(㎡)

建設費
(万円)

全国

312.7

126.8

3390.4

東海圏

290.3

128.1

3454.3

愛知

255.2

129.1

3538.3

岐阜

323.5

127.3

3424.4

出典:独立行政法人住宅金融支援機構「フラット35利用者調査(2018年度)」に基づき弊社で作成

 

注文住宅の地域別の相場(全国、東海圏、愛知県、岐阜県)

この調査結果からは、2018年度に新築された注文住宅の建設費は、
・全国では、平均3,390万円で126.8㎡(約38坪)、
・東海圏では平均3,454万円で128.1㎡(約39坪)、
・愛知県では平均3,538万円で129.1㎡(約39坪)、
・岐阜県では平均3,424万円で127.3(約38坪)
の一戸建て建てていることがわかります。

 

ただし、実際には、新築注文住宅でもっとも多い価格帯は、

愛知県では3,400~3,600万円、次いで3,000~3,200万円の層が多くなっています。
岐阜県でもっとも多いのは3,000~3,200万円、次いで2,800~3,000万円の価格帯です。

もちろん、建築費は、間取りや工法、設備などによって価格は変わります。2,000万円台、1,000万円台といった予算にあわせてプランが検討できるのも注文住宅のメリットです。これらの調査結果は平均データですので、あくまでも注文住宅の相場としての参考データとして検討してみてください。

 

 

注文住宅を建てる際の費用の内訳

注文住宅を建てる際にかかる費用は、大きく分けると、土地取得費、建築工事費、諸手続きの費用があります。

以下にそれぞれ具体的にみていきましょう。

 

建築工事費

建物の完成までに必要な建築工事費には、本体工事と付帯工事があります。

 

本体工事は、基礎工事、外装工事、内装工事、設備工事など、本体そのものを完成させるための費用が含まれます。本体工事に必要な足場を組んだり仮囲いをする費用や、上下水などの排水工事なども含まれます。

付帯工事は、また、敷地の地盤によっては杭を打つなど地盤改良工事が必要になったり、家具の造作を依頼する場合など、直接建物には関係がない費用が含まれます。注文住宅の場合、敷地の地盤や立地環境が付帯工事の内容に大きく影響しますので、あらかじめ建築を依頼する工務店に建築予定地の下見をする段階から相談しておくとよいでしょう。

一般的に言えば、大手ハウスメーカーよりも、広域に展開する建設会社、地域の工務店ほうが建築費を抑えられる傾向があります。また、最近人気のデザイナーズ住宅を設計する建築設計事務所に依頼する場合は、設計士×工務店の組み合わせによって費用が変わりますので、自分たちの好みに合った住宅を建ててくれそうな工務店や建築家を見つけて相談してみるとことをお勧めします。

 

土地取得費

土地を取得する費用は、注文住宅を建てる際にケースごとに大きく変わってきます。新たに土地を取得する場合は、地域や立地によって価格が変わりますし、既に所有している土地に注文住宅を建てる場合は、土地取得費は必要ありません。

 

ただし、先ほどのように地盤が弱かったり、以前宅地でなかった場所を整備して家を建てる場合は、別途、土地改良などの費用がかかる場合がありますので、注意してください。

 

諸手続き費

たとえば、一戸建てを建築する際には、「不動産登記」が必要です。不動産登記には、土地と建物の登記がそれぞれ必要になります。すでに土地を所有している場合は、上物(建物)のみ登記手続きが必要になります。

 

不動産登記費用には、登録免許税、司法書士の報酬、その他登記にかかる実費(登記事項証明書取得費用、交通費など)が必要です。

 

その他、住宅ローンに関する手続きや、引っ越しにかかる費用など、様々な費用がかかります。注文住宅を建てるにあたっては、建築費だけでなくこうした諸費用も含めて依頼する工務店に相談しながら全体プランを検討していくとよいでしょう。

 

 

予算別にいくらでどんな家が建てられる?

それでは、実際に予算別にどのような家が建てられるのか、建築予算別にみていきましょう。

注文住宅は予算に応じて建築仕様を自由に注文できますので、1,000万円台、2,000万円台、3,000万円台、4,000万円台の住宅それぞれ特徴を確認していきたいと思います。

 

1,000万円台の建築予算の場合

注文住宅で1,000万円台の予算で建築しようとすると、相場よりもかなり予算が低めに抑える必要がありますので、できるだけシンプルでコンパクトな仕様にする必要があります。延床面積でいうと100㎡程度の広さで、可能な限り無駄を省いたミニマルコンセプトの設計になるでしょう。家の構造が複雑になると施工費や材料費がかかりますので、建物の形状は、四角い家(正方形や長方形)になることが多いでしょう。できるだけシンプルで無駄のない「小さな家」で、平屋であれば1~2LDKの長方形のイメージです。

屋根は片流れの屋根か陸屋根であれば予算が低めに抑えられます。片流れの屋根とは、屋根が片方に向かって傾斜している屋根のことです。陸屋根はフラットや屋根になります。

外壁もレンガやタイルなどは使用せず一般的なサイディングを利用することになるでしょう。設備も必要最小限の設備になりますので、工務店が在庫として持っている設備で比較的安価に導入できる機器の中から選択することになるかもしれません。比較的規模の小さな工務店かローコスト住宅を売りにする工務店が候補になるでしょう。

 

2,000万円台の建築予算の場合

自分たちらしい住まいをできるだけ予算を抑えて建てたいという方には2,000万円台の家がイメージに近いのではないでしょうか。注文住宅で2,000万円台の住宅は、延べ床面積では110~120㎡ほどになることが多いようです。

2,000万円台になると、1,000万円台では実現できなかった、デザインや部材のグレードを上げることができます。すべての要望を叶えることは難しいかもしれませんが、素材選びや設備など優先順位の高い要望を取り入れていくことができます。できるだけ自分たちが想い描く理想の家を設計士や工務店に伝え、予算の範囲で、できること、できないことを明確にしていくために、自分たちの理想の家を実現してくれそうな設計事務所と地域の工務店に相談してみるとよいでしょう。

 

3,000万円台の建築予算の場合

注文住宅の平均的な予算相場は3,000万円台ですので、延べ床面積では120~130㎡程度の広さでほぼ要望通りの住宅を建てることができる予算です。デザインや外構も充実させることができ、部材もグレードを上げて選択できます。耐震性を一層強化したり、床暖房などより快適な設備を導入することも可能になるかもしれません。3,000万円台の予算であれば、大手ハウスメーカーで一戸建てを建てるか、自分たちが理想の家づくりを実現できる設計事務所と地域の大手工務店で、よりクオリティの高い注文住宅を建てる、といった選択も可能になるでしょう。

 

予算別の検討のポイントは?

では、実際に予算別の検討をしていくポイントについて整理してみましょう。

自分たちなりの要望を整理しておく

注文住宅は、建築費にかけられる予算に応じて、クオリティが変わります。予算をかけるほど要望を叶えやすくなりますが、実際には限られた予算の範囲で、できる限り理想の家を建てられるように自分たちの要望に優先順位をつけて実現していくことが多いのが実際です。

自分たちは何を大切にして、どこに優先的に予算を配分するかの選択が求められます。これから自分たちの理想の家づくりを考えていく方にとっては、何をどのように整理したらいいかわからないということも多いでしょう。

子育て世代であれば、子育てがしやすい環境であることはもちろん、子供が独立した後のことも考える必要があるでしょう。二世帯住宅であればプライバシーを確保するために余裕をもったスペースを確保したうえで、トイレやキッチンなどの水回りも複数必要になることが多いでしょう。夫婦で自然豊かな郊外でゆったりとセカンドライフを楽しみたいなら、コンパクトな平屋でシンプルな設備にできるかもしれません。

その際に、大きく分けると、住宅そのものを重視したいのか、立地を優先したいのか、費用をできるだけ抑えたいのかで予算感がある程度決まってきます。

 

住宅そのものを優先したい場合

「理想の住まいを実現したい」と考えると、できれば3,000万円以上の建築予算があれば実現しやすいと言えます。立地や環境を立地よりも、住宅のデザインや外装、内装、設備などを充実させるために予算を優先配分することで、理想の家づくりがしやすくなります。

 

立地を優先したい場合

通勤や老後の暮らしを考えて、最寄り駅や駅からの距離、環境面など、立地条件を優先したい場合は、新たに希望の土地を見つけて土地を取得するための予算と時間を確保しておく必要があります。希望の土地が宅地整備されていない場合、地盤が弱いなどの課題がある場合、土地取得費用や地盤改良のための費用や工期も必要になります。そのため建築費そのものは1,000万円台、2,000万円台で建てられる家のイメージを想定しておくほうがよいでしょう。

 

費用をできるだけ抑えたい場合

低予算で建てることが優先であれば、1,000万円台の家づくりを考えることになります。注文住宅でも、小さなシンプル家であれば1,000万円で家を新築することも可能です。もしミニマルコンセプトの家づくりを考えるのであれば工夫次第で実現が可能です。ただし、外構や地盤改良などの本体工事だけでなく何らかの付帯工事が必要になる場合もありますので予算内に確実に収める必要がある場合は注意が必要です。

 

 

まとめ:注文住宅は予算管理と理想の暮らしへの想いが重要

注文住宅は、自分たちらしい家づくりができることが最大のメリットです。しかし、多くの場合、限られた予算の中で、できるだけ理想の家づくりを目指すというのが実際のところです。ある程度の予算イメージがある場合、その予算と、誰と、どこで、どのような暮らしをしたいのか。理想の暮らしと住まいのイメージを工務店に伝えてみてください。潤沢に予算があっても必ずしも理想の住まいや暮らしが実現できるわけではありません。できるだけその理想を叶えたいという施主、建築家、工務店の想いがあれば、できない理由ではなく、「どうすればその理想を叶えられるのか」という発想で、自分たちらしい家づくりを実現していくことがきっとできるはずです。

 

愛知で注文住宅を建てるならブルーハウスにご相談ください

お客様にとって最高の家づくりを。私たちブルーハウスは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上で、お客様にとって「最高の家」と言える、お客様の「想像を超えたご提案」ができる注文住宅会社を目指しています。「愛知で注文住宅を建てたい!」という方は、豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。名古屋デザインラウンジ豊橋のショールームにお気軽にお越しください。