注文住宅の家づくりはどれくらい期間がかかる?土地探しから入居までの流れとポイント

注文住宅で家を建てようと思ったとき、どれくらいの期間がかかるのか、何をしないといけないのか、はじめてのことなのでわからないという方多いでしょう。家づくりは一生のうちに何回もできるものはありません。せっかく家を建てるなら、やっぱり自分たちらしい家づくりをしたいですよね。そんな大事な家づくりに必要な期間と流れを整理してみました。ぜひあなたらしい家づくりの参考にしてくださいね。

目次

  

注文住宅で家を建てるために必要な期間は?

   

家を建てるために必要な期間は?

注文住宅で家を建てる場合でも、ケースによって必要となる期間は異なります。一般的には約1年程度を目安に想定しておいたほうがよいでしょう。

 

注文住宅で家を建てようと決めて、工務店などに相談して、資金計画、要望を打ち合わせしながらファーストプランを立てるまでが、約3か月程度となります。

 

この段階でおおよその基本設計が見えてきます。家づくりでは、このファーストプランを組み立てる段階が一番重要な時期といってもいいほどです。この期間にご家族、工務店とじっくり話し合いをしておく必要があります。この期間が長くなると全体のスケジュールに大きく影響を与えますが、あまり急がずじっくりと検討しておくことが重要です。

 

基本設計ができて、図面が完成したら、詳細の建築費などの見積もりを確認して、契約に進みます。ここまでで早い方で6か月程度が目安です。

 

実際の工事期間は、一般木造住宅の場合、約6か月程度が目安です。工法や部材が特殊だったり、家の構造が複雑だったりすると、期間が長くなる場合があります。

 

ここまででトータルで約12か月程度になりますが、実際には1~2か月は手続きの関係などでタイムラグが生じる場合がありますので、14か月程度はみておくとよいのではないでしょうか。早い方であればファーストプランから約半年ほどで建てる方もいますし、事前準備から含めると数年ほどかける方もいますので、ケースバイケースというのが実際のところです。

 

注文住宅で家を新築したいと考えたときに重要なのは、これからどんな暮らしをしたいのか、ということです。そのために、優先したいこと、妥協できること、「これがいい」、「これでいい」ということをできる範囲で家族と考えてみてください。この段階では、あまり細かく考える必要はありません。ある程度検討したら、工務店のスタッフに相談しながら具体的にしていけばよいので、「だったらいいな」という感覚を大切にイメージを膨らませてみてください。

 

注文住宅を完成させたい時期を考える

次に、注文住宅で家を建てたら、いつまでに入居したいのか、おおよその竣工時期の目安を想定しておくとよいでしょう。

 

たとえば、新居で新年を祝いたいという方も多いですね。そうすると、年末の11月か12月が竣工、引き渡しの時期になります。その場合、年末までに家を建てたいのであれば前年の9月頃までに工務店に相談を始めるとよいでしょう。

 

また、仕事や学校の関係で年度末の3月には入居して4月からは新生活をスタートしたいと考える方もいるでしょう。この場合は、前年の2月くらいに工務店への相談をされるタイミングになります。

 

土地探し、通勤通学の利便性、買い物や周辺環境の確認なども含めると、早めに情報収集をはじめて、余裕をもって家づくりのスケジュールを立てておくことをお勧めします。

 

   

注文住宅の家づくりの流れ

注文住宅での家づくりの流れは、一般的には、以下のような手順で検討していきます。

 

0.家づくりの準備

□理想の家のイメージを考える

□予算や土地などの条件を決める

□土地の候補を探す

家を新築したい!と考えたら、まず、どこで、誰と、どんな暮らしをしたいのか?を考えてみてください。次に現実的に予算や土地などの条件をある程度把握しておくと、工務店に相談するときにスムーズです。

 

1.工務店を探す

□ホームページ

□住宅雑誌

□ご紹介

□ショールーム

□オープンハウスなど

まずはホームページやカタログ、工務店のショールームや開催イベントなどに参加して情報を収集してみてください。

 

2.プランニング

□工務店への相談

※土地探し、資金計画、家づくりのイメージなどがまだ具体的になっていなくても、どのように進めたらいいかも含めて、まずは相談してみてください。

□資金計画

□土地の現地調査

□家づくりのイメージプランニング

□ファーストプランの検討

プランニングの段階で、要望やイメージのすり合わせをじっくり話し合いながら進めます。

 

3.設計・契約

□基本設計、概算見積もり

□図面完成、工事契約

ファーストプランに基づき基本設計を概算見積もりをすりあわせます。要望や仕様をすりあわせながら具体的な設計図面を作成します。詳細をご確認いただいたら工事契約に進みます。

 

4.建築工事

□工事着工

地鎮祭、基礎工事、上棟式、外装、内装、設備工事などの各種工事を行います。

 

5.引き渡し

□竣工

住宅が完成し、引き渡しを行います。引っ越しをして新生活を始めましょう!

 

ブルーハウスの家づくりの流れについては、「家づくりの流れ」のページも参考にしてくださいね。

   

 

工務店に相談する際の「事前準備」のポイントは?

まず、はじめにやっておきたいことは、自分たちなりの理想的な家のイメージと現実的な条件となることを整理しておくことです。たとえば、以下のような点を検討しておくとよいでしょう。

 

□優先したいこと

 例)デザイン、利便性、性能、価格、家族構成、暮らし方、など

 

□ライフプラン

例)10年後、20年後、30年後、40年後、50年後の家族構成やライフスタイルの変化

 

このような自分たちなりのイメージを検討しておくことで、自分たちらしい家づくりができる土地や工務店、設計事務所を探すための基本方針が明確になります。じつはこのステップが家づくりでは最も重要なステップになります。この段階で、ある程度、自分たちなりの考え方を家族ですりあわせしておくと、不動産会社に土地探しを依頼したり、工務店や設計事務所への相談をして、家づくりのプランを検討する際にスムーズになります。もちろん、この時点では決定事項である必要はありません。家族の意見が異なっていても、それぞれがどのように考えているのかを理解しておくことが重要なのです。

   

 

適切な予算を決めるためには?

注文住宅で家を建てるなら、好きな場所で自由度の高い設計で家を建てることができますが、自己資金や住宅ローンの借入枠がどの程度あるのか、余裕をもって返済できるのはいくらなのか、などを確認しておく必要があります。

 

注文住宅での家づくりには、土地代、建築費、その他の諸費用がかかります。最終的には、施工する工務店などとの相談や見積もりなどによって決定されますが、この時点では、自己資金と借り入れができる枠、余裕をもって返済できる金額を把握しておくだけでもかまいません。

ブルーハウスには「住宅ローンアドバイザー」の資格を持つスタッフがお客様を担当しますのでお気軽にご質問ください。FP(ファイナンシャルプランナー)による無料相談ができる「資金計画セミナーや無料相談」も行っていますのでぜひ参加してみてください。

   

 

効率的な土地探しの方法は?

自分たちなりの理想の家のイメージと現実的な条件、予算が明確になったら、これらの条件にあった土地探しを進めます。自分で探すことも可能ですが、すぐには見つからない場合も多いため、地域の不動産会社や工務店などに、希望エリア、広さ、予算などの条件を提示して、探してもらうのがよいでしょう。

   

 

施工会社の探し方は?

自分たちの理想の家づくりができそうな施工会社を探すには、まず希望エリアでの注文住宅の施工実績のあるハウスメーカー、工務店などで、どのような会社があるかを探すことになります。自分たちの理想となる家づくりができる自由度の高い施工会社を選ぶには、地域の工務店のホームページなどで自分たちの理想のイメージに近い施工実績のある工務店を選び、実際にショールームやオープンルームなどに参加してみるとよいでしょう。

   

 

愛知で注文住宅を新築するならブルーハウスにご相談ください

私たちブルーハウスは、お客様の想いと真剣に向き合い、じっくりとお話をさせていただいた上でその人にとって最高の家と言える、お客様の想像を超えたご提案ができるデザイン性の高い注文住宅会社として、全力で家づくりを行っています。「注文住宅で家を建てたい!」という方は、愛知で豊富な施工実績があるブルーハウスにご相談ください。全力であなたにとって最高の家づくりをお手伝いします。

ぜひお気軽に名古屋デザインラウンジ豊橋ショールームにお越しください。資料請求はこちらからどうぞ。