愛知でおしゃれな平屋をローコストに建てたい!デザイン注文住宅で実現する理想の住まい

小さな平屋のシンプルな暮らしを実現した家(平屋の外観)

「愛知の郊外で平屋に住みたい!でも注文住宅だと費用はどれくらいかかるか気になる」「おしゃれな平屋をできるだけローコストに新築するにはどうしたらいい?」と思う方も多いでしょう。できるだけ費用を抑えたいとはいえ、平屋ならではの暮らしやすさや自然に近い暮らし、美しいデザインをあきらめたくはありません。今回は、そんな方のために、愛知で平屋のデザイン住宅、カッコイイ平屋をできるだけローコストに建てるためのポイントについてご紹介します。是非参考にしてみてください。

 

平屋の相場

平屋の住宅を新築する際の相場は、2LDK~3LDK(20坪~25坪程度)の場合、1,000万円~2,000万円程度です。工務店で木造平屋を建てる場合、建築費の坪単価は60万円程度~が相場です。たとえば25坪の場合、坪単価60万円程度だとすると1,500~1,800万円程度となります。もちろん実際の費用は、工務店、間取り、建材、設備などによって大きく変わりますので、あくまでも参考として考えてください。

一般的に平屋は坪単価で考えれば割高感がありますが、実際には予算は「総工費」でみますので、平屋と二階建てでどちらが高いか安いかは一概には言えません。

たとえば、同じ床面積で平屋と二階建てを比較すれば、平屋のほうが基礎や屋根の面積を広く確保する必要がありますので坪単価は高くなります。でも、平屋には二階トイレなどの水回りや、階段まわりのスペース、施工時の足場などの費用なども必要がありません。できるだけ外観や間取りをシンプルにするなどの工夫をすれば平屋のほうが総コストは抑えやすいとも言えるでしょう。

住宅ローン減税が13年に延長!愛知で新築するなら、さらにお得になるって本当?

注文住宅で建てる平屋の魅力

愛知で建築家とつくる憧れの暮らし~おしゃれな平屋の建築実例(リビング)

実際に注文住宅で平屋を新築した方にお話を聞いてみたところ、

シンプルさを優先したので総費用でみると二階建てより安く済んだ

・つくりをコンパクトにしたので動線も良くなり家事や掃除が楽になった

・平屋は家族と一体感が持てて安心感がある

・動線も楽だし段差も少ないので老後も安心して暮らせそう

・平屋のほうが開放感があっていい、意外と広く感じる

・休日は郊外でゆったり暮らしたいのでやっぱり平屋がいい

・平屋はやっぱり外観がカッコイイ。自然とも繋がりやすいし、デザインも重視して建てられた

・雨どいの掃除も自分でハシゴをかけるだけでできるのでメンテナンスも簡単、等

外観のシンプルなデザイン、コンパクトな動線にすることを心がけたことで平屋の良さが引き立つ結果になっているようです。

▼愛知・名古屋・豊橋などの平屋の施工事例はこちらも参考にしてください。

▼コラム>小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取りでは、平屋を選んだ理由について施主の方にインタビューした事例もご紹介していますので参考にしてください。

平屋をローコストに建てる3つのポイント

愛知で建てた平屋のガレージハウスの外観:ペットとの暮らしも満喫できる建築家とつくる憧れの暮らし

 

デザイン性の高い平屋をできるだけ予算内に抑えながら建てるには、以下のようなポイントがあります。

構造をシンプル&コンパクトにする

シンプルでコンパクトな構造にすること。家の形をL字型やコの字型にしたり部屋を多角形にするなど、家の構造や間取りが複雑になるほど施工にコストがかかります。デザイン性は重視しつつも、家の外観や基本的な構造はできるだけシンプルにすることで施工や部材の費用を抑えることができます。シンプルとはいっても、空間にアクセントをつけるために開放的な間取りにして回遊性をもたせたり、若干の段差を設けて動きをつけたり、内装の素材選びやインテリアでメリハリをつけるといった考え方もできます。

内装も統一感をもった素材選びをする

できるだけローコストにしたいとはいえデザイン性や素材選びは重要です。新築住宅で快適で気持ちの良い空間で過ごすために、無垢材、漆喰などの自然素材を使いたいところです。できるだけ統一感をもったスタンダードな素材を選ぶことで、資材の調達や施工もしやすくなり、素材の風合い、質感、表情を活かしながら、シンプルで質の高い空間に仕上げることもできます。無垢材と漆喰の壁が創り出す光と影は、自然光と照明を工夫するだけでも大変魅力的で豊かな表情を見せてくれます。

要望や優先順位を決める

家づくりは、理想の住まいのイメージと限られた予算との間で様々な選択が必要になります。家のコンセプトに関わる重要な決定から小さなパーツの選択に至るまで、できるだけローコストにしたいとはいえ単に安ければいい、ということではなく、自分たちがどんな暮らしをしたいのか、何を大切にしたいのか、どこまでが「これでいい」という許容範囲なのか、ということが問われてきます。

経験豊富な建築士や工務店のスタッフに自分たちの考えや想いを話し、相談していくことで、自分たちなりの「これがいい」「これでいい」といった基準が見えてきます。今はそうした基準がはっきりとしていなくても、相談しながら納得できる選択をしていくことができます。

平屋のメリット

では、平屋を建てるにあたって検討しておきたいメリット・デメリットと注意点についてあらためて、確認してみましょう。

愛知で建てる平屋の建築実例:自然に溶け込む建築家とつくる憧れの暮らし

 

自然環境と一体になった空間づくりができる

平屋はテラスや土間など「内と外」を緩やかに繋ぐ連続的な空間づくりがしやすく、自然環境と一体感のある暮らしができます。デザイン的にも風景にも溶け込みやすい平屋は、平屋は佇まいそのものが魅力です。平日は都市で働き、週末はセカンドハウスで過ごすデュアルライフにもマッチします。外と繋がる開放的な空間づくりがしやすい平屋の自然に溶け込む暮らしは、アフターコロナの家づくりでも必要とされるこれからのニューノーマルな家づくりの考え方になるでしょう。

生活動線がスムーズになる

実際に住んで平屋の良さを日々実感するのが、階段や段差が少なく、家事などの生活の動線がスムーズになること。何より家事や介護の負担が軽くなることはうれしいことです。できるだけ段差のない、フラットな構造にすることでバリアフリーにもしやすくなります。

コミュニケーションが取りやすい

平屋はそこで暮らす人がお互いの存在を感じやすく、空間を共有している感覚が得られます。生活の中の何気ないコミュニケーションがとりやすくなります。

構造的に安定感がある

平屋は地震や風に強く構造的に強度が確保しやすいので安心感があります。

メンテナンスが簡単

外壁や屋根のメンテナンスのしやすさは長く住み続けるには重要なポイントです。雨どいの掃除や通気口の点検などもしやすいので安心です。

 

平屋を建てる時に注意しておきたいこと

平屋のガレージからエントランスの外観~シンプルモダンの二世帯住宅の事例

平屋ならではの魅力やメリットは多々ありますが、一方で、以下のような点に注意しておく必要があります。
 

防犯や防災の対策

平屋は防犯対策が重要です。地震や風には強いのですが、大雨や洪水の際に二階に避難できませんので、あらかじめ自治体が発行するハザードマップを確認したり、土地探しの段階から工務店に相談するなど家づくりのプランニングをしっかする必要があります。もし構造的に対策を講じるとすれば、ほぼ平屋のシルエットは活かしたうえで、一部屋だけ2階建てにする。あるいは天井高を十分に確保してロフトやスキップフロアで高床にしたり、屋上のように使える陸屋根にするなどの方法もあります。

シンプルな間取りでコンパクトにする

シンプルな間取りでコンパクトな平屋にすれば、総費用を抑えることが可能です。部屋数も多くなると風通しが悪くなりますので、間取りもシンプルにして、窓の位置を工夫して空気を循環させやすくするのもよいでしょう。コンパクトさを保てば費用は抑えやすくなります。部屋数を確保したい場合は、増築する、あるいは可動式の間仕切りにしやすい構造にしておくなどの工夫も可能です。

採光や通風を良くする

平屋の採光や通風は近隣環境の影響を受けやすいので、立地特性に応じて年間を通じた光と風などの環境面の検討が必要です。特に家の中央部は風や光が通りぬけるような開放感がある間取りがよいでしょう。セカンドリビングのように、外と繋がりやすいウッドデッキ、テラスなどを設けたり、吹き抜けの空間に窓を配置して窓の高低差を活かした自然対流で通風性を高めるなどもパッシブ設計の思想もよいでしょう。

地元で平屋が得意な工務店を選ぶ

平屋と二階建では、設計の考え方、部材の調達、施工方法などが異なります。全国規模の分譲二階建てのパッケージ建築を得意とする工務店もあれば、地元密着で昔ながらの家づくりが得意な工務店や、デザイン住宅をローコストに建築するのが得意な工務店など、それぞれ個性があります。平屋は地域の立地や環境の影響を受けやすいため、愛知・名古屋・豊橋・豊川などそれぞれのエリアで実績のある工務店のホームページなどに掲載されている施工実績を参考に平屋の建築実績の多い工務店を選ぶとよいでしょう。おしゃれなデザインの平屋をローコストに建てたいなら、建築家がデザインし、地域の注文住宅づくりを得意とする工務店が、その確かな技術で施工するというコラボレーションもこれからの家づくりには選択肢になるでしょう。

参考>コラム>小さな平屋でちょうどいい暮らし~シンプルで心地よい平屋の間取り

 

まとめ

愛知で平屋を建てる魅力は、自然と一体となった平屋ならではの落ち着いた佇まいと、生活のしやすさにあります。割高と思われがちな平屋ですが、総工費で考えればローコストに建てることが十分可能です。

できるだけシンプル&コンパクトな構造にして、部材もスタンダードなものを選ぶと費用は抑えられます。デザイン性も重視しながらコストを抑えるには、予算や家づくりのコンセプトを明確にしたうえで、間取りや部材選びでメリハリをつけた家づくりをすることによって総費用が抑えられます。

平屋だからこそシンプルさがより魅力として引き立ちます。自然素材を使い、大きな窓を配置して採光や通風にも配慮して、デュアルライフのセカンドハウスや、終の棲家としてバリアフリーにもしやすい平屋は、変化するライフスタイルにあった家づくりができる魅力的な選択肢です。建築家がデザインし、地域の特性を熟知した確かな施工技術を持つ工務店が施工していくスタイルもこれからの新たなデザイン建築のスタイルになるでしょう。

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー

 

愛知でおしゃれな平屋のデザイン住宅を建てるなら

ブルーハウスは、愛知・名古屋・豊橋を中心に建築家とつくる憧れの暮らしリゾートライフのような家づくり自然素材のカフェ風の家まで、完全自由設計の注文住宅の家づくりをしています。デザインはもちろん、耐震・高断熱・高気密・耐久性も兼ね備えた業界最強クラスの最長60年保証【BLUE HOUSEあんしん保証】も標準装備。無理のない資金計画づくりをファイナンシャルプランナーがサポートします。

愛知で注文住宅で新築するなら、延長された住宅ローン減税がさらにお得に(続報)

□お得にマイホームを手に入れたい!  
□家の性能もデザインどちらも譲れない!
□建築家や施工のプロの意見も参考に最高の家づくりをしたい!

ブルーハウスは、そんなあなたらしい家づくりを、建築家のクリエイティブと熟練職人の確かな施工技術でお手伝いします。

追伸

最後に、皆さんに、どうしてもお伝えしたいことがあります。

今回の改正で住宅ローン減税が10年から13年に延長になりました。

しかし、

愛知で新築一戸建てを購入する場合、
住宅ローン減税を、さらにお得に利用できる方
法があることをご存じでしょうか?

その方法とは?

まず、今回の住宅ローン減税の改正で

①一般の住宅ローン減税=ローン残高の1%×10年の減税

②消費税率10%適用=11年目~13年目は建物価格の2%の減税

になりました。

でも、今、愛知で家を建てるメリットはそれだけではありません。

なんと、今なら、

③愛知で家を建てると最大200万円分のプレゼントが貰える特典があるのです!

え?何がもらえるの??

ごめんなさい。それは秘密です(笑)

細かな条件によって内容が異なるので、このページで詳しいお話ができません。

でも、ご安心ください。
さらに

④ブルーハウスなら建物の本体価格も1%値引きします!

え?本当??

はい。

もちろん、本当です。

ただし、棟数限定・期間限定につき、お早めに下記までお問合せください
また、施主様にちょっとだけ、お願いしたいことがあります。

でも、それさえご了解いただければ、

愛知でおしゃれな注文住宅をローコストに手に入れることができる、またとないチャンスです。

ぜひこの機会をお見逃しなく!

詳細はこちら

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー

【愛知県豊川市為当町】今しか見られない!構造見学会

完全個別勉強会『平屋を真剣に考える勉強会〜本当に平屋が高いのか〜』

【住宅ローン減税】10年から13年へ延長!新型コロナで入居・契約期限はいつまで?(速報)