日本の住宅で最も採用率の高い外壁が窯業系サイディングです。

採用の多い窯業系サイディングはシーリングを多用する為、メンテナンス性が悪い外壁材でした。
ですが近年人気のシーリングレス工法で施工できる窯業系サイディングは、
メンテナンス性も塗り壁やガルバニウムにも劣らない優秀な外壁材です。

ブルーハウスでは、要望次第で旭トステムの人気商品ATウォール”カーディナルシリーズ”を採用しています。

シーリンングを外壁に多用することは大問題

窯業系サイディングは板同士やコーナー部分などのパーツを組み合わせて壁面を構成します。
この組み合わせ部分から雨水などが浸入しないように使われるのがシーリング材です。
シーリング材は、時間の経過とともに汚れたり、切れたりすることがあります。
その為、景観劣化やメンテナンスが必要になるというデメリットが発生します。

“カーディナルシリーズ”はシーリングレス工法

シーリングが無いということは、窯業系サイディングの欠点を大幅に減らすことができているということです。
ブルーハウスでは原則、窯業系サイディングを採用する場合は”カーディナルシリーズ”をご提案しております。

関連ワード

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー