BLUEHOUSEでは、減震システム”UFO-E”を採用しています。

POINT|大型地震の揺れを半分に減震

UFO-Eとは、地震エネルギーを小さくする“摩擦減震”により木造家屋の倒壊を防ぐ建築金物です。
基礎と土台の間に設置し、
100個前後の「W摩擦板」が荷重を分担しながら少しづつ動いて歪摩擦・
静止摩擦のWブレーキが作用し、300〜800galの加速度を減震。大型地震対策に最適です。

阪神淡路大震災クラスの800galの大型地震を300~400galにまで減震します。

高い耐震性能にプラスしたかたちで減震システムを採用することで、
今後発生する可能性の高い大地震に備えることができます。

ラインナップ

UFO-E V型一般基礎・通気タイプ

●円盤形状なので、空気抵抗が少なく通気が抜群。

●シロアリ対策も万全です。(劣化対策等級3)

UFO-E A型断熱基礎・気密タイプ


●振動幅を抑える金属ブレーキを採用しており、地震後の気密性も保持されます。

●気密化しやすい層厚5.5mmの薄型でも、金属摩擦板はしっかりとWブレーキで減震します。

長期優良住宅仕様については、UFO-E標準仕様書の床下気密・断熱基礎仕様をご参照ください。

UFO-Eの減震効果

熊本地震動の共振加速度を模型実験で再現

大地震!その時どうなる?

参照:https://www.smrci.jp/

 

関連ワード

 

資料請求・問合わせ

見学会・セミナー